弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2013年 04月 30日 ( 2 )

横浜市立大附属病院,約25%の高濃度の酢酸使用で患者死亡(報道)

時事通信「酢酸注入で女性死亡=腸に損傷、医療ミス―横浜市大病院」(2013年 4月30日)は,つぎのとおり報じました.

「横浜市立大付属病院(平原史樹院長)は30日、入院中の50代の女性患者の栄養チューブに誤って高濃度の酢酸を注入し、女性が壊死(えし)を伴う腸炎を起こして死亡したと発表した。同日、医療事故として神奈川県警金沢署に届けたという。
 病院の説明によると、女性は昨年8月から入院し、鼻から栄養チューブを腸に通していた。4月7日にチューブが詰まったため、看護師が詰まりを除去しようと圧力をかけて酢酸を注入したが、誤って高濃度の酢酸を使用し、チューブから出た酢酸が腸を損傷。女性は24日に心不全と腎不全で死亡した。今後、酢酸の使用は中止するという。
 同病院は「当院に責任があり、深くおわびする。原因究明と再発防止に努める」としている。」


NHK「横浜市立大附属病院で患者死亡 医療ミス」(2013年4月30日)は,次のとおり報じました.

「横浜市立大学附属病院で、入院患者の栄養チューブの詰まりをなくすため、マニュアルにはない液体を注入した結果、患者の容体が急変して死亡し、病院は医療ミスを認めて家族に謝罪しました。

これは横浜市立大学附属病院が30日、記者会見して明らかにしました。
会見によりますと今月7日、心不全などで入院した横浜市内の50代の女性患者が鼻から腸に通すチューブで栄養を取っていたところ、チューブが詰まり、看護師が医師の許可を得てお湯で薄めた酢酸液を注入したということです。
このあと患者は、腹痛を訴えるなど容体が急変し、集中治療室で治療を続けたものの、小腸の炎症を起こして今月24日に死亡したということです。
容体の急変について病院は、マニュアルにないお湯で薄めた酢酸液をチューブに注入したためではないかとみて、家族に謝罪するとともに、警察に届け出て詳しい死因を調べています。
今後は、外部の専門家を入れた事故調査委員会を立ち上げ、再発防止などに当たりたいとしています。
横浜市立大学附属病院の平原史樹病院長は、「今回の医療事故は当院に責任があり、患者様、そしてご家族に深くおわび申し上げます。今後は、チューブが詰まった際に酢酸液の使用を禁止するなど、再発防止策を検討したい」と話しています。」


読売新聞「横浜市大病院で女性死亡、高濃度酢酸液を誤注入」(2013年4月30日)は,次のとおり報じました.

「横浜市立大学付属病院(平原史樹病院長)は30日、入院していた同市内の50歳代の女性が、医療ミスで死亡したと発表した。

 栄養チューブの詰まりをとる際、誤って酢酸液を通常の約25倍の濃度で注入したことが原因で、同病院は金沢署に届け出た。

 病院によると、女性は昨年8月、心臓や腎臓の異常で入院、集中治療室で鼻から小腸までチューブを通して栄養を摂取していた。4月7日、40歳代の看護師がチューブの詰まりをとるため酢酸液を作った際、適切な濃度は約1%なのに約25%の液を作ったという。女性は注入直後に腹痛を訴え、同24日、小腸炎を発症して死亡した。

 看護師は酢酸の瓶に手書きされていた割合通りに希釈したといい、病院で詳しく調べている。25%濃度だと、健康な人でも小腸に炎症が起きるという。」


酢水による経管栄養カテーテルの清潔管理法は,酢酸が直接体内に注入されるため,危険を伴います.
高濃度酢酸は,死亡の危険があります.
2003年に舞鶴赤十字病院で酢酸の原液を注入した死亡事故が発生し,2011年に立正佼成会付属佼成病院で約23%の高濃度酢酸を内視鏡検査の際に使用した死亡事故が起きています.
本件は約25%の高濃度酢酸を使用した死亡事故です.
(ちなみに,キッチンの排水口に使う酢酸は1.5%の濃度です.)

事故調査により原因が究明されることを期待いたします.

【追記】

毎日新聞「横浜市大病院:死亡事故報告書 慣行で酢酸水注入、検討なし /神奈川」(2013年8月9日) は,次のとおりじました.


「横浜市立大付属病院(同市金沢区)で今年4月、栄養チューブの詰まりをなくそうとした際、誤って高濃度の酢酸水を注入したため50代女性患者が死亡した医療事故を巡り、同病院は8日、科学的根拠が明確でない酢酸水の使用行為について、確認や検討がなされないまま実施する慣行があったことが要因との報告書を発表した。

 この事故で、看護師は医師の許可を得て濃度25%の酢酸水を18ミリリットル注入した。女性は直後に腹痛を訴え、17日後に亡くなった。

 外部有識者も交えた委員会がまとめた報告書は、事故の原因として、看護師が食酢と酢酸の違いについて明確に認識していなかったこと、チューブが詰まった時の対応がマニュアルに規定されていなかったことなどを挙げた。

 再発防止に向け、他の明文化されていない慣行も含めて是正とマニュアル化を進め、組織や職種を超えてコミュニケーションを取る環境をつくるという。【山田麻未】]


「酢酸の取扱いに関する医療事故にかかる事故調査報告書について」(平成25年8月)ご参照

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-04-30 21:59 | 医療事故・医療裁判

カリフォルニア州地裁評決,アクトスの膀胱癌リスクを警告しなかった武田薬品に650万ドルの賠償を認める

カリフォルニア州地裁の陪審は,武田薬品工業株式会社に対し,糖尿病薬アクトスの膀胱癌リスクについて十分な警告を行わなかったとして,650万ドル(約6億3600万円)の損害賠償を認める評決を下しました.陪審の評決ですので,未だ最終結論ではないのですが.

同社が2003年,医師12人に対し,密かにアンケート調査を実施し,命にかかわる病気(がん)の発症リスクについて警告が書かれた糖尿病薬を患者に処方するかどうかを調査し,ぼうこうがんの警告を表記した場合,アクトスの売り上げに壊滅的な影響が及ぶことを同社は認識した,という証拠が提出されていました.

Bloomberg「Japan drug maker Takeda loses US lawsuit  Takeda Pharmaceutical is ordered to pay a patient US$6.5 million for failure to warn of cancer risk from diabetes medicine Actos」(28 April, 2013) は,次のとおり伝えています.

「Takeda Pharmaceutical of Japan must pay US$6.5 million in damages to a California man who said Asia's largest drug-maker failed to warn consumers that its Actos diabetes drug could cause cancer, a jury ruled in the first of more than 3,000 lawsuits over the medication to go to trial.

Jurors in state court in Los Angeles found that Osaka-based Takeda did not provide adequate bladder-cancer warnings to Jack Cooper and his doctors about Actos. Cooper, now 79, took the drug for more than four years before being diagnosed with the disease in 2011.

Takeda officials said they had filed motions seeking to have the verdict and the entire case thrown out and that Judge Kenneth Freeman review those requests this week.

Takeda faces more than 3,000 suits alleging Actos caused bladder cancer or other ailments, according to court records. Cooper's suit was among those gathered before Freeman in Los Angeles. Other cases are in state court in Illinois.

More than 1,200 suits have been consolidated before a federal judge in Louisiana for pretrial information exchanges. The first federal case is set for trial in January, according to court filings.

Lawyers for former Actos users contend in court filings that Takeda researchers ignored or played down concerns about the drug's cancer-causing potential before it went on sale in the US in 1999, and misled US regulators about the medicine's risks.

Cooper's case was heard on an expedited basis after Freeman found he was "gravely ill", according to court filings.

During the almost two-month trial, Cooper's lawyers told jurors that while Takeda's own research found links between Actos and bladder cancer as early as 2004, company officials did not tell regulators about the findings for seven years.

Michael Miller, one of Cooper's lawyers, produced internal Takeda e-mails in which executives urged colleagues to persuade the US Food and Drug Administration not to demand increased warnings about bladder cancer on Actos' label.

Even after FDA officials asked the drug-maker in 2005 and 2006 to update warnings about Actos' health risks, Takeda executives "stalled and delayed" because the company "was making [US]$1.6 billion a year" on the drug, Miller argued.

The company contends Cooper was more likely to develop bladder cancer because he was an elderly male former smoker who suffered from diabetes.

Still, jurors found Takeda officials "failed to adequately warn" Cooper's doctors about Actos' cancer risk and that failure was "a substantial factor" in causing harm, according to court filings.

Jurors awarded US$5 million in compensatory damages to Cooper and US$1.5 million to his wife. The panel rejected the couple's request that Takeda face a punitive-damage award, according to the filings.」


ちなみに,インターナショナル・アライアンス社による企業イメージ調査「日本における最も賞賛される製薬企業」では,武田薬品工業株式会社が調査開始以来14年連続首位なのですが.

【追記】

ブルームバーグ「武田薬:アクトスでの陪審評決退ける判断勝ち取る-立証不十分」(2013年5月1日)は,次のとおり報じました.

「武田薬品工業 の糖尿病治療薬「アクトス」でがんを発症したとして米カリフォルニア州の男性が同社を訴え、陪審が650万ドル(約6億3200万円)の損害賠償を認める評決を下したことについて担当判事は1日、男性側が同薬服用とがんとの因果関係を十分に立証できていないとして同評決を退けた。

ロサンゼルスにあるカリフォルニア州地裁のケネス・フリーマン判事は、この男性ジャック・クーパー氏(79)の弁護士は同氏のぼうこうがんとアクトス服用との関係を立証できておらず、評決を下す機会を陪審に与えるべきではなかったとの判断を示した。

同判事は27ページに及ぶ文書で、クーパー氏がアクトス服用でぼうこうがんを発症したとしていた医師の証言が「本質的に信頼を置けない」ことが分かったとし、訴えを退けることが正当化されると指摘した。

武田の米国部門のケネス・グリースマン法務顧問は同日の電話取材に対し、「クーパー氏の主張には裏付けがないとの裁判所の判断に同意する」と述べた。

クーパー氏の弁護士の1人マイケル・ミラー氏はフリーマン判事の判断を不服とし、上訴する意向を明らかにした。 」



Bloomberg「Takeda Gets $6.5 Million Diabetes-Drug Verdict Thrown Out」( May 2, 2013)は,次のとおり報じました.

「Takeda Pharmaceutical Co. (4502) persuaded a judge to throw out a $6.5 million jury verdict over its Actos diabetes drug because lawyers for a California man didn’t produce sufficient evidence to show his cancer was caused by the medication.

Judge Kenneth Freeman in state court in Los Angeles ruled today Jack Cooper’s attorneys weren’t able to properly link the former telephone-company worker’s bladder cancer to his Actos use and jurors shouldn’t have had a chance to return their verdict against Asia’s largest drugmaker. It was the first of more than 3,000 lawsuits over the medication to go to trial.

Testimony from a doctor who concluded Cooper’s Actos use caused his bladder cancer turned out to be “inherently unreliable” and that justified throwing the case out, Freedman said in a 27-page ruling.

The verdict came almost three months after Takeda won U.S. regulatory approval for Nesina, a diabetes drug to replace Actos, which lost patent protection last year. Actos sales peaked in the year ended March 2011 at $4.5 billion, or 27 percent of Takeda’s revenue at the time, according to data compiled by Bloomberg.

“We agree with the court’s finding that Mr. Cooper’s allegations were not supported by the evidence,” Kenneth Greisman, general counsel for Takeda’s U.S. unit, said in a telephone interview today.

Law Misinterpreted?

Takeda faces more than 3,000 suits alleging Actos caused bladder cancer or other ailments, according to court records. Cooper’s suit was among those gathered before Freeman in Los Angeles. Other cases are in state court in Illinois.

More than 1,200 suits have been consolidated before a federal judge in Louisiana for pretrial information exchanges. The first federal case is set for trial in January, according to court filings.

Michael Miller, one of Cooper’s lawyers, said he would appeal Freeman’s post-verdict ruling throwing out the case.

“We believe the court has misinterpreted the law and feel confident the decision will be reversed,” Miller said in a telephone interview.

Former Actos users contend in court filings Takeda researchers ignored or downplayed concerns about the drug’s cancer-causing potential before it went on sale in the U.S. in 1999, and misled U.S. regulators about the medicine’s risks.

Cooper, 79, took the drug for more than four years before being diagnosed with bladder cancer in 2011. He worked as a cable splicer for Pacific Bell telephone, according to court filings.

January Trial
Takeda’s lawyers argued during the almost two-month trial that Cooper was more likely to develop bladder cancer because he was an elderly male former smoker who suffered from diabetes. That placed him in high-risk categories for the disease regardless of his Actos use, the company’s attorneys told jurors.

Takeda is scheduled to face an Actos trial in January that is part of the consolidation of cases before a federal judge in Louisiana, according to court filings.

Mark Lanier, who won a $253 million verdict against Merck in 2005 in the first trial over the company’s withdrawn Vioxx painkiller, is slated to try the case for plaintiff Ida St. John.

The Los Angeles case is Cooper v. Takeda Pharmaceuticals America Inc., CGC-12-518535, California Superior Court (Los Angeles). 」



谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-04-30 06:08 | 医療事故・医療裁判