弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2013年 03月 30日 ( 3 )

兵庫県立加古川医療センター,抗がん剤の点滴漏れ(血管外漏出)事故で謝罪(報道)

毎日新聞「点滴ミス:患者、左乳房切除 加古川医療センター謝罪」(2013年3月30日)は,次のとおり報じました

「県は29日、県立加古川医療センターで昨年12月、加古川市内の60代女性に抗がん剤を投与中、点滴針が外れて抗がん剤が皮下組織に漏れるミスがあったと発表した。女性は左胸に重度の皮膚潰瘍ができ、左乳房を切除した。

 県病院局によると、同センターは乳がん患者だった女性の右乳房切除手術後の昨年12月4日、化学療法のため血管に抗がん剤を投与した。約40分間の投与中、体内に入れたチューブのシリコン部分から点滴針が外れているのに女性看護師が気付かず、抗がん剤がチューブから皮下組織に漏れ出した。女性は左胸の広範囲にわたって皮膚潰瘍ができ、今年1月15日に壊死(えし)した左乳房の切除と皮膚移植の手術を受けた。

 県はミスを認め、患者側に謝罪、損害賠償の話し合いにも応じるという。【桜井由紀治】」


抗がん剤の点滴漏れ(血管外漏出)事故は,人手不足の医療現場では比較的多い事故です.責任なしとは言えないことが多い類型の事故の一つです,

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-03-30 18:28 | 医療事故・医療裁判

薬害オンブズパースン会議,医学研究における不正行為に関する要望書提出

薬害オンブズパースン会議は,2013年2月26日,厚生労働大臣,文部科学大臣,日本医学会会長,日本学術会議会長に対して「医学研究における不正行為に関する要望書」を提出し,医学研究における不正を防止するために,以下の点を要望しました.

「1 調査制度の創設
厚生労働省及び文部科学省は、医学研究における不正行為の有無を公正中立な第三者により調査する制度を創設すること。

2 不正行為に対する処分
(1) 厚生労働省及び文部科学省は、医学研究において不正行為を行った場合 の懲戒処分について指針を示すと共に、所管の各研究機関に対して懲戒処分に関する内規を策定するよう指導すること。
(2) 厚生労働大臣は、医事及び薬事に関する免許を保有する者が医学研究において不正行為を行った場合は、医道審議会に諮問し、不正行為の内容に応じて、戒告、業務停止又は免許取消しのいずれかの行政処分をすること。

3 倫理研修の実施
学会は、医学研究における倫理規範について、学術集会やセミナー等を開催して周知徹底すること。」


詳細は,薬害オンブズパースン会議のサイト

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-03-30 01:51 | 医療

薬害肝炎全国原告団・薬害肝炎全国弁護団,医薬品行政監視・評価第三者組織の法案内容に関する要請書提出

薬害肝炎全国原告団・薬害肝炎全国弁護団は,2013年3月18日,田村憲久厚生労働大臣に,「医薬品行政監視・評価第三者組織の法案内容に関する要請書」を提出しました.

医薬品行政監視・評価第三者組織の法案内容に関する要請書

第1 大臣面談へのお礼
 厚生労働大臣におかれましては、大変ご多忙な中、本年3月18日に私たちとの面談の機会をお作り下さり、ありがとうございました。
 大臣から、第三者組織の設立を国が責任を持って閣法で法案提出するのが筋であるという原告団弁護団の思いはよくわかっており、平成11年閣議決定の問題も含め、大臣としても最大限努力する旨のご発言もいただき、私ども一同、心より期待しております。

 
第2 本要請について
<要請の趣旨>
 医薬品行政監視・評価組織の法案については、別紙「薬害防止に関する第三者監視評 価組織に関する薬事法改正条文案」(寺野案)を内容とされるよう要請します。

<要請の理由>
 第三者組織の法案の内容につきましては、「最終提言」を出された薬害肝炎検証委 員会の寺野座長が、平成23年12月16日の厚生科学審議会医薬品等制度改正検討部会に、別紙のとおり、「薬害防止に関する第三者監視評価組織に関する薬事法改正条文案」を出されています。この寺野座長案は、最終提言の要点を忠実に反映した内容となっており、私たちはこれに全面的に賛成しています。

 3月18日の面談時には、大臣からも、閣法で作る場合の法案内容については、内閣 法制局の審査を受けるという前提ではあるが、最終提言を出した寺野座長案をベースにして最大限努力するとのご発言がありました。

 第三者組織の形だけを作るのではなく、最終提言に示された独立性・専門性・機動性を備えた、薬害防止のために真に実効性のある組織を作ることは、薬害被害者だけでなく、国民すべての願いです。そして、田村厚生労働大臣としてのお考えでもあると思います。そのモデルとなるのは、別紙寺野座長案です。
 これを内容として、速やかに法案作成に着手されるよう、要請します。
 
 薬害肝炎検証委員会の「最終提言」から既に3年近く経過しました。その間、歴代大臣は、第三者組織の設立について、約束を反故にしただけで、自ら取り組む姿勢を示されませんでした。今度こそ、田村大臣のもとで実現に向かうよう、お願い申し上げます。」


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-03-30 01:36 | 医療