弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2014年 02月 28日 ( 2 )

武田薬品の降圧剤カンデサルタン(ブロプレス),グラフが論文と宣伝で異なる

毎日新聞「降圧剤:武田薬品の宣伝に論文と別グラフ…京大病院調査へ」(2014年2月28日)は,次のとおり報じました.

 
「武田薬品工業の降圧剤カンデサルタン(商品名ブロプレス)の効果を調べた京都大、大阪大などのチームによる臨床試験について、論文のグラフと同社が宣伝に引用した際のグラフが異なっているとの専門家の指摘があり、京都大病院が調査することが分かった。

 田村憲久厚生労働相は28日の閣議後の記者会見で「状況を確認し、適切に対応したい」と話した。

 疑問点を指摘する京都大病院の由井芳樹医師の意見が、25日付の米医学誌ハイパーテンション(電子版)に掲載された。この試験は、患者約4700人を2グループに分け、カンデサルタンと別の降圧剤とで脳卒中発症などの影響を比較し、「発症抑制効果に差はなかった」などと結論付けた。2006年に学会発表し、08年に同誌で発表された。

 由井医師によると、この試験が同社の薬の宣伝に使われた際、論文にあるグラフとは異なるグラフが引用されていた。由井医師は「試験は一つなのにグラフが複数あるのは不自然。宣伝に使ったグラフの方が、持続して病気を抑える効果があるように見える」と話す。

 武田薬品は「研究チームから提供されたグラフをそのまま使った」と説明している。同社は試験の中心となった京都大EBM研究センターに07年度以降、計約6億円を提供していた。【河内敏康、八田浩輔】」


由井芳樹医師は,2012年4月,ランセット誌に,バルサルタン投与群の血圧の平均値・標準偏差と比較対照群の血圧の平均値・標準偏差が試験終了時に奇妙に一致していることを指摘した医師です.
カンデサルタンについても,バルサルタン問題と同様の展開をみせる可能性があります.

【追記】
NHK「武田薬品 薬品宣伝問題で謝罪」(2014年3月3日)は,次のとおり報じました.

「大手製薬会社「武田薬品工業」が、高血圧治療薬の臨床研究の結果を宣伝広告に使った際、データが一部書き換わり、臨床研究の結果と異なる内容の宣伝が行われていた問題で、3日、「武田薬品工業」が会見し、誤解を与える宣伝だったとして謝罪しました。

この問題は、「武田薬品工業」の高血圧の治療薬「ブロプレス」が、狭心症や脳卒中をどのくらい抑えられるかを調べた臨床研究の結果を、平成18年ごろ薬の宣伝広告に使った際、一部データが書き換わっていたほか、複数の専門家が解説する形で「ブロプレス」をより長期に使うと狭心症などになる割合が減っていくなどと、臨床研究の結果と異なる宣伝をしていたものです。
「武田薬品工業」の長谷川閑史社長らは3日会見し、臨床研究の結果と異なる宣伝をしていたことについて事実を認め、誤解を与える内容だったとして謝罪しました。
一方、データが書き換わっていた点については、会社としてはデータにはアクセスできないため、改ざんしたりねつ造したりしたことはないと述べました。
武田薬品工業は、さらに第三者機関による調査を行い、詳しい事実関係を公表したいとしています。
長谷川社長は「不適切な点があったことを深く反省しおわび申し上げます」と述べました。」



弁護士 谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-02-28 23:28 | 医療

厚労省、医師・歯科医師34人に対し免許取り消し業務停止等の処分(報道)

毎日新聞「厚生労働省:医師行政処分34人 免許取り消しは4人」(2014年02月27日)は、次のとおり報じました.

「厚生労働省は27日、刑事事件で有罪判決が確定するなどした医師と歯科医師計34人の行政処分を発表した。医師免許取り消しは4人で、うち3人は診療中や診療を装い患者にわいせつな行為をした医師。残り1人は精神疾患を理由に取り消された。発効は3月13日。【桐野耕一、遠藤拓】

 ◆行政処分者

 当時の所属医療機関の所在地、医療機関名、氏名、年齢、処分理由の順(敬称・呼称略)。精神疾患を理由にした免許取り消し処分を除く。

 ◇免許取り消し
岩手県釜石市、××病院、××××(53)強制わいせつなど
▽埼玉県和光市、××病院、××××(31)準強制わいせつ
▽東京都足立区、×クリニック、×××(52)準強制わいせつ

 ◇医業停止3年
横浜市、×立大付属××××医療センター、×××××(41)麻薬取締法違反
▽栃木県下野市、××××大医学部、××××(45)覚せい剤取締法違反
▽大津市、××××大付属病院、××××(37)強制わいせつ
▽東京都荒川区、××××××大×医療センター、×××××(34)詐欺
▽神奈川県横須賀市、××医院、××××(71)詐欺など
▽東京都板橋区、×××歯科医院、××××(58)詐欺など
▽愛媛県砥部町、××歯科医院、××××(60)詐欺など

 
 ◇医業停止2年
宮崎市、××歯科×××クリニック、××××(54)傷害

 ◇医業停止1年
東京都新宿区、××メディカルサロン、××××(50)医師法違反
▽東京都世田谷区、×××××病院、××××(49)傷害など
▽栃木県小山市、××××病院、××××(52)業務上過失傷害
▽栃木県壬生町、××××大、×××××(51)自動車運転過失傷害など
▽那覇市、×××クリニックなど、×××(54)公務執行妨害など

 ◇医業停止6カ月
福岡市、××メンタルクリニック、×××(61)健康保険法に基づく検査の拒否

 ◇医業停止3カ月
大分市、×立病院、××××(31)業務上過失致死
▽三重県鈴鹿市、××××××病院、××××(28)岐阜県青少年健全育成条例違反
▽千葉市、××大付属病院、××××(42)迷惑防止条例違反
▽山形県鶴岡市、××××クリニック、×××(64)相続税法違反
▽静岡市、×××歯科医院、×××××(61)道交法違反など
▽愛媛県新居浜市、×××歯科、××××(56)診療報酬不正請求
▽同、×××デンタルオフィスなど、×××(57)同
▽愛媛県今治市、××歯科医院、××××(57)同
▽愛媛県宇和島市、××歯科クリニック、××××(68)同
▽和歌山市、××クリニック、××××(49)同
▽北九州市、××歯科医院、××××(56)同

 ◇医業停止2カ月
千葉県野田市、××××クリニック、××××(67)自動車運転過失傷害など

 ◇医業停止1カ月
埼玉県東松山市、×××歯科クリニック、××××(35)自動車運転過失傷害など
▽高知市、××病院、×××(41)窃盗

 ◇戒告
栃木県下野市、××××大付属病院 ××××(43)業務上過失傷害
▽愛知県蒲郡市、××病院、×××(40)犯人隠避」


msn産経「医師、歯科医師34人を処分 免許取り消しは4人」(2014年2月28日)は、次のとおり報じました.

「厚生労働省は27日、刑事事件で有罪が確定するなどした医師、歯科医師計34人に対する免許取り消しや業務停止などの行政処分を決めた。同日、医道審議会の答申を受けた。発効は3月13日。

 免許取り消しは4人で、未成年の患者に対する強制わいせつ罪などで懲役4年が確定した××××医師(53)、いずれも患者への準強制わいせつ罪で有罪が確定した××××医師(31)、×××医師(52)のほか、精神疾患が理由の医師1人。

 手術で左右の腎臓を取り違えて摘出したとして業務上過失傷害罪で罰金刑が確定した××××医師(52)が業務停止1年。このほか、医師法違反や覚せい剤の使用、診療報酬の不正受給などで医師17人と歯科医師10人を業務停止(3年~1カ月)とした。××医師の補助をした医師と、無免許運転の容疑者をかくまった医師の2人は戒告にした。」


医療事故との関係では、左右の腎臓を取り違えて摘出し業務上過失傷害罪で罰金刑が確定した小山市民病院の医師が医業務停止1年に処せられています.業務上過失傷害も、場合によっては、このように医業停止事由となります.
××県立病院の医師が,業務上過失致死罪で医業停止3カ月,××××大学付属病院の医師が業務上過失傷害罪で戒告となっています.
医療過誤は多いですが,行政処分の対象とあるものはごくわずかです.


弁護士 谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-02-28 06:01 | 医療