弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2014年 07月 31日 ( 1 )

新看護方式PNSでインシデント減少

岩手日報「2人1組で患者担当に手応え 県立宮古病院で発表会」(2014年7月31日)は,次のとおりじました.


「宮古市の県立宮古病院(佐藤元昭院長、293床)は30日、新人看護師の育成や安心・安全な看護の実践を目的とする新看護方式PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)の導入発表会を開いた。看護師が2人一組のパートナーを組んで業務を行うことで、ミスの減少や患者の満足度向上へ寄与する同システムのメリットなどを説明した。

 発表会は同病院で開かれ、県内の看護学校教員や学生ら約20人が現場を見学した。PNSは福井県の福井大医学部付属病院が開発。宮古病院は昨年10月から導入し、今年1月に全病棟に拡充した。234人の看護師が主に日勤で実践する。

 同病院によると東北地方の病院で本格的に導入したのは初のケース。PNSの導入前は1人の看護師が6人程度の患者を受け持ち、経験により状況判断に差が生じた。導入後は2人の看護師が10人程度の患者を受け持ち、情報共有を図りつつバイタルチェックや点滴などの業務を行っている。

 導入に伴い、適切な処置が行われないと医療事故につながりかねない事例(インシデント)も減少。情報共有の徹底により、ナースコールの減少や超過勤務の軽減などの効果も見られたという。」


1人の看護師が6人の患者を受け持つより,2人の看護師が10人の患者を受け持つほうが安心と思います.
テレビドラマや映画でみる刑事は2人一組で行動しますし,学級には担任と副担任がいますし,パイロットも操縦士と副操縦士がいます.PNSは看護水準の向上にも役立つと思います.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-07-31 19:25 | 医療事故・医療裁判