弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2012年 09月 17日 ( 3 )

アメリカ合衆国憲法制定記念日

独立記念日ほどには知られていませんが,今日9月17日は,アメリカ合衆国憲法が制定された日です.

アメリカ合衆国憲法は,1787年(モーツアルト死去の年)9月17日,フィラデルフィアのステート・ハウスで制定されました.制定当時は統治に関する規定のみでしたが,ジョージ・メイソンは権利章典を要求し,権利章典の追加が予定されるという理解で制定されました.そして,1791年に権利章典(修正10か条)が追加されました.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-09-17 08:29 | 司法

死刑執行から50年の藤本事件(菊池事件),検察官による再審請求を求める動き

熊本日々新聞「再審へ活動本格化 ハンセン病元患者の死刑事件」(2012年9月16日)は,次のとおり報じています.

「県内のハンセン病元患者の男性が殺人罪に問われ、無実を訴えながら死刑になった「藤本事件」。死刑執行から50年を迎え、15日、合志市の国立ハンセン病療養所・菊池恵楓園で男性の追悼集会が開かれた。

 集会は、ハンセン病患者への差別が生んだ冤罪[えんざい]との指摘がある同事件を再検証し、再審請求につなげようと入所者らが1年かけ展開した企画の最終回。今後、再審請求に向けた活動が本格化する。

 集会で、入所者の長州次郎さん(85)は、同園内などの特別法廷であった男性の裁判について「周囲に幕が張られ、中の声も聞こえない。来る人を追い払うかのようだった」と証言。「公開裁判を受ける権利がありながら、人権を顧みない裁判が行われた」と怒りをにじませた。

 男性の教誨[きょうかい]師だった坂本克明さん(80)は別のハンセン病患者の裁判を傍聴したことがあるという。「被告本人の発言もほとんどない。患者であるがゆえに、ずさんな裁判が行われた」と指摘した。

 再審弁護団は、男性の裁判を「憲法違反」と問題視。再審請求に慎重な遺族の代わりに検察官による再審請求を求める方針だ。11月上旬にも熊本地検に要請書を提出。全国で署名活動も展開する。

 徳田靖之弁護団長は「検察庁が本気で再審請求を考えるような運動を全力でやり抜きたい」と決意を語った。(楠本佳奈子)」


刑事訴訟法第四百三十九条1項は「再審の請求は、左の者がこれをすることができる。」とし, 「一 検察官」と規定しています.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-09-17 07:10 | 人権

厚生労働省, たばこの全成分を銘柄ごとに分析

読売新聞「たばこの害、全成分を分析…添加物含め詳細に」(2012年9月16日)は,次のとおり報じています.

 
「厚生労働省は、たばこの成分を銘柄ごとに全て分析し、たばこ製造業者に対する規制強化や受動喫煙対策を検討する有識者会議を年内にも発足させることを決めた。

 タールやニコチン以外にも、たばこには香料などの添加物が多く含まれており、全ての成分や、燃焼時の化学変化の結果を調べることで、より正確に健康への影響を把握し、今後の対策に反映させる狙いだ。

 同省が2000年度に成分調査を行った際は、あらかじめ決めた約30種の有害物質に絞った含有量の測定にとどまっていた。今回は成分の全てを分析し、明確でなかった発がん性物質などの含有率データも公表する方向だ。具体的には、日本で消費量の多い10銘柄程度を選び、外部の研究機関にたばこ及びその煙の成分の分析を依頼する。その結果に基づき、有識者会議が検討を行う。」


タバコ煙には多くの有害な添加物が含まれていますし,海外のタバコ会社が添加物によりニコチン依存を効果的にコントロールしてきたことは良く知られています.
調査結果に期待します.
タバコ会社の利益を代弁する者は,公正な意思形成のための有識者会議から排除すべきでしょう.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-09-17 06:47 | タバコ