弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2012年 09月 25日 ( 1 )

兵庫県立尼崎病院,1700万円相当の機器を誤廃棄

神戸新聞「1700万円相当の機器を誤廃棄 県立尼崎病院」(2012年9月25日)は,次のとおり報じています.  
 
「兵庫県立尼崎病院で昨年10月、医療機器を更新した際、誤って必要な別の高額機器(約1700万円相当)も廃棄処分していたことが24日、県監査委員が公開した監査報告で分かった。作業手続きに不備があったとして、県は今春、職員2人を厳重注意とし、各県立病院に管理の徹底を通知した。

 監査報告書や県病院局によると、同病院で昨年10月、血管造影装置一式を更新した際、指示などのミスで、回収業者が同じ部屋にあった不整脈の治療機器を一緒に廃棄。処分から5日後に発覚した。同機器は購入から1年も経過していなかった。

 本来、病院の担当職員らが処分に立ち会い、作業の完了を確認する必要があるが、立ち会っていなかった。このため現在、2台あった同機器のうち1台をリースで対処しており、誤処分による損失は事業費などで賄うという。(井関 徹)」


薬剤の誤廃棄はありますが,医療機器の誤廃棄ははじめて聞きました.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-09-25 23:21 | 医療