弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2012年 08月 28日 ( 3 )

東野圭吾ミステリーズ「白い凶器」

先週放送された「白い凶器」が話題になっています.
「白い凶器」とは何だと思いますか?


「白い凶器」とはタバコです.

喫煙が原因で亡くなった日本人は約12万9千人(東大の渋谷健司教授らの研究)と推定されています.
厚生労働省の研究班の報告では,受動喫煙で年間約6800人が死亡し,そのうち職場での受動喫煙が原因で年間3600人が亡くなっている,と推計されています.健康被害を受けた人はもっと多いでしょう.

なお,スウェーデンでの調査によると,職場での受動喫煙暴露を受けた妊婦は,そうでない妊婦に比べて2.16倍流産を起こしやすいことが分かっています.アメリカの調査では,妊婦の1日1時間以上の受動喫煙によって流産が1.5倍に増えることが分かっています.

このドラマでは,異常にタバコ喫煙の多い職場で,喫煙者連続殺人事件がおきます.ラストシーンで,捜査官はタバコを止めました.喫煙者も受動喫煙者もタバコの被害者で,連続殺人を引き起こした真の犯人はタバコ,というメッセージのように思いました.
ホラーにちかいドラマで,痩せた戸田恵梨香さんの演技は,鬼気迫るものがありました.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-08-28 09:45 | タバコ

医療ミスと因縁をつけ1000万円を受け取ったとして恐喝で逮捕(報道)

時事ドットコム「「医療ミス」1000万円恐喝容疑=夫がん死、62歳女逮捕-茨城」(2012年8月27日)は次のとおり報じています.

「医療ミスがあったと因縁をつけ、開業医から1000万円を脅し取ったとして、茨城県警石岡署は27日、恐喝容疑で同県かすみがうら市宍倉、無職×××容疑者(62)を逮捕した。同署によると「現金を受け取ったが、相手から申し出たことで脅し取ってはいない」と容疑を否認している。
 逮捕容疑は2005年10月ごろ、内縁の夫=当時(53)、06年に病死=と共謀し、夫が通院していた石岡市内の内科医院院長の男性医師(50)に対し、「病気が進んでいるのに気付かなかったのは医療ミスだ」と因縁を付け、暴力団の名前を出して家族にも危害を加えるなどと脅し、現金1000万円を振り込ませた疑い。
 同署によると、夫は消化器系の不調を訴え、同医院に01年から05年9月ごろまで通院していた。その後、同県土浦市内の総合病院に通院先を変えたところ、胃に悪性の腫瘍が見つかり、胃がんで死亡した。医師は05年11月に被害届を提出し、同署が捜査を進めていた。」


消化器系の不調を訴え01年から05年9月ごろまで通院していたのですから,医師に「病気が進んでいるのに気付かなかったのは医療ミスだ」と述べるのが「因縁をつけ」にあたるのかいささか疑問の余地はありますが,暴力団の名前を出して家族にも危害を加えるなどと脅したとすれば,債権の行使方法が違法ですので恐喝となります.
本件は,当事者間の示談交渉ではなく,提訴し判決で解決したほうがよかったのではないでしょうか.本当に,胃がんの見逃しに過失があり,胃がんの見逃しと死亡との間に因果関係があれば,1000万円ではすまなかったはずです.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-08-28 02:22 | 医療事故・医療裁判

大津市民病院,抗がん剤点滴血管外漏出の発見遅れ右腕にしびれが残る(報道)

京都新聞「大津市民病院で医療ミス 患者、腕に障害 市、賠償120万円計上」(2012年08月27日)は,次のとおり報じています.
 
「大津市民病院(大津市本宮2丁目)で2010年12月、入院中に点滴していた男性患者が、針の位置が変わり、薬剤が血管以外の体内に流入したため、右腕にしびれが残る後遺障害を負っていたことが27日までに分かった。市は治療費や慰謝料など損害賠償額の計119万円を、市議会9月定例会に提案する病院事業会計補正予算案に計上した。

 病院によると、大腸がんで入院していた男性患者(65)が外来診療の受診後、点滴の針が刺さっていた右腕に10センチ大のはれとしびれを訴えた。検証の結果、輸液ポンプによる点滴だったために針の位置がずれても抗がん剤が注入され続け、別の診療科での受診を認めたために発見が遅れるなど、病院の過失が確認されたという。

 病院は今年8月1日に締結した仮示談書に基づき、賠償額を算定。同6月に輸液ポンプの使用基準を新たに策定するなど、「再発防止に努める」としている。」


抗がん剤点滴血管外漏出は早期発見が大事です.そもそも早期発見が困難な状況では輸液ポンプは使用すべきではなかった,ということでしょうか.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-08-28 01:53 | 医療事故・医療裁判