弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2013年 10月 27日 ( 1 )

「妊婦の大気汚染物質曝露」と「児の低出生体重リスク」に関連性

スペイン環境疫学研究センターのMarie Pedersen氏らは、欧州12カ国で行われた14件の研究を解析した結果,妊娠中に大気汚染物質へさらされると、児の低出生体重リスクの関連が明らかになりました.

健康百科「大気汚染、基準値以下でも胎児の発育に影響―欧州研究」(2013年10月21日)は,次のとおり伝えています.

直径2.5マイクロメートル以下の微小粒子状物質「PM2.5」の濃度が1立方メートル当たり5マイクログラム上昇するごとに、低出生体重リスクが18%増加していた。現在、EUが示している大気環境基準の限界値(年間平均25マイクログラム)より低い20マイクログラムの範囲内でも、低出生体重リスクが増加しており、直径10マイクロメートル以下の粒子状物質「PM10」や二酸化窒素でも、濃度が上昇するごとに低出生体重リスクが増加していた。また、住所に最も近い道路の交通量が増えると低出生体重リスクの増加が見られたという。

 PM2.5の濃度を世界保健機関(WHO)の基準値(年間平均10マイクログラム)まで抑えた場合、低出生体重リスクを22%減らすことができると推計された。」


Ambient air pollution and low birthweight: a European cohort study (ESCAPE)」のSummaryは,以下のとおりです.


「Background

Ambient air pollution has been associated with restricted fetal growth, which is linked with adverse respiratory health in childhood. We assessed the effect of maternal exposure to low concentrations of ambient air pollution on birthweight.

Methods

We pooled data from 14 population-based mother—child cohort studies in 12 European countries. Overall, the study population included 74 178 women who had singleton deliveries between Feb 11, 1994, and June 2, 2011, and for whom information about infant birthweight, gestational age, and sex was available. The primary outcome of interest was low birthweight at term (weight <2500 g at birth after 37 weeks of gestation). Mean concentrations of particulate matter with an aerodynamic diameter of less than 2·5 μm (PM2·5), less than 10 μm (PM10), and between 2·5 μm and 10 μm during pregnancy were estimated at maternal home addresses with temporally adjusted land-use regression models, as was PM2·5 absorbance and concentrations of nitrogen dioxide (NO2) and nitrogen oxides. We also investigated traffic density on the nearest road and total traffic load. We calculated pooled effect estimates with random-effects models.

Findings

A 5 μg/m3 increase in concentration of PM2·5 during pregnancy was associated with an increased risk of low birthweight at term (adjusted odds ratio [OR] 1·18, 95% CI 1·06—1·33). An increased risk was also recorded for pregnancy concentrations lower than the present European Union annual PM2·5 limit of 25 μg/m3 (OR for 5 μg/m3 increase in participants exposed to concentrations of less than 20 μg/m3 1·41, 95% CI 1·20—1·65). PM10 (OR for 10 μg/m3 increase 1·16, 95% CI 1·00—1·35), NO2 (OR for 10 μg/m3 increase 1·09, 1·00—1·19), and traffic density on nearest street (OR for increase of 5000 vehicles per day 1·06, 1·01—1·11) were also associated with increased risk of low birthweight at term. The population attributable risk estimated for a reduction in PM2·5 concentration to 10 μg/m3 during pregnancy corresponded to a decrease of 22% (95% CI 8—33%) in cases of low birthweight at term.

Interpretation

Exposure to ambient air pollutants and traffic during pregnancy is associated with restricted fetal growth. A substantial proportion of cases of low birthweight at term could be prevented in Europe if urban air pollution was reduced.」



日本では「微小粒子状物質による大気の汚染に係る環境基準について」(平成21年9月9日 環告33)によって,「 1年平均値が15μg/m3以下であり、かつ、1日平均値が35μg/m3以下」と定められています.世界保健機関(WHO)の 「1年平均値が10μg/m3以下で,1日平均値が25μg/m3以下」という指針より緩やかです.

「環境基本法第16条第1項の規定による微小粒子状物質による大気の汚染に係る環境上の条件につき人の健康を保護する上で維持することが望ましい基準(以下「環境基準」という。)及びその達成期間は、次のとおりとする。

第1 環境基準

1 微小粒子状物質に係る環境基準は、次のとおりとする。
1年平均値が15μg/m3以下であり、かつ、1日平均値が35μg/m3以下であること。

2 1の環境基準は、微小粒子状物質による大気の汚染の状況を的確に把握することができると認められる場所において、濾過捕集による質量濃度測定方法又はこの方法によって測定された質量濃度と等価な値が得られると認められる自動測定機による方法により測定した場合における測定値によるものとする。

3 1の環境基準は、工業専用地域、車道その他一般公衆が通常生活していない地域又は場所については、適用しない。

4 微小粒子状物質とは、大気中に浮遊する粒子状物質であって、粒径が2.5μmの粒子を50%の割合で分離できる分粒装置を用いて、より粒径の大きい粒子を除去した後に採取される粒子をいう。

第2 達成期間

 微小粒子状物質による大気の汚染に係る環境基準は、維持され又は早期達成に努めるものとする。」



谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-10-27 04:01 | 医療