弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2012年 12月 15日 ( 4 )

日本産科婦人科学会の新出生前診断で指針案,後退(報道)

共同通信「検査開始は来年3月以降 学会が新出生前診断で指針案」(2012年12月15日)は,次のとおり報じました.

 
「妊婦の血液で胎児のダウン症など3種類の染色体異常を調べる新しい出生前診断について、日本産科婦人科学会は15日、実施指針の最終案をまとめ公表した。約1カ月間の意見募集を踏まえ、学会でさらに審議する。検査開始の前提となる指針の確定は来年3月以降の見通しとなった。

 複数の施設は年内にも臨床研究の開始を計画しているが、小西郁生理事長は「指針確定後に始めるべきだ」と指摘した。

 学会の倫理委員会で検討していた指針案と比べ、最終案では実施施設の条件が緩和された。施設を国が認定する制度の確立を求めていたが、認定主体が同学会や関連団体で構成する機構に替わった。」


日テレ「新出生前診断 学会が指針案発表」(2012年12月15日)は,次のとおり報じました.
 

「妊婦の血液検査で胎児の、一部の染色体異常がわかる新しい出生前診断について、産婦人科医の学会は15日、「実施施設の認定制度」を柱とする指針案を初めて発表した。

 日本産科婦人科学会が15日に発表した指針案では、新しい出生前診断を行う施設の質を保つため、第三者機関をつくり、認定、登録する制度をつくるとしている。認定の条件は、産婦人科と小児科の両方に染色体異常や遺伝に詳しい常勤医師がいること、検査だけでなく妊娠の経過を同じ施設で観察することなどで、両親への「遺伝カウンセリング」の充実を求めている。対象となる妊婦は、出産時に35歳以上、または染色体異常の子供を妊娠したことがある場合などに限定する。

 学会は、指針案について約1か月間、一般の意見を募り、来年3月にも正式決定する。」


倫理委員会で検討していた指針案の段階で,フライング報道がありましたが,案の定,最終案は後退した内容になりました.
このような案では,日本ダウン症協会などが反対するのではないでしょうか.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-12-15 20:28 | 医療

父の命日

12月15日は,父の命日です.
先日,7年忌を行いました.

東京地裁医療集中部では,都内の13医科大学から順に3大学を選び3大学の関係者から鑑定人をだしてもらい,口頭での鑑定を実施しています.それをカンファレンス鑑定と通称しています.
鑑定人から事前に簡単な要点を記載した書面をだしてもらい,ラウンド法廷に集まってもらい,裁判官(主に左陪席)の口頭の質問に3人の鑑定人が口頭で回答し,それが鑑定となります.
代理人弁護士が質問する機会がなくもないのですが,時間がほとんど与えられませんし,文献に基づいて鑑定を弾劾することはほとんどできません.
鑑定人は相互に他の鑑定人の意見を聞いていますので,カンファレンス鑑定では最終的に3人の鑑定人の意見がほぼ一致することが多く,裁判所はカンファレンス鑑定に依拠して解決を図ることになります.
私は,東京地裁医療集中部で行われているカンファレンス鑑定が,口頭ということで科学的な根拠に基づかず医療慣行に偏って医療水準を引き下げる役割を果たしていることもあるでのはないかと思います.とくに大学病院が被告になっている事件では,公正なカンファレンス鑑定が行われるのか疑問を感じています.

6年前の12月14日午後,私が担当する事件のカンファレンス鑑定が行われていました.カンファレンス鑑定が終わり,傍聴していた患者側の若手弁護士に解説を行い,病院に直行しました.そのときの会話が最後でした.15日未明,病院から電話があり,駆けつけると父は亡くなっていました.

ちなみに,12月15日は,ヨハネス・フェルメール(Johannes Vermeer)の命日でもあります.

カンファレンス鑑定が提案されたり,フェルメールの絵を見ると,このときのことを思い出します.私は,フェルメールの絵は好きですが,カンファレンス鑑定には消極的です.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-12-15 12:12 | 日常

第9回医療事故に係る調査の仕組み等のあり方に関する検討部会

b0206085_13405095.jpgCBニュース「消費者事故調とのすみ分け、「ここで議論」- 厚労省・医療事故調検討部会」(2012年12月14日)は,次のとおり報じています.

「医療事故の再発防止のあり方についても議論。鮎澤純子委員(九大大学院准教授)は、産科医療補償制度を「職能団体、学会の防止策の検討などでアクションにつながっている」と評価し、報告書をまとめるだけでなく、取り組みに結び付ける重要性を強調。

飯田修平委員(練馬総合病院長)は、「(医療事故調査制度における第三者機関への)報告の義務化には賛成で、理想だと思うが、病院の情報システムを対応させるのはかなり難しい」と現場の意見を述べた。

この日で主な論点についての意見交換は終了し、今後は特に意見の分かれた部分について議論を深めることにしている。」


厚労省のサイトに配付資料がアップされました.
御一読をお奨めいたします.

<配付資料>
資料1 第8回医療事故に係る調査の仕組み等のあり方に関する検討部会議事録(PDF)資料2-1 前回(第8回)までの議論について(PDF)
資料2-2 捜査機関との関係について(その2)(PDF)
資料3 消費者安全調査委員会について(消費者庁)(PDF)
資料4 再発防止のあり方について(PDF)
参考資料1 今後の検討方針について(PDF)

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-12-15 11:01 | 医療事故・医療裁判

大阪市立十三市民病院,患者の体内にガーゼを置き忘れる(報道)

MSN産経「患者体内にガーゼ置き忘れ、大阪・十三市民病院で医療ミス」(2012年12月14日)は,次のとおり報じました.
 
「大阪市立十三市民病院(大阪市淀川区)は14日、手術で使用したガーゼを30代の男性患者の体内に取り残すミスがあったと発表した。再手術で取り出し、患者の命に別条はないという。同病院は再発防止策として、術前術後のガーゼの数を医師と看護師で声かけ確認するとしている。

 同病院によると、手術は13日に行われ、男性外科医(38)が大腸の一部などを切除。その後、14日のレントゲン検査で、体内にガーゼ(縦、横ともに約30センチ)が残っているのが見つかったという。

 大川清孝病院長は市役所で記者会見し「患者と家族に負担をおかけし、申し訳なかった」と謝罪した。」

これは,確認ミスです.ガーゼカウンターは使わないのでしょうか.
医療事故には,専門的判断の誤りによるものもありますが,このように単純,初歩的なミスも結構多いのです.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2012-12-15 09:33 | 医療事故・医療裁判