弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2014年 05月 30日 ( 1 )

磐城共立病院、ガーゼ置き忘れ事故(報道)

福島中央テレビ「腹部にガーゼ 磐城共立病院で医療ミス」(2014年5月30日)は、次のとおり報じました.)

「いわき市の総合磐城共立病院で、おととしの手術の際に、女性患者の腹部にガーゼを置き忘れる医療ミスがあったことがわかった。
総合磐城共立病院によると、おととしの8月、市内の60代の女性が医師から腫瘍を取り除く手術を受けたあと、下痢や吐き気が続いたため、去年の3月に、市外の別な病院で検査を受けた。
その結果、腹部に異物があることがわかり、手術をしたところ、放置されたガーゼが出て来た。
共立病院は医療ミスを認めて女性に謝罪し、慰謝料など340万円を支払うことで示談を進めているという。
新谷史明院長は「再発防止に取り組みたい」とコメントしている。」


ガーゼ遺残事故はなかなかなくなりません.賠償金額は、症状があるときとないときで異なります.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-05-30 23:22 | 医療事故・医療裁判