弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2013年 05月 31日 ( 2 )

とげぬき地蔵尊高岩寺御住職,禁煙は愛

とげぬき地蔵尊高岩寺御住職の来馬明規さんは,循環器内科医でもあり,「僧侶も医師も生死を扱う仕事。健康でより良く生きるために,たばこはやめるべきだ」と説き,年二十回は全国各地で講演を続けているそうです.

禁煙マークが付いた僧帽と袈裟の写真が東京新聞「禁煙は愛 医僧が説く AED持ち歩き、各地で講演」(2013年5月31日) に掲載されています。

 「来馬さんが禁煙の啓発を始めたのは二〇〇五年、住職になってから。年間八百万人の参拝者の健康を願い境内を全面禁煙にした。

 寺の僧侶ら五十人のうち、喫煙していた十人も一年で全員たばこをやめた。

 内科医の勤務経験があり、目の前でたばこを吸う人がどんどん亡くなっていく無力感を痛感した。「喫煙は仏の道から外れる。受動喫煙は他人も傷つける」と言い切る。

 いくら害を説いても、たばこは依存性があり、言葉で説得できないので、奇抜な格好を思いついた。説得力を出すため、自動体外式除細動器(AED)を持ち歩き、喫煙者は心筋梗塞や脳卒中、動脈硬化のリスクが高まるとデータを挙げて説明。「たばこをやめないと、AEDのお世話になりますよ」。真っ赤なAEDと変わったいでたちでユーモアを交えて語る。」


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-05-31 20:23 | タバコ

志賀県立成人病センター,術後の出血の状態把握が不十分で止血を行わなかった事案で和解(報道)

msn産経「県立成人病センター 7800万円支払いで和解へ 滋賀」(2013年5月31日)は,次のとおり報じました.

 「■医療事故で昏睡状態

 県立成人病センター(守山市)で子宮内膜症治療の手術を受けた患者が一時心肺停止に陥って今も昏睡(こんすい)状態が続く医療事故があり、県は30日、7800万円を支払うことで患者側と合意したと発表した。6月県議会に損害賠償支払いの関連議案を提出、可決後和解が成立する。県は「手術後の管理が不適切だった。重大な結果を招き申し訳ない」と謝罪している。

 県によると、患者は県内在住の30代女性。平成23年5月下旬、同センターで子宮内膜症に伴って卵巣内にできた嚢(のう)胞を切除するなどの手術を受けた。手術翌日に貧血を起こすなど体内で出血している兆候がみられたが、輸血で改善したため主治医らは止血を施すほどの状態ではないと判断、経過を観察していたところ、その3時間半後に容体が急変し、約1時間にわたって心肺停止の状態となった。

 しかし、蘇生(そせい)措置などを施して心拍が再開した後も意識は戻らず、人工呼吸器による管理が必要な状態が続いているという。

 センターは翌月、医療事故調査会を設置して原因を分析し、同年12月には「術後の病態把握が不十分だった」などとする調査結果を患者側に説明、謝罪。今年3月に和解案を提示していた。」


術後の出血はこわいですね.「輸血で改善したため止血を施すほどの状態ではないと判断し,止血を行わなかったこと」が過失でしょう,

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-05-31 02:30 | 医療事故・医療裁判