弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2015年 07月 03日 ( 2 )

倉敷中央病院,手術ミスに因る重度障害事案で6300万円を支払い介護に責任をもつ内容で和解(報道)

朝日新聞「手術ミスを訴えた訴訟で和解」(2015年7月2日)は,次のとおり報じました.
 
「心臓手術のミスで寝たきりになったとして、愛媛県西条市の男性(62)と家族が倉敷中央病院を経営する公益財団法人大原記念倉敷中央医療機構に約1億2千万円の損害賠償を求めた訴訟で、1日、岡山地裁(曳野久男裁判長)で和解が成立した。男性側の弁護士によると、病院側が和解金6300万円を支払い、男性の介護に責任を持って対応することなどが条件。同病院は「和解内容についてコメントは差し控えさせていただく」としている。」

本件は私が担当したものではありませんが,おそらく2014年3月に手術スタッフのミスで人工心肺の栓が開いていたため動脈に空気が混入して重度の脳梗塞を引き起こし寝たきりの状態になった事案でしょう.過失と因果関係が明らかで,和解内容からは過失と因果関係を前提とするものと考えられます.
病院はコメントを差し控えるとのことですが,例えば本件を教訓に今後このような事故が起きないよう再発防止に努めるというコメントをだしたほうが,病院の誠意が感じられたのではないかと思います.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-07-03 02:39 | 医療事故・医療裁判

善玉,悪玉

ドラマでは,善玉,悪玉がはっきりしているほうが視聴者の共感を得やすいのですが,現実世界は,善玉,悪玉がはっきりしているわけではありません.

従来どちらかというと悪玉よりの扱いだったBacteroides属細菌は,肥満者の腸内に少ないこと(Bacteroides属細菌が少ないと肥満につながりやすいこと)が報告され,他方,従来善玉菌の扱いだったLactobacillus属の乳酸菌やBiffidobacterium属のビフィズス菌が,肥満,血糖値上昇をもたらす,ということが知られるようになりました.
そこで,Bacteroides属細菌が難消化糖類を利用して生育することから,最近では,フラクトオリゴ糖,発酵食品,酵素ドリンク等がブームになっています.消費者庁が先月クックパッドに「酵素ジュース」のレシピを掲載し,食中毒の恐れがあると指摘され,即日削除する,ということもおきました.
しかし,腸内細菌のバランスが大事なのであって,健康食品・ドリンクに多くを期待するのは,どうなのでしょうか.健康食品・ドリンクの有効性と安全性についてのエビデンスが不足しているように思えるのですが....


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-07-03 00:25 | 日常