弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2014年 10月 21日 ( 2 )

医師からパワハラで,准看護師2人に続いて事務職員も提訴(報道)

スポニチ「医師からパワハラと提訴 女性事務員「脳みそが小さい」背中を蹴られ骨折」(2014年10月20日)は,次のとおり報じました.

 「勤務していた鳥取市の医院で、男性医師から日常的に暴力などのパワハラを受けたとして、30代の女性事務職員が20日までに、医師に慰謝料など計約850万円の損害賠償を求め、鳥取地裁に提訴した。

 この医師に対しては、女性准看護師2人も同様の訴訟を起こしている。3人はいずれも医院を辞めた。

 訴状によると、事務職員は2007年から勤務。医師から「脳みそが小さい」「幼稚園児並み」などと暴言を浴びせられたほか、11年5月には、背中を後から蹴られ胸の骨を折る重傷を負い、心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断された。

 医師の弁護士は「医師と話していないので、コメントできない」としている。」


 これが事実とすれば,刑法の傷害罪にもあたるでしょう.

 
谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-10-21 23:59 | コンプライアンス

KKR札幌医療センター、残業未払い数億円

北海道新聞「KKR札幌医療センター、残業未払い数億円 労基署が是正勧告 対象700人、道内最高額か」(2014年10月21日)は,次のとおり報じました.

「札幌市豊平区の総合病院KKR札幌医療センター(赤坂嘉宣院長)が医師や看護師ら職員に残業代などの割増賃金を支払っていなかったとして、札幌東労働基準監督署から9月上旬、是正勧告を受けていたことが分かった。同センターは支払いに応じる意向。未払い額はまだ確定していないが、対象者は退職者を含めた職員700人以上と規模が大きく、道内でこれまで割増賃金未払いの最高額だった1億3493万円を上回り数億円に達する見込みだ。

 KKR札幌医療センターでは2012年12月、札幌の女性看護師=当時(23)=が自宅アパートで自殺。遺族が今年1月下旬、長時間労働でうつ状態に陥ったのが原因だとして札幌東労基署に労災申請した。労災は認められなかったが、女性看護師に残業代が支払われていない疑いが出た。このため同労基署が臨時検査を行ったところ、職員が使うICカードに記録される出退勤時刻と実際に所属部署に申し出て記入する残業時間との食い違いが発覚。未払いが病院全体に広がっている可能性があるとして9月4日、是正勧告した。」


このような違法な労働環境は是正されねばなりません.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-10-21 17:25 | 医療