弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2013年 04月 18日 ( 4 )

八幡浜の救急救命士が例外的な搬送受け入れを要請した病院が例外規定に該当しないと断わり患者死亡(報道)

愛媛新聞「八幡浜で男性死亡 救急受け入れ断られる」(2013年4月18日)は,次のとおり報じました.

「意識レベルが低下し6日に救急搬送された愛媛県八幡浜市内の男性(66)が市立八幡浜総合病院(同市大平)などに計4回受け入れを断られて救急車内で心肺停止状態となり、119番から約1時間後に運び込まれた同病院で、死亡していたことが17日、八幡浜地区消防本部などへの取材で分かった。
 市立病院では深刻な医師不足を理由に2008年から土曜日の2次救急患者の受け入れを中止している。
 消防本部と市立病院の説明では、土曜日の6日午後9時ごろ、「男性が息苦しさを訴えている」と家族から119番。男性は容体が悪化し、最終的に午後10時5分に市立病院に運び込まれた。関係者によると、病院到着から約3時間後に亡くなった。死因は消化管出血。
 6日は消防本部の救急救命士が容体を確認し、例外的な搬送が適当と判断して受け入れを要請。同病院は例外規定に該当しないとしていったん断った。」


例外的な搬送が適当か否かについて,救急救命士の判断と病院の判断が異なった事案ですが,直接患者をみている救急救命士の判断を優先すべきだったか否か,事後検証を行っていただきたいと思います.
根本的解決のためには,医師の偏在解消と医師の増員が必要と思います.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-04-18 18:12 | 医療

八重瀬会同仁病院,生体腎移植の提供者が出血多量で死亡(報道)

NHK「生体腎移植 腎臓提供の母親が死亡」(2013年4月18日)は,次のとおり報じました.

「沖縄県浦添市の病院で、今月13日に息子に腎臓を提供するため摘出手術を受けていた65歳の女性が、腎臓周辺からの出血が止まらなくなり、そのまま亡くなっていたことが分かりました。
生体腎移植で臓器の提供者が死亡したのは国内で初めてです。

亡くなったのは、息子に腎臓を提供するため、今月13日に浦添市にある八重瀬会同仁病院で腎臓の摘出手術を受けた、沖縄県内に住む65歳の女性です。
病院などによりますと、腎臓の摘出は内視鏡の一種の腹くう鏡で行われ、手術開始からおよそ3時間半後に出血が止まらなくなり、輸血や血を止める処置を繰り返したものの、女性はそのまま死亡したということです。
右の腎臓を体の外に取り出そうとしたときに、周辺の複数の血管から出血が始まったということで、病院では、腎臓を取り出す際の処置に問題があったとみて調査しています。
摘出された腎臓は待機していた43歳の息子に移植され、順調に機能しているということです。
この病院では、今回を含めこれまで28例の生体腎移植を実施しています。
病院の照屋一夫事務局長は「腎臓の提供者が亡くなってしまい、結果を重く受け止めている。ミスがあった可能性も含め調査を行いたい」と話しています。
日本移植学会によりますと、生体腎移植は国内でこれまで2万例以上行われていますが、臓器の提供者が死亡したのは初めてだということです。
生体肝移植では、平成14年に京都大学附属病院で娘に肝臓の一部を提供した女性が、9か月後に死亡したケースがあります。」


事故調査による事故原因の究明に期待いたします.

【追記】

時事通信「医療ミスと認定せず=生体腎移植初のドナー死亡?沖縄」(2013年7月3日)は,次のとおり報じました.

「今年4月、沖縄県浦添市の医療法人八重瀬会同仁病院で生体腎移植の提供者(ドナー)の女性=当時(65)=が死亡した事故で、外部調査委員会(代表・市田隆文日本移植学会理事)は3日までに、死亡を医療ミスとは認定せず、手術に伴う血管損傷が原因だったとする調査報告書を取りまとめた。同病院が同日、記者会見して公表した。
 国内で2万例以上行われた生体腎移植で、初のドナー死亡例だった。病院側は報告書を受け入れ、生体腎移植を当面、自粛するとした。
 女性は4月13日、腎不全の長男(43)に腎臓を提供するため、腹部に小さな穴を開けてカメラや器具を入れる腹腔鏡手術中、大量出血し死亡した。調査委は、腹部内に手を入れ、腎臓を体外に取り出す経路を確保する際、モニターに映らない状況で指を動かしたため動脈を傷つけ、出血を招いたと判断した。」



共同通信「病院長は移植の手術ミス否定 沖縄、生体腎提供者死亡で」(2013年7月4日)は,次のとおり報じました.

「沖縄県浦添市の八重瀬会同仁病院で生体腎移植の提供者(ドナー)の女性=当時(65)=が死亡した問題で、山内英樹院長が3日、記者会見し、執刀医が指で動脈(血管)を傷つけ大量出血につながったのが死因だとする外部調査委員会の調査結果を公表した。

山内院長は手術ミスではないと説明し、出血後の対応も「迅速だった」と話した。一方「深くおわび申し上げる」とあらためて陳謝、生体腎移植と泌尿器科分野での腹腔鏡下手術を当面、自粛することを明らかにした。

日本移植学会によると、国内での生体腎移植の実施例は約2万件あるが、提供者の死亡は初めてだった。」



NHK「腎移植で死亡 誤って動脈損傷が原因」(2013年7月3日)は,次のとおり報じました.

「ことし4月、沖縄県の病院で息子に腎臓を提供するため手術を受けていた65歳の女性が大量出血を起こし死亡した事故は、医師が誤って動脈を傷つけたことが原因だったとする調査結果を、外部の専門家で作る調査委員会が公表しました。

沖縄県浦添市にある八重瀬会同仁病院では、ことし4月、65歳の女性が息子に腎臓を提供するための手術中に腎臓周辺から大量出血を起こし死亡しました。
これは国内で2万例以上行われている生体腎移植で、臓器の提供者が死亡したことが明らかになった初めてのケースで、外部の専門の医師で作る調査委員会が原因の調査を進めてきました。
その結果、「内視鏡の一種の腹くう鏡に、周囲の血管の位置などが写っていない状態で処置を進めた結果、執刀医が誤って指で血管を傷つけたことが大量出血の原因だった」とする調査結果をまとめ、3日病院側が公表しました。
調査結果について、同仁病院の山内英樹院長は「このような重大な結果を招いたことは、本当に申し訳なく、病院側の道義的な責任は大きいと考えている」と述べ、改めて謝罪しました。
女性が死亡したことを受けて同仁病院では、当分の間、生体腎移植の手術を行わないということです。」


読売新聞「医師の指で動脈に傷、腎移植提供者死亡 病院が報告書」(2013年7月4日)は,次のとおり報じました.

「沖縄県浦添市の医療法人・八重瀬やえせ会同仁病院で4月に行われた生体腎移植で、提供者の女性(当時65歳)が亡くなった問題を巡り、同病院は3日、腎臓を取り出す際、誤った方向に執刀医の指が入り、動脈が傷付いて死亡したとする外部調査委員会の報告書を公表した。山内英樹院長は「事故を起こしたことを深くおわびする。報告書の内容はすべて受け入れる」と陳謝し、当分の間、腎臓移植手術を自粛する考えを示した。

 外部調査委員会のメンバーは市田隆文・日本移植学会ドナー安全対策委員長ら4人。報告書によると、女性の左腎臓を息子(43)に移植するため、4月13日に女性からの摘出手術が行われた。執刀医は腹部に開けた小さな穴からカメラや鉗子かんしなどを入れて行う腹腔鏡ふくくうきょう手術で腹膜などを剥がした後、腎臓摘出のため下腹部の切開部から手を入れた。その際、動脈を損傷し大量出血が起きた。女性は出血による心不全などで死亡したとみられる。

委員会は、腹腔内のカメラに執刀医の手元が映らない「盲目的操作」が行われたと指摘。その上で「そうした操作はできる限り回避することを再認識すべきだ。腹腔鏡手術で問題が生じそうな場合、迅速に開腹手術に切り替える必要がある」などと提言した。」



沖縄タイムズ「動脈切断で大量出血 腎移植手術死調査」(2013年7月4日)は次のとおり報じました.

「浦添市の八重瀬会同仁病院は3日、今年4月に実施した生体腎移植の手術中、提供者(ドナー)の女性=当時(65)=が死亡した事故の調査結果を発表した。死亡原因となった大量出血について、執刀した主治医(56)が腎臓を取り出すルートを作るために腹膜の後ろ側に手を差し込んだ際、内腸骨動脈を切ったことが直接の原因だったと断定した。山内英樹院長(66)はミスとの認識を示さず、「医療事故であり、手術の合併症だ」と主張。親族の男性は「単純なミスならお粗末だし、そうでなくても許せない」と話した。

 同病院は事故後、山内院長を委員長に、日本移植学会が推薦した外部委員4人を含む調査委員会を院内に設置し、事故原因を調べて報告書にまとめた。

 報告書によると、4月13日の手術では、腹腔(ふくくう)鏡を使い、摘出する左の腎臓から血管や尿管をはがす段階まで異変はなかった。その後、下腹部を約8センチ切り開いて主治医が右手を入れ、腎臓を体外へ取り出すルートを確認した後、右手を引き出した際に大量に出血した。

 報告書は「(主治医の)指が誤った方向へ進んだことと、腹腔内カメラの視野に指が確認されるまでのわずかの間の操作で動脈を損傷した」と指摘。下腹部から腎臓までの8~10センチのうち、腹腔鏡のカメラで映せない部分があり、その間に動脈を傷つけたと結論付けた。」



谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-04-18 17:55 | 医療事故・医療裁判

厚労省,登録販売者試験における実務経験証明書不正実態調査の取りまとめ結果(中間報告)

厚生労働省は,2013年4月18日,「登録販売者試験における実務経験証明書不正実態調査の取りまとめ結果(中間報告)について」を発表しました.


1 合同会社西友による不正等について

平成20年4月1日から平成24年11月7日までの間に都道府県が実施した登録販売者試験において、合同会社西友が発行した実務経験証明書をもって受験した全ての者を対象として、当該実務経験証明に係る不正の有無を確認した。
20都道府県の登録販売者試験において、不正が行われ、又は不正が疑われる実務経験の証明により登録販売者試験を受験した者がおり、その人数は延べ310人(合格者125人、不合格者57人、未受験者1人、調査中127人)(平成25年3月末日時点)であった。

2 株式会社カメガヤによる不正等について

平成20年4月1日から平成24年11月19日までの間に都道府県が実施した登録販売者試験において、株式会社カメガヤが発行した実務経験証明書をもって受験した全ての者を対象として、当該実務経験証明に係る不正の有無を確認した。
13都道府県の登録販売者試験において、不正が行われ、又は不正が疑われる実務経験の証明により登録販売者試験を受験した者がおり、その人数は延べ485人(合格者136人、不合格者155人、未受験者4人、調査中190人)(平成25年3月末日時点)であった。

3 自主点検結果について

都道府県を通じて、薬局等に対し、過去に発行した登録販売者試験に係る実務経験の証明について改めて確認し、不正等が判明した場合には報告することを依頼した。
31事業者から、過去に発行した登録販売者試験に係る実務経験の証明について、不正の疑いがある旨の報告があり、不正が行われ、又は不正が疑われる実務経験の証明により登録販売者試験を受験した者は、延べ269人(平成25年3月末日時点)であった。

4 再発防止策

平成24年度の登録販売者試験から、受験申請の際に実務経験の証明に関する勤務簿の写し等を添付することとした。平成24年度に、西友又はカメガヤの実務経験の証明をもって、登録販売者試験の受験申請をした者について、実務経験証明の不正等が確認された者は現時点で1名であり、勤務簿の写し等を添付させることで、実務経験の不正証明の防止への効果があったと考えられる。今後も勤務簿の写し等を添付することの運用の徹底を図る。併せて、都道府県等とも協力し、販売制度(名札の着用、情報提供・相談応需等)の遵守徹底を図る。
薬局等の一般用医薬品を販売する事業者におかれては、従事者の勤務状況の チェック体制を改めて整備していただくようお願いする。

5 その他

現在、都道府県等においては、当該報告について、事実確認・調査等を行っているところであり、上記人数はその結果によって変動し得る。
実務経験の証明が不正であることが確認された場合は、試験結果の取消しが行われ、販売従事登録していた者については、販売従事登録の消除の処分がされる。」


登録販売者資格は,平成18 年薬事法改正で新設された一般用医薬品の一部を販売できる資格です.
医薬品の販売において。薬剤師らの指導の下で1年間毎月80時間以上医薬品販売や相談の補助を行った実務経験等を有する者が,都道府県知事の行う試験に合格することで,登録販売者資格が得られます.
ところが,上記の実務経験のない者に実務経験証明を発行するなど不正が相次ぎました.
そこで,上記の厚労省による調査が行われ,勤務簿の写し等を添付させるようになりました.
しかし,勤務簿により勤務していたことはわかりますが,薬剤師等の指導のもとで医薬品販売や相談の補助を行っていたかはわかりません.
そもそも,登録販売者の質の確保が必要と考えれば,登録販売者資格の安売りとも言える現行制度をあらためるべきではないでしょうか.


【追記】

薬害オンブズパースン会議は,2013年4月23日,厚生労働大臣に対し以下の内容の「登録販売者試験受験資格に関する再要望書」を提出しました.

「1 登録販売者受験資格である実務経験に関する証明資料として、従事した業務内容や薬剤師の指導内容を記載した月毎の報告書の提出を義務付けること

2 薬学部卒業者以外の受験者に対しては、登録販売者試験受験資格として、薬学の体系的教育を受けるための集合研修(講義)の履修を求めること

3 資格取得後においても、外部研修の履修を法的に義務付け、資格継続の要件とすること」


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-04-18 17:36 | 医療

ボストン,緊急時に備えた事前準備が犠牲を最小限に

WSJ「ボストン爆発、緊急時に備えた事前準備が犠牲を最小限に」(2013年 4月 17日)は,次のとおり伝えました.

「ボストン・マラソンのゴールライン近くで15日午後に爆弾が起爆されてから5分以内に、ほとんどの犠牲者が約100ヤード(約91メートル)離れた場所にある巨大な医療用テントに運ばれた。患者はテントでボランティア医療スタッフがまず状態を安定させ、その後、救急車で複数の病院に分散搬送され、病院では医師や看護師が総動員で処置にあたった。」

「2年前、ボストン市は、市内各地で爆弾が起爆された場合を想定し、市警、消防隊員、病院、緊急医療サービス要員参加による市を挙げての訓練を実施した。」

「マサチューセッツ総合病院では、アラスデア・コン緊急医療主任によると、最も重傷の患者のうち5人が死からすんでのところで運ばれてきたという。コン氏は、電光石火のごとく搬送が行われていなければ、「彼らは今日生きていなかったはずだ」と話した。

 コン氏は、ボストンの医療技術者が、患者を市内各地の病院に分散させ、1カ所の外傷センターに大勢の重傷患者を集中させなかったことを称賛した。マサチューセッツ総合病院のジョージ・ベルマホス主任外傷外科医は、同病院では用務員から最上層経営幹部に至るまで全員がそのような事態に対する準備が万全で、臨死患者の大量搬送に備えて輸血在庫その他の備品も十分用意されていたと語った。また、病院では人形を使った外傷治療訓練も済ませていたほか、ベルマホス氏を含め戦火にある国々で働いた経験を持つ医師も何人かいるという。

 ボストン市衛生局長のバーバラ・ファラー氏は「昨日の最大のポイントはトリアージ(緊急度の判定)と迅速な搬送だ」と言い、「私の見解では、医療対応は信じられないほど素晴らしかった」と称賛した。」


患者の大量搬送を迅速に行うためには,情報の共有と日頃の準備・訓練が重要と思います.
日本では,黒,赤,黄,緑のトリアージタッグが定められていますが,搬送受け入れ可能な人数の情報が共有されていないとトリアージそのものも困難でしょう.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-04-18 07:02 | 医療