弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2013年 01月 31日 ( 5 )

静脈内鎮静法を用いた準強制わいせつ容疑で戸頭歯科クリニック院長の歯科医が逮捕される(報道)

読売新聞「麻酔で女性をうつろに、歯科医がわいせつ行為」(2013年1月31日)は,次のとおり報じました.
 
歯の治療と称して知人女性に麻酔を点滴し、わいせつな行為をしたとして、茨城県警取手署は30日、東京都文京区本駒込、「戸頭歯科クリニック」(取手市戸頭)院長の歯科医師××××容疑者(40)を準強制わいせつ容疑で逮捕した。

 発表によると、××容疑者は茨城県内の20歳代の知人女性に「投薬で気分をリラックスさせる静脈内鎮静法で治療させてくれたら、無料にする」と持ちかけ、今月21日夜、同クリニックで麻酔を点滴して意識をもうろうとさせた女性にわいせつな行為をした疑い。室内では2人きりだったといい、調べに「間違いありません」と容疑を認めているという。

 静脈内鎮静法を治療に取り入れている大津歯科医院(茨城県守谷市)の大津義重院長(54)によると、静脈内鎮静法は、点滴で鎮静薬などを投与することで、患者をうつらうつらした状態にさせ、歯の治療に対する患者の不安や恐怖心、緊張感を取り除く方法。高血圧や心疾患といった全身疾患のある患者には、降圧剤を点滴に混ぜるなど必要な処置を取ることもできるといい、大津院長は「非常に有効な麻酔法なのに、こんな悪用をするなんてとんでもない」と話している。」


戸頭歯科クリニックのHPによると,診療室の入り口まで車をつけることができ,受付を通らず,治療,帰宅も可能な完全個室もあるとのことです.たしかに,プライバシーは保たれますが.

なお,一般社団法人 日本歯科麻酔学会「歯科診療における静脈内鎮静法ガイドライン」(2009年9月)によれば,静脈内鎮静法は,患者の意識を失わせることなく,有意識下で安全で円滑に歯科治療を行うための患者管理法として開発,発展してきたそうです.
静脈内鎮静法にはリスクもあり,全身状態の管理が必要ですから,静脈内鎮静法を用いた治療には複数の歯科医師の関与が望ましいでしょう.

【追記】

FNN「女性患者にわいせつ行為を繰り返していた歯科医師の男を再逮捕」(2013年2月20日)は次のとおり報じました.

麻酔薬で意識をもうろうとさせ、患者の女性にわいせつな行為を繰り返していた歯科医師の男が、再逮捕された。
再逮捕された歯科医師・××××容疑者(41)は、茨城・取手市にある自らが経営する歯科医院で、2012年12月17日と2013年1月18日の2回にわたって、患者の20代女性に麻酔薬を注射し、意識をもうろうとさせ、胸をさわるなどのわいせつな行為をした疑いが持たれている。
調べに対して、××容疑者は「間違いない」と容疑を認めているという。
××容疑者は、別の20代女性に対して、同様の手口でわいせつな行為をしたとして、1月30日に逮捕されていて、警察は余罪がなかったか引き続き捜査している。」


【再追記】

朝日新聞「歯科医、麻酔かけわいせつ容疑 被害者15人分追送検へ」(2013年5月12日)は,次のとおり報じました.

「茨城県取手市の歯科医院で、歯科医が女性患者らに麻酔をかけて胸をさわるなどのわいせつな行為を繰り返していたことが、茨城県警への取材でわかった。すでに20代の女性2人に対する準強制わいせつ容疑で逮捕、起訴されている。県警は、被害者は10~40代の二十数人に上るとみており、被害届が出された約15人分について近く追送検する方針。

 歯科医は東京都文京区本駒込6丁目、××××被告(41)。公判では起訴内容を認めている。」

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-01-31 23:44 | 医療

ニセ医師と共謀し診療報酬を詐取した容疑で○○○○○クリニック元院長医師逮捕(報道)

毎日新聞「診療報酬不正受給:容疑でクリニック元院長逮捕--佐世保署」(2013年1月31日)は,次のとおり報じました.

「患者を診察したように装って診療報酬を不正受給したとして、佐世保署は30日、佐世保市の心療内科「○○○○○クリニック」の元院長、×××××容疑者(56)=福岡市中央区薬院4=を詐欺容疑で逮捕した。「不正受給には関与していない」と容疑を否認しているという。
 逮捕容疑は、同クリニックを経営していた△△△△被告(48)=医師法違反などの罪で公判中=と共謀し、11年10月7日ごろ、12人の患者を診療したように装い大阪市の健康保険組合に診療報酬を請求、翌11月に約63万円をだまし取ったとしている。
 同署では、クリニックの診療報酬の不正受給が約5000万円に上るとみて、余罪を調べている。」

△△△△被告は,親類の医師の医師免許証を利用し偽造して医師を装い,3人の患者に診察や薬の処方をしたとして,医師法違反の疑いなどで逮捕,起訴されています.さらに,12人の健康保険証のコピーを入手し,架空のカルテなどを作成し,不正な診療報酬を請求していた疑いでも逮捕されています.
△△△△被告の不正な診療報酬請求に,元院長である×××××被疑者も関与していた疑いで逮捕されたわけです.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2013-01-31 21:19 | 医療

高知県立幡多けんみん病院,ガーゼ残置(報道)

共同通信「高知で体内に18年間ガーゼ 県立病院」(2013年1月31日)は,次のとおり報じました.

「高知県立幡多けんみん病院(同県宿毛市)は31日、県内の60代女性の体内にガーゼが放置されているのが見つかり、摘出したと発表した。1994年の手術で使用し除去を怠り、18年間放置されていたとみられる。同病院は「女性にガーゼが原因の体調不良などはなかった」と説明している。

 同病院事務部によると、女性は昨年8月に外来を受診。CT画像にガーゼの影が映っており、同10月に摘出手術をした。94年の手術中、ガーゼ枚数の確認に誤りがあったと考えられるという。

 ガーゼの放置された場所などに関し、病院側は「女性の意向」として非公表とした。」


現在は,ガーゼカウンターなど使用しているのでしょうか.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-01-31 18:53 | 医療事故・医療裁判

医道審議会保健師助産師看護師分科会看護倫理部会,看護師等17名に対する行政処分を答申

医道審議会保健師助産師看護師分科会看護倫理部会」は,2013年1月28日処分対象者に対する都道府県の聴取が終了した案件23件について審議し,保健師,助産師及び看護師17名に対する行政処分を行い,他6名については行政指導(厳重注意)に止める旨答申しました.厚生労働省は,答申に基づき,2月6日付けで処分を行います.

「・免許取消:3件(未成年者誘拐・保護責任者遺棄・傷害1件、強姦致傷・強要未遂・住居侵入・強姦1件、現住建造物等放火未遂・建造物損壊1件)
・業務停止3年:2件(窃盗1件、窃盗・詐欺未遂・詐欺1件)
・業務停止2年:1件(覚せい剤取締法違反・公用文書毀棄1件)
・業務停止1年:2件(大麻取締法違反1件、危険運転致傷1件)
・業務停止8月:1件(自動車運転過失傷害・道路交通法違反1件)
・業務停止3月:1件(業務上過失致死1件)
・業務停止2月:1件(自動車運転過失傷害・道路交通法違反1件)
・業務停止1月:3件(道路交通法違反3件)
・戒告:3件(道路交通法違反幇助・道路交通法違反1件、住居侵入・窃盗未遂1件、窃盗・窃盗未遂1件)」


未成年者誘拐・保護責任者遺棄・傷害(2歳の女児が西宮市和上公園のベンチで頭に重傷を負って発見された事件です.)は兵庫県の県立病院の20歳代の看護師・助産師・保健師,
強姦致傷・強要未遂・住居侵入・強姦は北海道名寄市の20歳代の男性看護師,
現住建造物等放火未遂・建造物損壊(連続放火事件)は岐阜の市民病院の30歳代の看護師です.
病院は,勤務する医療者の心のケアにも配慮したほうがよいのではないでしょうか.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-01-31 06:04 | 医療

歯科医院倒産の裏には・・・

タレントを使い派手に宣伝していた歯科医院が倒産し,治療費を前払いした患者が被害を受けるという事態がおきています.

NET-IB NEWS「歯科医倒産の裏には暴力団の影」(2013年1月30日)は,次のとおり伝えています.

「金融機関も歯科医の開業への融資は慎重だ。いや実際は敬遠するようになってかなりの時間が経過している。では、派手な宣伝をしている歯科クリニックは、どのように金を工面しているのか? 取材の過程で、歯科医師の間で語られる噂話を耳にした。≪派手な宣伝資金の出所は暴力団だろう?≫というのだ。」
 
「最近の実例であるが、早良区一等地で5,000万円の資金を投入して開業した。6カ月で敢え無く倒産して、その歯科医師は東京に逃げたそうだ。逃げたというより借金のカタに東京に飛ばされ、働かされて返済を強いられているのだという。
この道30年のある歯科医師は、次のように断じる。「少なくとも我々の1割の200人は経済破綻者だ」。

 世間知らずの歯科医師たちは、相手の素性も確かめもせずに安易に借入する。そして易々とヤクザ金融の毒蜘蛛の網にかかる。網にかかった歯科医達はあちこちに飛ばされて稼がされて大半を借金返済に充当される。タコ部屋に叩き込まれたようなものである。
 歯科医師の行政登録の管轄は各県単位である。例えば佐賀市(管轄佐賀県)で失敗すれば日田市(大分県)に逃げて開業できる。ここでまたまた行き詰まれば福岡市(福岡県)でも開業可能である。資金のバックアップは心配ない。」



ヤクザ金融の網にかかった歯科医もお気の毒ですが,歯科クリニックが倒産し,歯科医が他県に逃亡すると,前払い金を返還させ,医療過誤に基づく損害賠償金を支払わせることが難しくなります.派手な宣伝には要注意です.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-01-31 04:44 | 医療