弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2014年 07月 10日 ( 2 )

日本高血圧学会が設置した「臨床試験に関わる第三者委員会」の2委員がノ社から1500万円受領

赤旗「降圧剤不正ノバ社 第三者委員らに1500万円 臨床試験検討 産学なれ合い深刻」は,次のとおり報じました.

「ノバルティスファーマ社の高血圧治療薬ディオバンの臨床試験のねつ造データによる論文不正が刑事事件となっています。こうしたなか、製薬企業のカネと臨床研究や試験のあり方を考えるために日本高血圧学会が設置した「第三者委員会」の委員ら2人が、委員会が設置された直後にノバルティス社から計1500万円の寄付を受けていたことが8日、本紙の調べでわかりました。製薬企業と研究者との関係を議論する当事者への寄付は、産学のなれ合いの深刻さを示しています。(矢野昌弘)

 高血圧学会が2013年4月に設置した「臨床試験に関わる第三者委員会」は、京都府立医科大学のディオバン論文不正の発覚を受けたもの。第1回会合が同月26日に行われ、5月13日に報告書をまとめています。

 本紙が情報公開で入手した資料によると、委員とオブザーバー計7人のうち、委員の××××大阪大学大学院教授(高血圧学会理事)が第1回会合直後の4月30日にノバ社から1000万円の奨学寄付を研究室あてに受けています。12月には、さらに300万円。

 オブザーバーで参加した高血圧学会の△△△△理事長(愛媛大学大学院教授)は、同年8月に200万円の寄付をノバ社から受け取りました。

 寄付の時期は、ディオバンの臨床試験を行った5大学にノバ社が計11億円余の寄付をしたことが判明し、研究の公平性に疑念があがった時期です。

 第三者委員会がまとめた報告書は、「寄付者が企業である場合には、なんらかの見返りやアカデミアとのコネクションの構築に利用される可能性があり」としつつも、企業から奨学寄付金を受けることは「問題がない」と結論づけています。

 情報公開資料によると、これらを含めて△△理事長は07年度から13年度で計3700万円、××教授は09年度から13年度に2700万円の寄付をノバ社から受けています。

 △△、××の両氏は、医学情報誌にたびたび登場し、ディオバンを高く評価していました。

 本紙の取材に対して「ノバルティス社に関して、現在、世間をにぎわせている状況であり、関連するであろう事案についてコメントすることは差し控えたい」(大阪大学)などとして、両氏から回答を得られませんでした。

■ディオバンをめぐる動き

【2013年】

3月   京都府立医大の試験にノバルティス社社員が関与し、1億円を寄付の報道

4月26日 第三者委員会が第1回会合

4月30日 ××教授の研究室にノバ社が寄付1000万円

5月13日 第三者委員会が報告書

7月   府立医大がデータ操作認める

8月9日 5大学へ11億円余のノバ社の寄付が判明

8月12日 ノバ社が△△理事長に寄付200万円

11月   薬害オンブズパースンが東京地検にノバ社を告発

12月   ノバ社が××教授の研究室に寄付300万円

 高血圧治療薬のデータ操作事件 他の薬より脳卒中や狭心症を防ぐ効果が優れていると誇大に宣伝したとして、薬事法違反の容疑でノバルティス社の元社員が6月、東京地検特捜部に逮捕された事件。逮捕された元社員がデータ解析を担当した京都府立医大など5大学の論文は、データ操作の疑いが浮上し、4大学が論文を撤回しました。」


研究者と製薬企業の関係は,自浄作用が期待できないところまできているようです.
法的な規制が必要なのではないでしょうか.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-07-10 07:59 | コンプライアンス

孤独のグルメSeason4

テレビ東京の「孤独のグルメ」のSeason4が始まりました.
Season4まで続くとは,さすがテレ東です.

松重豊さんが,あまりにもおいそうに食べるので,つい夜食を作りたくなる危険な番組です.
Season4第1話は,「東京都清瀬市のもやしと肉のピリ辛イタメ」で,定食屋の壁に貼られたメニューは壮観でした.もやしと肉のピリ辛イタメ以外にも何品も注文し,高カロリー食を完食した上に,田舎スパゲティにも気持ちを残します.

今回のゲストは,壁ドンの志賀廣太郎さんと時効警察のふせえりさんでした.存在感のある渋い人選です.
次回は,「中央区銀座の韓国風天ぷらと参鶏湯ラーメン」です.
また,見てしまいそうです.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-07-10 06:52 | 趣味