弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2013年 09月 17日 ( 4 )

横浜地裁,神奈川県立がんセンターの麻酔科医に無罪判決(報道)

読売新聞「がん手術で医療事故、麻酔科医に無罪判決」(2013年9月17日)は,次のとおり報じました.

「神奈川県立がんセンター(横浜市旭区)で2008年4月、乳がん手術を受けた女性患者の麻酔器具が外れて脳障害などの後遺症を負った医療事故を巡り、業務上過失傷害罪に問われた麻酔科医(44)に対し、横浜地裁は17日、無罪判決を言い渡した。

毛利晴光裁判長は、言い渡しの後、「捜査が十分ではないのに起訴した疑いが残る。このような捜査処理がないことを望む」と検察側に注文をつけた。

麻酔科医は女性に全身麻酔をかけた後、別の手術に立ち会うために手術室を退出。その後、酸素を送る管が外れたまま約18分間放置された結果、女性に脳障害や手足のまひなどの後遺症を負わせたとして起訴され、検察側は罰金50万円を求刑していた。

判決では「麻酔科医は患者の状態が安定していることを確認して手術室を離れており、何かあったら連絡するよう看護師にも伝えていた」と指摘。「麻酔科医の行動に許容されない問題性があったとは言えない」とした。」


毎日新聞「医療事故:手術中の患者が脳障害 麻酔科医に無罪判決」(2013年9月17日)は,次のとおり報じました.

「神奈川県立がんセンター(横浜市旭区)で全身麻酔手術中の女性患者の観察を怠ったため高次脳機能障害を負わせたとして、業務上過失傷害罪に問われた麻酔科医の男性(44)に対し、横浜地裁は17日、無罪(求刑・罰金50万円)を言い渡した。毛利晴光裁判長は「検察側主張の注意義務は認められない」と判断した。

男性は2008年4月、当時44歳の患者の乳房部分切除を行う際、麻酔を施した後に引き継ぎをせず退室したため、その後に麻酔器から酸素供給の管が外れ、患者に脳機能障害を負わせたとして起訴された。

検察側は、手術室を離れたことが注意義務違反に当たると主張したが、判決は「患者の状態が安定していることを確認して手術室を離れており、刑事罰を科すほどではない」と退けた。

当初、横浜区検が男性を略式起訴したが、横浜簡裁は「略式不相当」と判断して正式裁判に移行していた。

判決言い渡し後、毛利裁判長は検察側に対し「慎重な法律判断をすべきだ」と述べた。【飯田憲】」


毛利晴光判事は,司法研修所教官でもありましたので,弁護士のなかにはご存じの方も多いかと思います.

本件について,簡裁が略式不相当としたときに,私は,次のとおりブログに書きました.

「この麻酔医は,同時並行で複数の患者の麻酔を行っていたので,麻酔後に手術室を長時間離れていました.酸素の管が外れたのですが,執刀医はそのことに気づかず,患者は低酸素状態が続いたために,重度の障害を負いました.この結果が重大なので,略式不相当,という判断になったのだと思います.

しかし,本件は,神奈川県立がんセンターの麻酔医が不足し,過重な仕事をさせていることが背景にあっておきた事故です.検察官と刑事裁判官は,京都大学エタノール事件がそうであったように,表層的にしか事件を見ていないことがあるように思います.

本件刑事手続きでは,麻酔医の責任のみが問われているのですが,私は,麻酔医一人の責任とするのは適切ではないと思います.麻酔医にこのような仕事をさせていた管理責任者等の責任を追及すべきであった,と思います.」

神奈川県立がんセンターの開設者である神奈川県が民事賠償責任を負うとしても,この麻酔科医個人に刑事責任を問うのは明らかに不相当です.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-09-17 22:18 | 医療事故・医療裁判

医療九条の会・北海道主催,小出裕章氏講演会「私たちの未来と原発」

医療九条の会・北海道主催の小出裕章氏講演会「私たちの未来と原発」が,2013年9月14日(土),札幌市民ホールで開かれました.
今なら,Ustream録画で講演を見ることができます.

内容 18:30~20:54
•来賓あいさつ 上田文雄氏(札幌市長)
•講演 小出裕章氏(京都大学原子炉実験所 助教)
•呼びかけ 川原茂雄氏(Shut泊 共同代表、高校教諭)
•閉会あいさつ 猫塚義夫氏(医療九条の会 共同代表、医師)

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-09-17 21:24 | 脱原発

産科医療補償制度の申請期限はお子様の満1歳の誕生日から満5歳の誕生日までです

沖縄タイムズ「重度脳性まひ、医療保障相談を」(2013年9月16日)は,次のとおり報じました.

「出産に関連して重度の脳性まひになった子どもとその家族に補償金3千万円を支給する「産科医療補償制度」で、運営を担う日本医療機能評価機構が「申請数が推計より大幅に少なく、申請漏れがあるはず」として保護者らに積極的に相談するよう呼び掛けている。

制度の発足は2009年1月。申請期限は満5歳の誕生日までで、09年年生まれの子どもは、来年の誕生日が期限。支給の条件を満たしていても期限までに申請しなければ救済漏れとなる。

補償金は①妊娠33週以上かつ出生体重2千グラム以上②身体障害1、2級相当の脳性まひ③先天性の要因などによるものは除く―など一定の条件を満たす場合、医療機関の過失の有無にかかわらず支給される。600万円の一時金と20歳まで分割して支払われる2400万円の計3千万円。

コールセンター、フリーダイヤル(0120)330637(平日の午前9時~午後5時)で相談を受け付けている。(共同通信)」


平成21年1月1日以降に出生したお子様で、次の基準をすべて満たす場合,補償の対象となります.
1 「在胎週数33週以上で出生体重2,000g以上で」または「在胎週数28週以上で所定の要件に該当した場合」
2 身体障害者手帳1級または2級相当の重度脳性麻痺
3 先天性の要因等に該当する場合は補償の対象外となることがあります.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-09-17 09:18 | 医療事故・医療裁判

大津市民病院、腹腔鏡手術の際の動脈損傷事故で和解(報道)

毎日新聞「医療ミス:大津市民病院の手術で後遺障 市、3350万円賠償の方針」(2013年9月14日)は、次のとおり報じました.

「大津市は13日、市民病院の卵巣摘出手術で医療ミスがあり、被害者で内臓に後遺障害を負った市内在住の女性(当時29歳)に対し、和解金約3350万円を支払う方針を決めたと発表した。24日の市議会で関連する9月補正予算案の採決が行われ、通過すれば和解案に正式合意する見通し。

 市民病院によると、2010年4月、腫瘍ができた卵巣を取り除く腹腔(ふくくう)鏡手術で、医師が内視鏡を入れるための医療器具を腹に刺した際、誤って下腹部の動脈を傷付けた。その後、女性は血管壁の修復や補強のため手術を受けたが、2回の術後腸閉塞(へいそく)で入退院を繰り返すなどした。女性は現在も京都府立医科大付属病院に通院を続け、食事などに制限があるという。

 ミスを巡っては、女性が12年5月、市を相手取り損害賠償約9808万円を求めて大阪地裁に提訴。地裁が8月29日に示した和解案を、双方が内諾した。【石川勝義】」



中日新聞「手術ミスで3350万円賠償へ 大津市民病院」(2013年9月14日)は、次のとおり報じました.

「大津市は十三日、二〇一〇年四月に市民病院で三十代無職女性への医療ミスがあり、損害賠償の和解協議がまとまったと発表した。二十四日の市議会本会議に損害賠償金など三千三百五十万円を支払う議案を提出する。


 市によると、女性は卵巣摘出の腹腔(ふくくう)鏡手術の際、カメラを保護する器具の先端で左下腹部の動脈を傷つけられ、直後に開腹手術を受けた。女性は約二カ月後から、本来不要だった開腹手術を受けたのが原因とみられる腸閉塞(へいそく)を二度発症。現在も定期検査と食事制限を強いられている。勤務していた会社も退社した。


 女性は昨年五月、市に九千八百万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴。今年八月に和解協議がまとまった。市民病院の担当者は「より慎重に器具の挿入操作をして再発防止に努めている。今後、安全に配慮し、最善の医療に取り組む」とした。(山内晴信)」


裁判では「過失行為を具体的に特定すること」が求められますが、動脈を損傷するような手技については、器具を愛護的に操作する義務、慎重に操作する義務に違反したと言うしかない場合があります.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-09-17 01:12 | 医療事故・医療裁判