弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2013年 11月 30日 ( 2 )

兵庫県立柏原病院,胃切除手術でガーゼ遺残事故(報道)

毎日新聞「医療ミス:県立柏原病院、胃切除手術で 体内ガーゼ取り忘れ」(2013年11月21日)は,次のとおり報じました.

「県は20日、丹波市の県立柏原病院が同市の70代男性に胃の切除手術をした際、体内に入れたガーゼを取り忘れるミスがあったと発表した。再度開腹して取り出し、男性に後遺障害はないという。

 県病院局企画課によると、男性は胃がんのため、8月22日に胃の切除手術を受けた。その際、脾(ひ)臓の裏側に30センチ四方のガーゼ3枚を入れたが、ともに30代の担当医と看護師が取り忘れたまま手術を終えた。放射線技師がレントゲン画像を見て気付き、約1時間後に再手術をして、ガーゼを除去した。

 病院から10月に報告があった。同課はガーゼの数え方に誤りがあったなどして、遺残物の確認を徹底するとしている。【山口朋辰】」


数え違えはあり得ることです.確認が必要です.
このようなシンプルな医療事故は,確認を怠りさえなければ,容易に防止することができるはずです.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-11-30 06:38 | 医療事故・医療裁判

11月30日,医療過誤原告の会シンポジウム 「医療事故調査制度(公平・透明性・再発防止)設立を願って」

「医療過誤原告の会」の第22回総会記念シンポジウムが,本日,下記の通り開催されます.

日時 11月30日(土)13:30~16:30

場所 全労連会館ホール(東京・御茶ノ水、JR御茶ノ水駅徒歩8分)

内容 
1 医療事故被害報告

古川實氏 (熊本 医療事故被害者遺族・医師)
柴田清吾氏 (千葉 医療事故被害者遺族・医師)
大沼美喜子氏(東京 死因究明モデル事業体験・遺族)

2 講演 

勝村久司氏(産科医療補償制度運営委員・医療事故被害者遺族)
「産科医療補償制度の現状と意義・展望」

永井裕之氏(日本医療安全調査機構運営委員・医療事故被害者遺族)
「死因究明モデル事業の実績を制度化に活かすために」

3 シンポジウム 「医療事故調査制度(公平・透明性・再発防止)設立を願って」

シンポジスト 勝村久司氏、永井裕之氏、古川實氏、柴田清吾氏、大沼美喜子氏
コーディネーター 宮脇正和氏(医療過誤原告の会・会長)

参加費 無料、 事前申し込み 不要

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-11-30 06:25 | 医療事故・医療裁判