弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2014年 10月 22日 ( 2 )

米研究,動物への抗生物質投与が伝染性病原菌の拡散を助長している可能性を示唆

AFP「動物への抗生物質投与、サルモネラ菌の感染を助長か 米研究」(2014年10月22日)によると,「抗生物質を動物に投与すると、サルモネラ感染症の症状を悪化させる可能性がある上、一部では投与しない場合よりも多くの菌を拡散させる原因となる恐れがあるとのマウス実験結果をまとめた研究論文が20日、米国科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences、PNAS)に掲載された。」とのことです.

スタンフォード大医学部のデニス・モナック(Denise Monack)准教授(微生物学・免疫学)は,抗生剤投与が「えり抜きの抗生物質耐性菌を作り出しているだけでなく、家畜の健康を損ない、家畜および人間の間での伝染性病原菌の拡散を助長している可能性について検討する必要がある」と指摘しています.

動物への抗生剤の予防的投与は一般的ですが,それは,かえって危険な行為なのかもしれません.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-10-22 23:45 | 医療

ホワイトハウス,変異ウイルス設計に関わる全ての研究中止を要請

ギズモード「米政府、変異ウイルスを用いた研究を実質禁止に」(2014年10月22日)は,次のとおり伝えました.

「ホワイトハウスは2014年10月17日付けで、変異ウイルス設計に関わる全ての研究の資金をカットすることを決めたと発表しました。

変異ウイルスを作る研究は、アメリカ国内ではさほどポピュラーではありませんでした。ですが、機能獲得型の突然変異の研究はウィルスが自然界でどのように進化していくのかを予想するのに役立っていました。

しかしこの研究は高い危険性も伴うとされています。その理由は単純明快。自然界にはない新たな機能を獲得したウィルスが、ラボから逃げてしまうかもしれないからです。また、近年でも、天然痘入りのガラス瓶を謝った場所に置いてしまった等のミスは多数報告されており、ヒューマンエラーの起こりやすさというのも理由になりそうです。それに、誰かが故意に持ち出すなんてことも考えられます。

米科学技術政策局のウェブサイトに投稿された声明によれば、この決定はインフルエンザ・SARS・MERSに関わる機能獲得型ウィルスの研究者を対象としているそうです。しかし、それ以外の研究者にも、彼らの資金源がいかなるところであれ、自発的に研究をやめるように命じています。生体医療研究資金の最大手である連邦政府の命令とあっては、従うほかはなさそうです。

今のところ、バイオセキュリティ国家科学諮問委員会と全米研究評議会がこれに関わる研究のリスクと利点についてレヴューする予定です。その上で、ホワイトハウスが最終的な判断を1年以内に発表することになっています。」


Doing Diligence to Assess the Risks and Benefits of Life Sciences Gain-of-Function Research
Posted by bfried on October 17, 2014 at 03:30 PM EDT

Following recent biosafety incidents at Federal research facilities, the U.S. Government has taken a number of steps to promote and enhance the Nation’s biosafety and biosecurity, including immediate and longer term measures to review activities specifically related to the storage and handling of infectious agents.

As part of this review, the White House Office of Science and Technology Policy and Department of Health and Human Services today announced that the U.S. Government is launching a deliberative process to assess the potential risks and benefits associated with a subset of life sciences research known as “gain-of-function” studies. With an ultimate goal of better understanding disease pathways, gain-of-function studies aim to increase the ability of infectious agents to cause disease by enhancing its pathogenicity or by increasing its transmissibility.

Because the deliberative process launching today will aim to address key questions about the risks and benefits of gain-of-function studies, during the period of deliberation, the U.S. Government will institute a pause on funding for any new studies that include certain gain-of-function experiments involving influenza, SARS, and MERS viruses. Specifically, the funding pause will apply to gain-of-function research projects that may be reasonably anticipated to confer attributes to influenza, MERS, or SARS viruses such that the virus would have enhanced pathogenicity and/or transmissibility in mammals via the respiratory route.

During this pause, the U.S. Government will not fund any new projects involving these experiments and encourages those currently conducting this type of work – whether federally funded or not – to voluntarily pause their research while risks and benefits are being reassessed. The funding pause will not apply to the characterization or testing of naturally occurring influenza, MERS, and SARS viruses unless there is a reasonable expectation that these tests would increase transmissibility or pathogenicity.

The deliberative process will involve two distinct but complementary entities: the National Science Advisory Board for Biosecurity (NSABB) and the National Research Council (NRC) of the National Academies.

The NSABB will serve as the official Federal advisory body for providing advice on oversight of this area of dual-use research, in keeping with Federal rules and regulations. The NSABB will meet on October 22, 2014, to debate the issues and begin the process of developing recommendations.

Early-on in the deliberative process, the NRC will be asked to convene a scientific symposium focused on the issues associated with gain-of-function research. The NRC will also hold a second symposium later in the deliberative process, which will include a discussion of the NSABB’s draft recommendations regarding gain-of-function research.

The NSABB, informed by discussion at the NRC public consultations, will provide recommendations to the heads of all federal entities that conduct, support, or have an interest in life sciences research. The final NSABB recommendations as well as the outcomes of the NRC conferences will inform the development and adoption of a new U.S. Government policy regarding gain-of-function research.

The broader life-sciences community will be encouraged to provide input through both the NRC and NSABB deliberative processes. The funding pause will end when the U.S. government has adopted a Federal policy regarding gain-of-function studies on the basis of the deliberative process described above, which is expected to occur 2015.

研究者のミスのため変異が起き・・・というのが恐怖映画の定番ですが,現実のウイルス変異研究のリスクは大きすぎますの,絶対的に安全な管理が保障できない限り研究中止もやむをえないのはないか,と思います.とく,に米疾病対策センター(Centers for Disease Control and Prevention)で炭疽菌を不活性化する適切な手順が取られなかったため,職員75人炭疽菌に被曝したという出来事があったのですから.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2014-10-22 23:15 | 医療