弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2012年 09月 27日 ( 2 )

つるぎ町立半田病院の看護師,フェイスブックに認知症の疑いで入院している患者の写真を投稿(報道)

読売新聞「看護師、交流サイトに入院患者の写真投稿…徳島」(2012年9月27日)は,次のとおり報じています.

「徳島県つるぎ町立半田病院の20歳代の女性看護師が、認知症の疑いのある男性入院患者の症状をうかがわせる写真を、インターネットの交流サイト「フェイスブック」に掲載していたことがわかった。

 同僚とともに男性を中傷するかのような書き込みもしており、病院は「人権侵害があった」として、看護師と同僚の計4人を厳重注意処分としたが、事態を重くみて、改めて処分内容を検討している。

 病院によると、看護師は23日の勤務中、ナースステーションで70歳代の男性の後ろ姿を撮影した写真を、自分のページに「ちょっと目を離した隙に」との書き込みを添えて投稿した。

 患者の特定や病院名などの記載はなかったが、同僚や友人ら約40人が閲覧できる状態だったといい、内容を見た同僚3人も一緒に楽しんでいるかのような文言を書き込んでいた。

 24日に匿名の電話で「看護師としてあるまじき行為ではないか」と病院に指摘があり、発覚。看護師は同日、内容を削除した。病院の聞き取りに「仲間うちだけでやり取りをするつもりで、軽い気持ちで投稿してしまった」と反省していたという。

 同病院は26日、大垣浩志副町長や鎌村俊博事務長らが対応策を協議。勤務中の携帯電話の取り扱いは各自に任せていたが、今後、何らかの規制をする方向で検討することにした。鎌村事務長は「職務違反であるのは明らかで申し訳ない。今後、信頼回復に努めたい」としている。また、今回の問題を受け、県は近く約1100の医療機関に対し、個人情報の適正な取り扱いを求める通知を送るという。

 一方、認知症の人と家族の会県支部の大下直樹代表世話人は「看護師が患者に無断で情報を掲載するなど、あってはならない」とし、再発防止を求める申し入れなどを検討する。

 園田寿・甲南大法科大学院教授(情報法)の話「仮に仲間内でのやりとりであっても、個人を中傷する内容を公開していれば、名誉毀損(きそん)に問われる可能性がある行為だ。近年、患者の尊厳を守る医療行為が、特に求められるようになっている。各医療機関は研修会などを通じ、改めて医療従事者に意識の徹底を促していかなければならない」(川本修司、山上高弘)」


本件は,看護師個人の責任にとどまらず,医療機関の使用者責任が発生する可能性があります.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-09-27 12:44 | 医療事故・医療裁判

日本医療機能評価機構,医療事故情報収集等事業第30回報告書

公益財団法人日本医療機能評価機構は,平成24 年9月26日,「医療事故情報収集等事業第30回報告書( 平成24年4月~6月)」を公表しました.或る医療機関で起きたことは,他の医療機関でも起きる可能性があります,医療事故を収集し分析することは,医療事故防止に有用です.
事故防止のため,ご一読をお奨めいたします.

個別のテーマの検討状況として,次の5点を取り上げています.
【1】MRI検査に関連した医療事故
【2】自己管理薬に関連した医療事故
【3】患者持参薬が院内不採用であることに気付かず、薬剤の頭3文字検索で表示された他の薬剤を処方した事例
【4】組み立て方を誤った手動式肺人工蘇生器を使用した事例
【5】東日本大震災による影響を一因とした事例


【1】MRI検査に関連した医療事故

チェックの仕組みがあるにもかかわらず,それが機能しなかった理由について,知識不足やルールの逸脱の他に,酸素ボンベの装着位置がよく見えなかったという認識のエラーや,アラームが鳴っているのを「いつものこと」と思って確認しなかったという判断のエラーなどの理由もあった,とのことです.
さらに,医療機関から報告された改善策が整理して示されています.

【2】自己管理薬に関連した医療事故

「その他(経路、内服方法)」の事例は全てPTPシートの誤飲で,「注射薬」の事例の多くはインスリン製剤を自己管理していた事例とのことです.自己管理薬に関連した医療事故」は,医療事故に比べてヒヤリ・ハット事例が大変多い,と指摘しています

【3】患者持参薬が院内不採用であることに気付かず、薬剤の頭3文字検索で表示された他の薬剤を処方した事例

薬剤の頭3文字検索は便利ですが,名称が類似した薬剤を誤って選択する可能性があり留意が必要です.
「ノルバスク」を処方するために「ノルバ」と入力したところ,唯一表示された「ノルバデックス」を選択し処方した事例を取り上げています.
その医療機関ではノルバスクを採用していなかったことを医師は知らなかったことが新たなリスクとなったと分析しています.医療機関が行った改善策の中で,院内で周知するために作成したニューズレターも掲載しています.

【4】組み立て方を誤った手動式肺人工蘇生器を使用した事例

組み立て方を誤って死亡した例2例が報告されていますが,このような事故を防止するには,組み立てた後の点検が重要と指摘しています.報告された改善策が紹介されています.

【5】東日本大震災による影響を一因とした事例

地震発生時と地震発生後に分け,具体的な内容を整理した表が掲載されています.
地震の最中に患者が転倒した事例や,地震後の計画停電や混乱の中で熱傷や画像診断報告書の確認忘れ,薬剤の重複投与,不穏状態の発生などの事例が報告されています.医療機関からの改善策も整理して示されています.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-09-27 08:18 | 医療事故・医療裁判