弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2013年 01月 03日 ( 2 )

瞳の日

今日は,メガネ・コンタクトレンズの業界が制定した「瞳の日」です.

SUUMOジャーナル「普段から酷使している目の癒し方。まぶたを閉じるだけでも効果あり!」(2013年1月3日)は次のとおり伝えています。

「一番肝心なのは睡眠である。「当たり前」と思う人がほとんどだろう。睡眠においては時間よりも質が重視されているが、目のケアを考えれば、まぶたを閉じている時間の長さが重要である。もちろん長ければ長い方が良いのは言うまでもない。

ちなみに短時間でも目を閉じると、目の疲労に効果的だ。1時間ごとに1分と決めて目を休ませれば、それだけでも十分に効果が得られるとか。」


その他の方法,グッズも紹介しています.

最後になるが、眼精疲労やドライアイには、ストレスが原因だったり重い病が隠れていたりする場合もある。なかなか回復しない場合には、専門病院での受診をおすすめしたい。」と結んでいます.

ところで,日本眼科医会は,「メガネを作る際には眼科受診を。」と呼びかけています.

「もしも目に病気があった場合に、メガネをかければ見えるので大丈夫だと安心していると、治療が手遅れとなって取り返しのつかない状態になる可能性があります。」

「かなり進行した緑内障でもメガネによる視力は良好なことが多いため、病気が見落とされ治療が遅れることがあります。
緑内障患者さん全体の2割しか眼科受診をしていないと言われています。このように病気の早期発見、早期治療が遅れる原因のひとつに、直接メガネ店で検眼し、「メガネをかければ見える」と安心してしまうことがあげられています。」


例えば,40歳を越えたら緑内障に注意が必要ですが,ファイザー製薬による「緑内障啓発サイト」には,次の記載があります.また,「体験!視野チェック ~盲点以外で見えない場所はありませんか?」もあります.

「ご存じですか?人の視神経は、毎日失われています。
人の脳細胞が、毎日少しずつ死んでいくように、視神経も、毎日少しずつ失われていきます。NTGは、その速度が速くなる病気です。年に一度は眼科専門医で検診を。 」

※ NTG(Normal Tension Glaucoma)は正常眼圧緑内障のこと

さらに,日本眼科学会のサイトには,次のとおり書かれています.

「緑内障は、厚生労働省研究班の調査によると、我が国における失明原因の第1位を占めており、日本の社会において大きな問題として考えられています。しかも最近、日本緑内障学会で行った大規模な調査(多治見スタディ)によると、40歳以上の日本人における緑内障有病率は、5.0%であることが分かりました。つまり40歳以上の日本人には、20人に1人の割合で緑内障の患者さんがいるということになります。

また緑内障の有病率は、年齢とともに増加していくことが知られており、日本の少子高齢化に伴って、今後ますます患者さんの数は増えていくことが予想されます。
しかも上記の調査では、発見された緑内障の患者さんのうち、それまで緑内障と診断されていたのは、全体の1割に過ぎませんでした。つまり、緑内障があるのにもかかわらず、これに気づかずに過ごしている人が大勢いることも判明しました。

最近の緑内障の診断と治療の進歩は目覚しく、以前のような「緑内障=失明」という概念は古くなりつつあります。現代医学を駆使しても失明から救えないきわめて難治性の緑内障が存在することも事実ですが、一般に、早期発見・早期治療によって失明という危険性を少しでも減らすことができる病気の一つであることは間違いありません。」


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-01-03 18:01 | 医療

箱根駅伝,中大,城西大が低体温と脱水で棄権

日刊スポーツ「中大、城西大が途中棄権/箱根駅伝」(2013年1月2日)は,次のとおり伝えています.

「5年ぶりに2校以上の途中棄権が出る過酷なレースとなった。08年の84回大会で神奈川大、大東文化大、東海大が経験して以来2度目の事態となった要因は、寒風。山上りの5区で低体温と脱水症状に苦しんだ。

 中大の野脇勇志(4年)は21・7キロ付近で足元がふらついて転倒。意識はあったが、ひざを強打したため、残り約1・5キロを走るのは危険と判断した。止めた浦田監督は「最終的には私が選手を選んだので責任がある。シード権を守ってきた先輩方に申し訳ない」と謝罪した。84年連続87回目出場で初の棄権となり、28年連続シードの記録も断たれた。

 城西大の浜本栄太(4年)も18・3キロ付近で前のめりになり、櫛部監督がレースを止めた。「目もうつろで、頭でも打ったらまずい」と判断を下した。その後、救急車で病院に搬送された。」


野脇勇志君と浜本栄太君の順調な回復を願います.精神的にも。

私の自宅は3区の近くなのですが,昨日は風が強く寒かったです.神奈川県内の最大瞬間風速は24.3メートルで,鎌倉では風にあおられて83歳男性が死亡し,横須賀では風で飛ばされた物で頭を打った65歳男性が軽傷を負いました.
2人の選手は,きっとこの寒風で奪われる熱量のほうが,運動で発生する熱量よりも大きくなって,身体の深部体温が下がり(低体温),電解質のナトリウムが下がって低ナトリウム(脱水)になったのでしょう.

低体温と脱水による棄権は今回がはじめてではありません.箱根駅伝は,4区以外は区間20㎞以上の過酷すぎるレースです.5区を二分するなど,再発防止対策の検討が必要ではないでしょうか.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-01-03 04:06 | 休暇・休日