弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2015年 02月 12日 ( 3 )

富士市立中央病院,乳がんを疑わせる悪性所見を見逃し800万円賠償へ(報道)

TNC「<富士市>中央病院検査、がん見落としで賠償へ」(2015年2月12日)は,次のとおり報じました.
 
「富士市は10日、市立中央病院が女性患者(51)のがん検査で悪性所見を見落としたとして、800万円の賠償金を支払うと発表した。2月定例会に関連議案を提出する。

 同病院によると、女性は2007年10月、右乳房の腫瘍を自覚し外来を受診。医師は、細胞検査などの結果、経過観察と伝えた。12年11月の定期検査で乳がんを疑わせる悪性の所見が認められ、病院が過去の記録を精査したところ、07年の診断で見落としていたと判明した。病院は女性に謝罪。女性は県立総合病院で治療を受け、現在再発などはみられないという。【高橋秀郎】」


 検査で,乳がんを疑わせる悪性所見(カテゴリー3)を見逃したら,注意義務違反(過失)が認められると考えるべきでしょう.2007年の時点で見つかっていれば,2012年から治療を始めるのとは異なった経過をたどったと考えられます.再発がないなど,具体的な身体的損害が認定できなくても,上記の事情のもとでは,一定金額の賠償が相当です.乳がんを疑わせる悪性所見の見落としの場合,いろいろなケースがありますが,800万円は平均的な賠償金額です.

  谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-02-12 18:50 | 医療事故・医療裁判

兵庫県立塚口病院,点滴漏れで皮膚が壊死した事案で700万円和解へ(報道)

神戸新聞「乳児の点滴漏れ事故和解へ 兵庫県、700万円支払い」 は,次のとおり報じました.

兵庫県病院局は12日、県立塚口病院(尼崎市)で1990年に起きた医療事故について、患者だった尼崎市内の20代女性に解決金700万円を支払い和解すると発表した。16日開会の県議会定例会に議案を提出する。

 同局によると同年11月、女性は当時生後3日で消化管出血のため治療中、点滴の針がずれて薬が漏れ、右手の甲や手首に水疱ができ、皮膚の一部が壊死した。女性はその後、皮膚移植などを行ったが、現在もあざが残っているという。

 女性は昨年7月、神戸地裁尼崎支部に損害賠償を求める訴訟を起こし、同11月に同支部が和解を勧告していた。当時の塚口病院では約4時間ごとに点滴を点検していたが、漏れに気付いたのが約8時間後と遅かった点などを踏まえ、同局は「病院側の過失は明らか」と判断し和解を決めたという。(金井恒幸)」


点滴漏れによる壊死は過失が明白です.
医療裁判の3分の2は和解で終わります.
訴訟前の示談交渉で解決できるのがさらによいですが.

  谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-02-12 14:22 | 医療事故・医療裁判

群馬大学病院,肝臓の腹腔鏡手術第1例目の患者死亡の顛末(報道)

読売新聞「群大病院、肝不全状態で再入院させず…翌日死亡」(2015年2月12日1111119は,次のとおり報じました.

「群馬大学病院第二外科(前橋市)で肝臓の腹腔(ふくくう)鏡手術を受けた患者8人が死亡した問題で、うち1人の70代の患者が退院約1週間後に病状を悪化させて死亡していたことがわかった。」
「同科は2010年12月、肝臓の腹腔鏡手術を導入したが、関係者によると、最初の手術を受けたのがこの患者だった。手術から約3週間後、腹水がたまるなど肝不全とみられる症状があったが、正月を控えた年末でもあり、病院側は患者を退院させた。
 ところが、まもなく容体がさらに悪化し、翌11年の正月休み中に同病院の救急外来を受診。その際、手術を執刀した男性医師はおらず、当直医が対応。腹水がたまり、血液検査の数値もよくなかったが緊急入院させることはなく簡単な処置をして帰宅させた。翌朝、患者は自宅で重体に陥り、群馬大病院に救急搬送されたが、死亡が確認された。」


 手術のみならず,術後の管理にも問題があるようです.

  谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-02-12 04:40 | 医療事故・医療裁判