弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2013年 08月 19日 ( 2 )

第二東京弁護士会の自動販売機,アイスコーヒーは無料

第二東京弁護士会に設置されている自動販売機では,水(湯),煎茶,ほうじ茶は暖かいものも冷たいものも無料です。ところが,コーヒーは,アイスコーヒーが無料で,ホットコーヒーは有料(60円)です.原料コストの違いか,需要の多寡を反映しているのか,理由はわかりません.

なお,当法律事務所は,産科法律相談は無料,一般の医療法律相談は有料としています.
産科事件は,とくに深刻な被害を受け子どもの治療介護費用がかかる一方,若い夫婦で経済的に余裕があるとはいえない依頼者も多いため,産科法律相談は無料にしています.
医療法律相談全てを無料にすると,相談依頼件数が多すぎて相談実施がだいぶ先になってしまいますので.産科以外の医療法律相談は有料にしています.(医療以外の法律相談は行っていません.)

カフェインには利尿作用がありますので,コーヒー等を飲むと,水分を補給しているつもりが,実は脱水をうながしている,ということになりかねません.私は,自動販売機では,コーヒーより相対的にカフェインが少ない煎茶,ほうじ茶を選択しています.
麦茶にはカフェインが含まれていませんので,夏は麦茶があるとさらによいのですが・・・

【追記】

5日後に弁護士会に行ったところ,ホットコーヒーも無料になっていました.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-08-19 23:44 | 弁護士会

ぜんそく患者の医療費の助成制度

NHK「ぜんそく患者 医療費助成制度の存続を」(2013年8月19日)は,次のとおり報じました.

「東京大気汚染訴訟の和解をきっかけに創設された、ぜんそく患者の医療費の助成制度について、東京都が見直しを始めていることを受けて、患者グループが19日会見を開いて制度を存続させるよう訴えました。

東京大気汚染訴訟では、都内全域のぜんそく患者に対して国や都、自動車メーカーなどが分担して医療費を全額助成する制度を創設することを柱に平成19年に和解が成立し、これまでに7万5000人以上の患者が医療費の助成を受けています。

これに対して、財源の半分近くを拠出する東京都が制度の開始から5年がたったことを踏まえて制度の見直しを始めていて、患者グループが制度の存続を求めて19日東京都庁で会見を開きました。
会見の中で患者グループを支援している西村隆雄弁護士は「この制度で医療費の不安がなくなり、多くの患者からは、治療に専念できるようになり、症状が改善しているという声が出ている」と説明しました。
そのうえで「東京都が制度を存続させると決め、国などに負担を求めていけば財源についても大いに可能性がある。なんとしてもこの制度を守ってもらいたい」と訴えました。

これに対して東京都は「都が単独で制度を存続させるのは難しいので、資金を提供した国やメーカーなどの意向を確認しながら今後、検討を進めていきたい」というコメントを出しています。」



この助成制度は,訴訟上の和解にもとづくものですので,存続させていただきたいですね.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-08-19 17:55 | 医療