弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2014年 01月 21日 ( 3 )

医療問題弁護団,レーシック被害ホットラインで日本眼科学会の指針違反の例など129件(報道)

読売新聞「「角膜削りすぎ」も…レーシック被害、129件」(2014年1月20日)は,次のとおり報じました.

「レーザー照射で視力を矯正するレーシック手術を巡り健康被害の訴えが相次いでいる問題で、昨年12月、被害相談ホットラインを開設した医療問題弁護団への相談が129件に上ったことがわかった。

 ドライアイや目の痛みなど通常の手術でも起こりうる合併症が多かったが、日本眼科学会の指針に違反する可能性がある「過矯正」の苦情も3割近く(35件)に上り、弁護団で調査を進めている。

 「過矯正」は、角膜を削りすぎて近視を必要以上に矯正すること。遠視や疲労感などの弊害につながり、学会指針では矯正の限度基準を定めているが、それを超えた手術が行われた可能性がある。相談者の受診先は特定の医療機関に集中しており、ほぼ半数が同じ医療機関で手術を受けていた。」


この件については,電話03-5698-8544医療問題弁護団事務局)へ


 弁護士 谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-01-21 10:57 | 医療事故・医療裁判

スタンバイにした人工呼吸器の開始忘れ事故で,看護師に罰金50万円の略式命令(報道)

読売新聞「人工呼吸器停止、患者が重体…看護師を略式起訴」(2013年12月19日)は,次のとおり報じました.

「茨城県日立市城南町の日立総合病院で2008年、入院中の男性患者(当時76歳)が、人工呼吸器の酸素供給を止める「スタンバイモード」にされたまま放置されて意識不明の重体となる事故があり、日立区検が女性看護師(32)を業務上過失傷害罪で略式起訴したことがわかった。

 男性は事故の約2か月後に死亡した。起訴は17日付。

 起訴状などによると、看護師は08年12月31日、心臓疾患で入院していた男性の気管にたまった痰(たん)を除去する際、人工呼吸器をスタンバイモードに切り替えたまま退室し、約40分間放置したために心停止させ、低酸素脳症の傷害を負わせたとされる。

 男性が急に意識不明となり、亡くなったことを不審に思った遺族が09年4月、日立署に相談。県警が今年2月、業務上過失致死容疑で書類送検したが、検察は「死亡との因果関係までは問えない」と判断した。捜査関係者によると、看護師は調べに対し、「以前から日常的にスタンバイモードに切り替えていたが、この日は戻すのを忘れた」と話しているという。」


毎日新聞「呼吸器操作ミス:日立総合病院の看護師に罰金50万円略式命令」 (2013年12月25日)は,次のとおり報じました.

「日立市城南町の日立総合病院で2008年、男性患者(当時76歳)の人工呼吸器を止めたまま放置し、低酸素脳症を負わせた事件で、日立簡裁(織田啓三裁判官)は、業務上過失傷害罪で略式起訴された女性看護師(32)に罰金50万円の略式命令を出した。命令は18日付。【玉腰美那子】」


医療事故情報収集等事業医療安全情報No.37「スタンバイにした人工呼吸器の開始忘れ」(2009年12月)は,「スタンバイ」のまま患者に人工呼吸器を装着したため換気されなかった事例が4件報告されていたとのことです.

「事例1
患者は自発呼吸をサポートするために人工呼吸器(Servo i)を装着していた。看護師Aは、患者の体位を変えるため、人工呼吸器のモードを「オン」から「スタンバイ」に切り替え、看護師Bと共に患者の体位を変えた。その後、看護師Aは、人工呼吸器のモードを「スタンバイ」から「オン」に切り替えず退室した。しばらくして、看護師Aが患者の病室に入ると、人工呼吸器による換気が行われていなかった。

事例2
患者はトイレに行くため、一時的に人工呼吸器(Servo i ユニバーサル)をはずし、経鼻的な酸素投与に切り替えた。その際、看護師Cは、人工呼吸器のモードを「スタンバイ」にした。その後、患者がトイレから戻り、看護師Dは患者に痰の吸引を行い、人工呼吸器を装着した。この時、看護師Dは、人工呼吸器のモードを「スタンバイ」から「オン」に切り替えるのを忘れた。」

再発防止についての総合評価部会の意見は,「人工呼吸器を装着する際、換気が行われていることを胸郭の動きに基づいて確認する。」というものです.

医療に対する刑事罰については,医療行為の萎縮を招く等の理由で消極的意見もあり,議論が絶えませんが,このような事案について刑事罰(罰金)を課すのが医療行為の萎縮を招きそもそも不適切なのか,慎重に検討すべきと思います.

弁護士 谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-01-21 09:52 | 医療事故・医療裁判

医療法人鉄蕉会亀田総合病院、紛失したUSBメモリをカンファレンスルームで発見(報道)

CBニュース 「紛失した患者情報USBメモリ発見-亀田総合病院、院内規定見直しへ」(2014年1月20日)は,次のとおり報じました.

「入院患者約5000人の個人情報が入ったUSBメモリを紛失した問題で、亀田総合病院(千葉県鴨川市)は、再度院内を探したところ、泌尿器科医師のカンファレンスルームでUSBメモリが見つかったと発表した。同病院は、対象者にUSBメモリ発見に関する報告文を郵送するとともに、病院長名で「患者や関係者の皆さまにご心配、ご迷惑をおかけしたことを再度深くお詫び申し上げます」との謝罪文をウェブサイトに掲載した。【新井哉】

 同病院によると、今月7日にUSBメモリの紛失が判明。氏名や入院予定日、疾患名、担当医などの患者情報が入っていたという。紛失事案の公表後も、引き続き院内を探していたところ、14日午後7時ごろ、なくなった場所の可能性が高かったカンファレンスルームでUSBメモリを発見した。

 同病院は、紛失直後に設置した個人情報紛失事故対策委員会で再発防止策などを検討中で、特に私物のUSBメモリが院内に持ち込まれていたことを問題視しているという。発見後も引き続き、同委員会で職員教育の徹底などについて話し合う方針だ。

 紛失の際に設置した相談窓口での対応については、すでにUSBメモリが見つかっていることから、今月末で終了する。同病院は「今後、このようなことがないよう、個人情報保護に関する規定の見直しを実施するとともに、規定順守のための職員教育を徹底する」としている。」


USBメモリが見つかって,よかったですが,これを機会に,有効な再発防止策の策定をお願いしたいと思います.

弁護士 谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-01-21 02:40 | コンプライアンス