弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2013年 08月 21日 ( 4 )

東京弁護士会、8月31日、虹がかかるまで ~本当は、いじめは嫌なんだ~

もがれた翼Part20 虹がかかるまで ~本当は、いじめは嫌なんだ~

また、もがつばの季節がやってきました.
演じる弁護士は本格的に練習しています.


「あらすじ
厳しい残暑と雨空が続く9月。
『子どもの人権110番』へ、中学3年生の少女からの一本の電話がかかってくる。
「ガッコウデ、イジメラレテ…」
新人弁護士の桐谷は、初めての子どもの権利擁護活動としてこの相談を受けることになる。
いじめの事実を認めてほしいという、少女の願いは親と学校の対立の中で空転し、桐谷は『子どものオンブズパーソン』への救済申立てを提案するが…。



日 時 2013年8月31日 昼の部:16時00分開演(15時30分開場)、夜の部:19時00分開演(18時30分開場)
場 所 赤羽会館講堂( 東京都北区赤羽南1-13-1) JR赤羽駅(京浜東北線、埼京線、高崎線、宇都宮線) 徒歩5分、地下鉄南北線赤羽岩淵駅 徒歩10分
地図(赤羽会館のHP)
入 場 各会600名(入場無料、全席自由、予約は承っていません)
演 出 米内山陽子(トリコ劇場/チタキヨ)
脚 本 坪井花梨(社会福祉法人カリヨン子どもセンター)
舞台監督 村田綾香
照 明 木村秀信
音 響 余田崇徳、橋本絢加
製 作 東京弁護士会子どもの人権と少年法に関する特別委員会
出 演 子どもたちと東京弁護士会の弁護士
主 催 東京弁護士会
共 催 北区
後 援 北区教育委員会
協 力 社会福祉法人カリヨン子どもセンター
お問い合わせ TEL03-3581-2205 東京弁護士会 人権課」



谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-08-21 02:47 | 人権

アーンスト&ヤングがEY弁護士法人を設立

4大会計事務所のアーンスト&ヤング (Ernst & Young)が、日本で、EY弁護士法人(マネージングパートナー北村豊弁護士)を設立し、弁護士業界に参入していたことが報じられました.

「大手国際会計事務所の英アーンスト・アンド・ヤング(EY)グループが、日本で弁護士業務に参入する。M&A(合併・買収)の契約書作成や税務訴訟の対応といった法務サービスを、会計監査、税務コンサルティングといった既存の専門業務と一体で顧客企業に提供する。監査報酬が伸び悩む中、収益源の多様化につなげる。・・・」日本経済新聞「英の大手会計事務所が日本で弁護士業務 監査報酬伸び悩みで」(2013年8月20日)

M&Aや税務訴訟を手がける法律事務所には、影響があるかもしれませんね.
DTT、KPMG、PwCも、E&Yに続いて、弁護士法人を設立するのでしょうか.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-08-21 02:17 | 司法

甲南病院夏祭り

神戸新聞「医師が患者に手料理 神戸・甲南病院夏祭り」(92013年8月20日)はつぎのとおり報じました.

「甲南病院(神戸市東灘区鴨子ケ原1)で20日、夏祭りが開かれ、病理診断科部長の村尾眞一さん(62)が本格的なカレーやスープを振る舞い、患者らを喜ばせた。村尾さんは自身が2006年末にがんを宣告されて以来、料理の研究に熱が入り、自宅でもよく台所に立つ。「がん患者は食事について我慢することが多いが、食事の楽しみをもっと味わってもいい」と話す。

 村尾さんは同病院で病理医を務め、09年夏からは無料で院内外のがん患者らの相談にも応じている。毎年、夏と冬に開かれる患者や家族向けの催しでは、自宅で作った料理を持ち込み、提供している。

 今回用意したのは昔懐かしい和風のカレーや、米国ルイジアナ州のスープ料理「ガンボ」、韓国料理のサムゲタン風薬膳スープなど6品で、約50人分。牛すじ肉からスープを取り、具の牛肉もとろとろになるまで煮込んだカレーは特に人気。午後3時からの2時間だったが、塩分や油を控えながらも多くの食材を使った料理の数々に、おかわりが続出していた。

 入院患者の女性(41)は全品を平らげ、「夕食を抜くつもりで食べた。どれもとてもおいしくて大満足」と笑顔だった。(藤森恵一郎)」


なかなかできることではありませんが、楽しそうですね.
美味しく食事ができることは、抵抗力回復力に影響するように思います.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-08-21 01:51 | 日常

総合病院中津川市民病院、薬剤の副作用による壊死事案、病理診断医の誤診事案、それぞれ和解(報道)

毎日新聞「医療事故:中津川市民病院が和解 2件、患者側に1095万円と451万円支払い」(2013年08月20日)は、次のとおり報じました.

「中津川市は19日、昨年4月と8月に同市民病院で発生した2件の医療事故について、それぞれ約1095万円と約451万円を患者側に支払うことで和解したと発表した。安藤秀男院長らが記者会見で明らかにした。市民病院では、07年5月に起きた医療事故を巡り、先月29日に1億3000万円を支払うことで家族側と和解が成立したばかり。

 安藤院長らによると、昨年4月、女性患者(67)が緊急搬送され、致死率の高い重症尿路感染症、敗血症性ショックと診断された。緊急手術後、投与した薬剤の副作用で右脚の一部が壊死(えし)した。今月15日に「副作用のある薬剤使用に対する注意が十分でなかった」などとして和解した。

 昨年8月には、乳がんと診断した50代の女性患者に対し左乳房の全摘手術をしたが、術後の病理検査で乳がんではなく、良性の腫瘍と判明。「病理医の誤った診断で乳房を切除、身体的・精神的苦痛を与えた」と認めて今月15日に和解した。

 安藤院長は「深く反省しておわび申し上げます」と謝罪した。【小林哲夫0」】」


 
 抗生剤の漏れによる壊死事案、病理診断の誤診事案は、何れも弁護士がよく相談を受ける類型です.本件は何れの和解も相当と思いますが、弁護士が相談を受ける事案には、難しい事案もあります.

 抗生剤の漏れは、早期に発見し、治療(漏れた薬剤に応じた治療法のチャートが知られています)することで壊死を回避できた可能性があり、責任の有無についての判断は具体的な事案により微妙に異なります.
 
 また、病理診断で事後に良性疾患であると判明しても、事前判断にミスがなければ医療過誤ではありません.しかも、過失がある場合でも、単に病理医だけの責任とはいえないことも多いのです.一般に、臨床情報が病理医に正確に伝わることで、病理診断が正確になります、.病理医と臨床医が連絡を密にすることで、誤診はかなりの部分、回避できるはずです.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-08-21 00:53 | 医療事故・医療裁判