弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2015年 03月 31日 ( 2 )

山形市,救急車を出動させなかった事案について1500万円で裁判上の和解(報道)

朝日新聞「「救急車来ず、息子死亡」 山形市、母と和解 研修も」(2015年3月30日)は,次のとおり報じました.

「山形市で山形大学2年の大久保祐映(ゆうは)さん(当時19)が死亡したのは、119番通報をしたのに救急車が出動しなかったためだとして、母親が市に約1億円の損害賠償を求めた訴訟は30日、山形地裁で和解が成立した。市が原告に和解金1500万円を支払うことや、市がこの件を教訓として救急救命体制を整備していくことで合意した。また、職員研修のカリキュラムにこの件を取り入れることも盛り込まれた。

 母親は和解について、「祐映と同じような目に遭う人が二度と現れないよう強く願うばかりです」などとコメントを寄せた。

 訴状などによると、大久保さんは2011年10月、一人暮らしの自宅アパートから「体調が悪い」と119番通報し、救急車を要請した。だが、山形市消防本部は近くの病院にタクシーで行くよう促し、救急車を出動させなかった。大久保さんはその9日後、自室で遺体で発見された。」


NHK「119番通報の学生死亡 遺族と市が和解」(2015年3月30日)は,次のとおり報じました.

「山形地方裁判所は去年12月に和解を勧告し、30日、大久保さんの母親と山形市の市川昭男市長が出席して3回目の協議が行われました。
双方の弁護士によりますと、この中で、山形市が裁判所が示した案に従い、1500万円の解決金を支払うことやこの事例を消防職員の研修に取り入れ、教訓として生かすことなどを条件に和解が成立したということです。
大久保さんの母親は「『和解』は終わりではなく、これからも山形の救急体制が改善されていくかを見つめ続けます。同じような目に遭う人が二度と現れないよう強く願います」というコメントを出しました。」
「和解成立を受けて、原告側の藤木孝男弁護士は記者会見で「若い命が失われることが二度と起きないよう救急搬送体制を改善し、山形市から全国の消防本部に教訓として伝えてほしい」と述べました。
藤木弁護士によりますと、遺族は亡くなった祐映さんの写真を持って協議に臨み、冒頭、山形市の市川昭男市長が「今回のことを教訓として重く受け止めて改善策をきちんと実行したい」と述べたのに対して、母親はうなづいていたということです。
山形市の市川市長は記者会見で「すべての市民が不安を抱くことがないよう救急医療体制の整備や、消防職員の技術の向上に努めたい」と述べました。」


河北新報「<山大生死亡訴訟>遺族と市の和解が成立」(2015年3月31日)は,次のとおり報じました.

「ただ市長らの会見に関しては、内容をテレビで見たという原告弁護団長の藤木孝男弁護士が「何を教訓にし何をするのか見えない。あまりにも情けない会見だった」と、異例の追加コメントを発表した。市の態度は、原告側には最後まで誠実でないと映った。」


報道で知る範囲からですが,救急車不出動の判断が不適切であることは立証でき,ただ出動していれば救命できたという高度の蓋然性までは立証されていない事案(相当程度の可能性までは立証できている事案)で,裁判所が1500万円の和解勧告を行い,裁判上の和解が成立した例と思います.

軽症例でも常に救急車を出動させなければ違法というわけではありませんが,救急車出動・不出動の判断が不適切な場合,責任追及の余地があることが示されたとみてよいでしょう.なお,もし救急車搬送体制が整備されていないために出動判断が慎重になったとすれば,救急車搬送体制整備を怠った行政の責任が考えられるでしょう.

9日後に自室で遺体で発見された事案なので,救急車不出動と死亡との間の因果関係は推測になりますので,裁判所は相当程度の可能性にとどまると判断したと思います.相当程度の可能性でも1500万円で和解勧告がなされ和解が成立した事案とみるべきでしょう.


 谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-03-31 06:50

第三者検証委員会,千葉県がんセンターの腹腔鏡手術の死亡11例中10例に問題ありの報告

千葉県がんセンター11死亡例を検証していた第三者検証委員会は,2015年3月30日,千葉県に,11例中10例に問題があったとの報告書案を提出しました.

朝日新聞「千葉県がんセンターの腹腔鏡手術、倫理審査委諮らぬ例も」(2015年3月30日)は,次のとおり報じました.
 
 「難度が高く保険適用外の手術が少なくとも7例あったが、事前に安全性などを確認する倫理審査委員会に諮られなかった」
 「再発防止策として、倫理審査や手術前の検討体制の強化などを提言。また、検証委は2007~13年度にセンターで行われた膵(すい)頭十二指腸を切除する腹腔鏡手術の死亡率は6・2%で、日本外科学会調査による平均2・5%より高く、センター内の開腹手術の約15倍だったことも明らかにした。」


NHK「千葉県がんセンター10人の手術に問題」(2015年3月30日)は,次のとおり報じました.

「検証委員会が30日公表した報告書によりますと、調査対象の患者11人のうち10人について、手術方法の選択や手術中の対応などに問題があったと指摘しています。
また問題が指摘された10人のうち7人の患者については同じ男性医師が担当し、このうち平成25年1月に行われた74歳の男性の手術について、「本来必要のない静脈の切除が行われたことなどが死亡につながった。難しい手術にもかかわらず、腹くう鏡を使って行うという判断に問題があった」と指摘しています。
また、同じ医師が担当し平成24年9月に行われた76歳の女性の手術については、「出血した際に、腹くう鏡を使った止血にこだわり、適切な対応が遅れた」と指摘しています。
報告書では、がんセンターで行われたすい臓の一部や十二指腸を切除する手術のあと在院中または30日以内に死亡した率が腹くう鏡を使って行った場合、腹を開く開腹手術よりおよそ15倍高かったことも明らかにしており、腹くう鏡を使った手術のリスクが浮き彫りになったと指摘しています。
そして、難しい手術を病院内の倫理審査委員会に諮らずに行ったことや、患者への説明が不十分だったことも問題だとしています。」


 このように,術前・術中・術後の問題が指摘されています.
 医師は,標準的な医療を逸脱して,独善的な医療行為を行ってはなりませんし,もし仮にそのような医療行為を行おうとする医師がいれば,グループで治療にあたっている医師が止めなければなりません.医師と病院の問題がどこまで解明され,改善されるのか,注目したいと思います.

【追記】

千葉県がんセンターにおける腹腔鏡下手術の死亡事例に係る第三者検証委員会報告書(平成27年7月15日)」ご参照

 
 谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-03-31 00:02 | 医療事故・医療裁判