弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2014年 02月 20日 ( 1 )

八戸市立市民病院,試験に合格したが免許登録しない臨時職員がリハビリを実施していた

読売新聞「免許無登録で医療行為 臨時職員を免職」(2014年2月20日)は,次のとおり報じました.

「国家試験には合格したものの、国に免許登録をしないで理学療法士として医療行為を行っていたとして、八戸市立市民病院は19日、男性臨時職員(26)を18日付で懲戒免職処分にしたと発表した。

 同病院によると、昨年5月に男性を臨時職員として採用した際、国家試験の合格通知は確認したが、免許証の写しの提出がなかった。これまでに6回催促したが、「見つからない」「再交付申請をしたが、まだ届かない」などと繰り返していたという。今年1月中旬に病院が直接厚労省に確認したところ、試験には合格していたが免許登録をしていない事がわかった。

 男性は約8か月間、患者に歩行訓練や筋力訓練などのリハビリを行ってきたが、勤務態度は良好で、患者の評判もよかった。男性は「試験に合格すれば、申請は遅れても問題ないと思っていた」と説明したという。

 同病院の工藤朗事務局長は「信頼を大きく損なう行為で、深くおわびする」とし、今後は採用時に免許証原本の提示を求め、確実な資格確認を行うという。」


理学療法士及び作業療法士法第3条は「理学療法士又は作業療法士になろうとする者は、理学療法士国家試験又は作業療法士国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。」と定めています.
病院は,採用時に資格を確認すべきでしょう.

患者は,理学療法士だと思ってリハビリを受け,病院から請求された診療費用を病院に支払っていたわけですが,無資格者の行為ですから本来請求すべき性格のものではありません.診療費用の返還が問題になるのではないか,と思います.また,病院のこの臨時職員に対する損害賠償も検討されるべきではないか,と思います.

弁護士 谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-02-20 07:48 | 医療