弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2014年 02月 06日 ( 3 )

CVS、全米店舗でのたばこ販売を10月までに取り止め

WSJ「CVS、全米店舗でのたばこ販売を10月までに取り止め」(2014年2月6日)は,次のとおり報じました.

「米2位のドラッグストアチェーン、CVSケアマークは5日、全米の店舗で10月までに全てのたばこ製品の販売を中止すると発表した。健康サービスを提供する会社として、たばこ販売はふさわしくないと判断した結果としている。

初期治療医の不足が予想される中、ドラッグストア各社は、単に薬を販売するだけでなく、新たに健康保険に加入した人も含め米国人に基本的な健康サービスを総合的に提供することを目指している。こうした流れを反映したCVSの今回の決断は、同社に取って大胆かつ高くつくものだ。

一方、1000億ドル(約10兆円)市場であるたばこ業界は、販売不振や増税、拡大する禁煙区域と健康被害キャンペーンの新たな高まりに対峙しており、今回の動きは一段の打撃となる。

CVSは今回の決定による今年の減収額について、たばことその関連製品を合わせ約20億ドルに上ると推定している。これは1株あたり0.06〜0.09ドルの減収で、来年からは同0.17ドルとなる計算だ。CVSは年間売上高が1230億ドルを上回り、14年は1株当たり4.36〜4.50ドルの利益を予想している。

ただ、CVSは今回のたばこ販売中止戦略によって、病院や保険会社、医師グループなどとのさまざまな提携関係を構築する上で、同業他社に差を付けられると信じている。処方薬の歴史的な売り上げ減少が続く中で新たな企業像を模索するCVSやウォルグリーンなどのドラッグストアチェーンにとって、こうした提携は極めて重要だ。

CVSは、店舗内にクリニックを開設すれば、将来的には薬剤師の薬販売時のアドバイスとともに、待ち時間が長くなりがちな既存診療所の代わりになりうると期待している。CVS最高経営責任者(CEO)のラリー・マーロ氏はインタビューで、この戦略では店舗カウンターの後ろの棚にたばこや葉巻、噛みたばこ製品が陳列されているのは矛盾する、と説明した。

マーロ氏(58)はもともと薬剤師で2011年にCEOに就任したが、「ヘルスケアを提供する会社にたばこの存在余地はない」とし、「CVSが単なるドラッグストアからヘルスケア会社へ変貌を遂げようとしている中で、これは時宜にかなった正しい決断だ」と述べた。

 今回のCVSの決断は、同業のウォルグリーン、ライトエイド のみならず、小売りチェーン大手ウォルマートにも、同様な措置を迫る圧力となることが予想される。各社とも、より良い健康管理の提供を宣伝して顧客をつかもうとしているためだ。

 また、オバマ大統領も今回のCVSの決定について「影響力の強い前例となる」と指摘、「ガンや心臓疾患などのたばこ関連の病死を減らす現政権の試みを前進させるもので、医療費の節減にもつながる」と称賛した。」


タバコ販売を止めることで,企業イメージがアップし,顧客をつかむことが出来るでしょう.
日本の企業も,タバコの自動販売機を撤去したり,コンビニでのタバコ販売を中止することを考えてもよいと思います.

弁護士 谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-02-06 21:17 | タバコ

京都民医連中央病院,エスラックス静注1バイアルを紛失

京都民医連中央病院のサイトに,2014年2月5日,「手術室でのエスラックス静注50mg/5.0mL(非脱分極性麻酔用筋弛緩剤)1バイアルの紛失について」が掲載されました.

「平成26年2月1日(土)午前8時45分頃、手術室主任が手術室内に保管しているエスラックス静注50㎎/5.0mL(非脱分極性麻酔用筋弛緩剤)の本数を確認したところ、定数より1バイアル不足していることが判明しました。

直ちに院内調査を開始し、該当薬の使用量・在庫量の突合、帳簿類の確認、関係職員29人への聴取等を実施しました。調査の結果、平成26年1月29日(水)9時30分から18時の間に、エスラックス静注50mg/5.0mL(非脱分極性麻酔用筋弛緩剤)1バイアルが不明となっていたことが判明しました。

現時点での調査結果からは、誤って破棄した可能性が高いと考えておりますが、盗難の可能性も完全には否定できないことから、平成26年2月2日(日)午後4時に中京警察署に遺失届を提出いたしました。また平成26年2月3日(月)午前10時に中京保健センターに報告をいたしました。同日に中京警察署と京都市の立ち入り調査を受けました。実行している改善策について確認していただきました。

今回の事案は、毒薬の紛失という重大事態であると認識しており、警察及び行政の捜査及び調査に全面的に協力し、引き続き原因究明をすすめております。また、あらためて当院の薬剤管理のあり方について点検をすすめ、不十分な点についての改善を図り、再発防止に努める所存です。」


エスラックスは,毒薬で,厳重な管理が求められています.
過去にも同種の紛失事故が報道されています.

◆ 過去の報道事例

佐賀大学医学部付属病院で平成22年12月(但し公表は平成23年6月)に1本
独立行政法人国立病院機構名古屋医療センターで平成23年1月に10本
独立行政法人国立病院機構千葉医療センターで平成23年9月に1本
愛知厚生連海南病院で平成23年9月に1本
有田市立病院で平成23年9月に10本
浜松医療センターで平成23年9月に1本
NTT東日本札幌病院で平成23年12月に2本
社会福祉法人恩賜財団済生会熊本病院で平成23年12月に3本
市立室蘭総合病院で平成24年3月に1本
地方独立行政法人福岡市立病院機構福岡市立こども病院・感染症センターで平成24年7月に1本
公益財団法人田附興風会医学研究所北野病院で平成24年7月に5本
熊本大学医学部附属病院で平成24年7月に1本
公立南丹病院で平成24年10月に1本
尾道市公立みつぎ総合病院で平成24年10月に4本
社会医療法人将道会総合南東北病院で平成24年11月に2本
伊賀市立上野総合市民病院で平成25年3月に10本
広島大学病院で平成25年4月に5本
独立行政法人国立成育医療研究センターで平成25年4月に4本
半田市立半田病院で平成25年5月に10本
東京都保健医療公社豊島病院で平成25年6月に3本
奈良市立奈良病院で平成25年6月に1本
長野県厚生農業協同組合連合会佐久総合病院で平成25年10月に1本
京都民医連中央病院平成26年1月に1本


弁護士 谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-02-06 20:51 | 医療事故・医療裁判

村上春樹氏の「ドライブ・マイ・カー」に中頓別町町議が質問状

北海道新聞「村上春樹氏の小説「事実でない」 北海道・中頓別町議が「たばこポイ捨て」で質問状」(2014年2月5日)は,次のとおり報じました.

「月刊誌「文芸春秋」が昨年12月号に掲載した作家村上春樹氏の短編小説「ドライブ・マイ・カー」に、宗谷管内中頓別町ではたばこのポイ捨てを「普通にやっていることなのだろう」という記述があり、同町の町議有志が「町民には屈辱的だ」などとして文芸春秋に質問状を送ることを決めた。

 小説は、主人公の俳優が同町出身の24歳の女性を専属運転手として雇う内容。女性が火の付いたたばこを車の窓から投げ捨てる場面で、主人公の感想として「たぶん中頓別町ではみんなが普通にやっていることなのだろう」と記されている。

 この記述に宮崎泰宗(やすひろ)町議(30)らが反発。質問状で、町の9割を森林が占める中頓別では山火事防止や環境美化の意識が高く、たばこのポイ捨てが少ない現状を説明。町名を載せた理由をただし、「実在の町名を使うなら、住民の暮らしぶりや環境整備の取り組みを取材していただきたかった」と要望した。

 2月中の回答を求め、7日までに内容証明郵便で発送する。」


村上春樹氏の小説「ドライブ・マイ・カー」に,中頓別町出身の運転手渡利みさきが,タバコを窓から捨てた際,(渡利みさきが中頓別町町について一年の半分近く道路は凍結していますと述べたことから)俳優が「たぶん中頓別町ではみんなが普通にやっていることなのだろう」という感想をもった,という趣旨の描写があります.
これについて,中頓別の町議が問題にしたわけです.
中頓別町でタバコポイ捨てがみんなが普通にやっっていることというのは,作中の俳優の感想にすぎません.
この町議の対応はいかがなものでしょうか.

北海道新聞「村上春樹氏「ポイ捨て」修正 北海道・中頓別の有志が納得 「町に足運んで」と返信」(2014年2月19日) は、次のとおり報じました.

「【中頓別】月刊誌「文芸春秋」が昨年12月号に載せた村上春樹氏の短編小説「ドライブ・マイ・カー」の中の、宗谷管内中頓別町ではたばこのポイ捨てを「普通にやっていることなのだろう」とした記述に同町の町議有志が反発し、文芸春秋に質問状を送った件で、同社から回答書が届いた。有志はこれに納得し18日、「回答書のお礼」と題した文書を同社に送り、決着した。

 村上氏は既に7日、この件を「心苦しく、残念」とし、単行本収録の際は「町名を変える」などとする見解を発表。10日付の同社からの回答書は、この見解全文を記した上で「付け加えることはありません」とした。

 これに対し、町議有志は、回答に感謝し「(村上氏に)迅速かつ誠意あるご対応をいただいた」「(中頓別に)足を運んでいただけたら幸いです」などとする文書を発送した。」



弁護士 谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-02-06 08:26