弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2015年 01月 08日 ( 1 )

熊本赤十字病院,労働基準監督署からの是正勧告に基づき約700人に未払い残業代支給

読売新聞「700人に残業代未払い 熊本赤十字病院に是正勧告」(2015年1月8日)は,次のとおり報じました.

 「熊本赤十字病院(熊本市東区長嶺南)が、職員に適正な残業代を支払っていなかったとして、熊本労働基準監督署から是正勧告を受けていたことが、わかった。勧告は昨年4月21日付。同病院は全職員の半数にあたる約700人に残業代の未払い分を支給したが、未払い分の総額は明らかにしていない。

 同病院によると、昨年4月に労基署が労務状況を調査した際、事務職や看護職を中心とした職員について、支払われた残業代と実際に病院にいた時間に食い違いが発覚した。不払いがあったとして勧告を受けた期間は2012年4月~14年3月の2年間。同病院は未払い額を調べたうえで昨年12月、1人あたり数千~約100万円の未払い分を一括支給し、同労基署に是正報告書を提出した。

 同病院人事課は「職員から申請のあった残業代は支払っていたが、実際の残業時間と隔たりがあった。残業時間を把握し、適正な労務管理に努めたい」としている。」


職員の約半数にあたる700人について残業代の未払いがあったというのですから,残業把握・計算の方法自体に問題があったのではないでしょうか.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-01-08 22:19 | コンプライアンス