弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2014年 10月 08日 ( 2 )

登米市民病院の不適切麻酔で刑事告訴(報道)

河北新報「「不適切麻酔で意識障害」女性が医師告訴」(2014年10月8日)は,次のとおり報じました.

「登米市民病院(登米市迫町)で手術中に不適切な麻酔をされ、重い意識障害を負ったとして、同市の主婦(73)が7日までに、業務上過失致傷の疑いで、男性麻酔科医=石巻市=を宮城県警佐沼署に告訴し、同署が受理した。病院は調査委員会を設置して麻酔科医のミスが原因と判断したが、公表していない。
 告訴状によると、麻酔科医は2013年6月20日、自宅玄関先で転んで右手首を骨折した主婦の骨を固定する手術を担当。人工呼吸器(麻酔器)の操作を誤った上に気管挿管に失敗し、主婦を低酸素脳症に陥らせた業務上過失致傷の疑いがあるとしている。
 病院は手術の3週間後に調査委を設け、ことし2月に報告書をまとめた。(1)麻酔科医が麻酔器の始業点検で外した部品を戻し忘れ、酸素が漏れた状態で麻酔薬を投与した(2)酸素を送るチューブを食道に挿入した-の二つの過失が原因だったと結論付けたが、これまで明らかにしていない。
 病院側は「医療事故の公表基準がなく、主婦の家族の心情に配慮して公表を控えた。麻酔科医が告訴されたことについては事実関係を把握しておらず、コメントできない」と説明している。
 主婦は低酸素脳症により自力での移動や食事、会話などができず、現在も入院している。成年後見人に選任された弁護士が告訴状を提出した。
 麻酔科医は東北大病院(仙台市青葉区)からの派遣で、非常勤だった。」


本件にかぎらず,一般に刑事告訴の是非については議論があるところでしょう.
弁護士によって考え方は分かれるでしょうが,私は,原則として刑事告訴は行いませんが,きわめて悪質なケースでは行うこともないではありません.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-10-08 09:48

「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」の策定で意見対立

日刊薬業「監査規定で意見食い違い、事務局が調整へ  臨床・疫学の統合指針案」(201410月7日 )は,次のとおり報じました.

「厚生労働省と文部科学省は7日、臨床研究と疫学研究の両倫理指針を統合した新たな「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」の策定に向けて合同会議を行った。パブリックコメントに基づき加筆・修正する最終確認を行い、指針案についておおむね了承したが、監査の規定を削除するよう求める意見が上がるなど、意見の相違や認識の不一致も浮上した。このため、事務局は「監査」の表現や書きぶりについて、福井次矢委員長(聖路加国際病院長)らと調整を行う方向だ。・・・」

田代志門委員(昭和大研究推進室講師)が指針案の監査の規定を全て削除するべきと主張し,門脇孝委員(東京大医学部付属病院長)は監査を消したら新指針は骨抜きになってしまうと監査に関する規定の必要性を述べたとのことです.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-10-08 09:35 | 医療