弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2013年 03月 04日 ( 2 )

東京地裁,インプラント手術で動脈を傷つけ患者を死亡させた事案,歯科医に禁錮1年6月執行猶予3年(報道)

毎日新聞「インプラント手術死亡:歯科医師に有罪判決 東京地裁」(2013年3月4日)は,次のとおり報じました.
 
「東京都中央区の歯科医院「飯野歯科八重洲診療所」で07年、インプラント(人工歯根)手術を受けた女性を死亡させたとして業務上過失致死罪に問われた歯科医師の××××被告(68)に対し、東京地裁は4日、禁錮1年6月、執行猶予3年(求刑・禁錮2年)の判決を言い渡した。吉村典晃裁判長は「安全性や有用性に問題のある治療法を有効だと軽信した」などと指摘。××被告は即日控訴した。

 判決によると、××被告は07年5月、女性患者(当時70歳)の右下顎(あご)の骨に人工歯根を埋める穴を開けようとしたところ、ドリルで動脈を傷つけて出血させ、血腫によって窒息死させた。

 ××被告側は「事故を予測できなかった」と無罪を主張したが、判決は穴を開けた部位について「文献や講演会で大出血などの事故につながる危険性が指摘され、インプラント治療を行う歯科医師の間ではかなり知られていた」と指摘。「一般に用いられない術式なのに危険性を十分調査検討せず、穴を深くしようとするあまりドリルの挿入角度や深さを適切に調整しなかった」と過失を認めた。【和田武士】」


たしかに医療行為について業務上過失致死罪が適用されること自体を疑問視する見解もありますが,医療行為がすべて刑事責任に問われないという合理的な理由は見いだし難く,どのような場合でも業務上過失致死罪が適用されないという見解には賛同しかねます.

文献や講演会で大出血などの事故につながる危険性が指摘され,インプラント治療を行う歯科医師の間ではかなり知られていた以上は,仮に当該歯科医がそれを知らなかったとしたら,知らなかったこと自体が問題でしょう.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-03-04 23:56 | 医療事故・医療裁判

標榜診療科と近所の病院・診療所選び

日刊SPA!「近所の病院選びでヤブ医者を見抜くコツ」(2013年3月3日)は,次のとおり,病院選びについて具体的なポイントを指摘しています.

「患者が少ない病院は問題がある」
「在籍医がしょっちゅう代わる病院にも注意したい。」
「病院の年間手術数も医者選びの参考になる重要ポイントだ。」
「医師が一人しかいない小さな診療所なのに標榜科がやたらと多い場合、注意が必要です」


現在,医師であれば,何科でも,いくつでも標榜できる仕組みになっています.
厚生労働省通知では「医療機関においては、当該医療機関に勤務する医師又は歯科医師一人に対して主たる診療科名を原則2つ以内とし、診療科名の広告に当たっては、主たる診療科名を大きく表示するなど、他の診療科名と区別して表記することが望ましいものとする。」とされていますが,望ましいというだけで,罰則はありません.
また,新しい専門医制度ができても,日本医師会はこの自由標榜制を墨守しようとしています.
しかし,この自由標榜制は,質の担保の観点からは問題があります.自由標榜制は見直しが必要と思います.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-03-04 02:56 | 医療