弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2016年 04月 06日 ( 2 )

精神科・神経科の専門病院でインフルエンザA型集団感染し患者3人が死亡(報道)

時事通信「インフル院内感染で3人死亡=准看護師ら原因-静岡」(2016年4月5日)は,次のとおり報じました.

「静岡県河津町の河津浜病院(奥脇和夫院長)は5日、2月に入院患者23人と職員5人がインフルエンザA型に集団感染し、60代~70代の男性患者3人が死亡したと発表した。3月にも入院患者8人と職員1人が同B型に集団感染したが、重症者はいないという。
 同病院によると、2月初めにインフルエンザに感染した女性准看護師が夜勤を行ったのが原因で、胸部大動脈瘤(りゅう)など重度の症状を抱えていた患者3人が同月21~27日、急性肺炎の合併症を起こし死亡した。 
 感染は3月22日に一度終息したが、その後、男性看護助手を通じ入院患者8人がB型に感染。患者の隔離や投薬などの対応を行っているという。」



中日新聞「インフル集団感染、3人死亡 河津町の病院」(2016年4月6日)は,次のとおり報じました.

「河津町川津筏場の河津浜病院で二~三月、入院患者と職員の計二十八人がインフルエンザに集団感染し、うち六十~七十代の男性患者三人が死亡したことが分かった。病院が五日公表した。

 病院と県賀茂保健所によると、感染したのは三十~八十代の入院患者二十三人と職員五人。二月八日に女性職員が最初にインフルエンザA型の診断を受けた。死亡したのは、六十三歳の男性が二月二十一日、七十二歳の男性が同二十三日、七十八歳の男性が同二十七日、いずれも急性肺炎で死亡した。院内感染で拡大したとみられる。病院が県に三人死亡を報告したのは、A型の院内流行が終わったと判断した三月二十二日だった。

 河津浜病院は精神科・神経科の専門病院。五日現在で入院患者は百五十九人、職員は百三人に上る。現在は患者・職員計九人がインフルエンザB型の診断を受けているが、重症者はいない。病院の担当者は「報告と公表が遅れ、申し訳ない。院内感染の対応マニュアルの見直しを検討したい」と話した。」



このような精神科・神経科の専門病院では,患者が自覚症状を訴えるまで待っていたのでは対応が遅れてしまうこともあると思いますので,入院患者の健康チェックが重要です.

施設内にインフルエンザウイルスが持ち込まれないようにすることが重要ですので,施設の従業員は,日頃から健康管理につとめ,インフルエンザ様症状を呈した場合には症状が改善するまで就業を控えることも必要でしょう.

本件で,インフルエンザに罹患した患者に対し良質かつ適切な医療の提供ができていたか,蔓延防止のために必要な措置がすみやかにできていたか,再発防止のために調査が必要でしょう.



谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-04-06 22:59 | 医療事故・医療裁判

千葉県がんセンター,体内に医療用ガーゼを残すミス(報道)

西日本新聞「手術後患者の体内にガーゼ 千葉県がんセンター、非公表」(2016年4月6日)は2時00分 に
「千葉県がんセンター(千葉市)で昨年12月、腎がんの手術を受けた60代女性が、今年2月に再びセンターを訪れて腹痛や嘔吐などを訴え、体内に医療用ガーゼが残っていたため摘出手術を受けていたことが5日、関係者への取材で分かった。女性は腸閉塞になった可能性があるが、命に別条はないという。

 センターは既に、県に医療事故として報告しているが、摘出手術から約2カ月たっても公表されていない。県の担当者は共同通信の取材に「患者側と相談し、今後発表したい」と回答。センター側は「担当者が不在で分からない」としている」

と報じました.

NHK等も同日朝,同様のニュースを流しました.

同日,千葉県がんセンターは,謝罪会見を行いました.

日本テレビ「ガーゼ体内に…レントゲン検査で発見できず」(2016年4月6日)は,次のとおり報じました.
 
「去年12月、千葉県がんセンターで、患者に手術を行った際、体内にガーゼを残すミスがあったことがわかった。

 千葉県がんセンターによると、去年12月、60代の女性に腎臓がん摘出の腹腔鏡手術を行った際、体内に医療用ガーゼを残すミスがあったという。手術の翌日には、レントゲン検査を行ったが発見できなかったという。今年2月、女性が腸閉塞になり検査したところ体内でガーゼが見つかったということで、病院はガーゼの取り残しが腸閉塞の原因になった可能性があるとしている。ガーゼはすでに取り除かれ、女性は現在、回復傾向にあるという。

 千葉県がんセンターでは7年前にも同様のミスを起こしていたが、公表しておらず、さらに2014年までに腹腔鏡手術を受けた患者11人が手術後、短期間で死亡するなど問題が相次いで発覚している。

 千葉県がんセンター・永田松夫病院長「腹腔鏡下での死亡事故が相次いで起こった。現場の中で浸透した改革の意識なり、本当の意味の対策がまだまだだと反省している」

 千葉県がんセンターは、再発防止に取り組むとしている。」


TBS「体内からガーゼ取り忘れ、千葉県がんセンター謝罪」(2016年4月6日)は,次のとおり報じました.
   
「腎臓がんの手術を受けた女性の体内に医療用ガーゼを残す医療ミスが発覚した千葉県がんセンターが、6日に会見し、謝罪しました。

 「心よりおわび申し上げます」(千葉県がんセンター)

 千葉県がんセンターなどによりますと、去年12月、腎臓がんで腹腔鏡手術を受けた60代の女性が、今年2月に腹痛などの症状を訴えたため、検査したところ、体内に医療用ガーゼが残っていることがわかりました。女性は腸閉塞を起こしていて、摘出手術を受けたところ、体内から長さ15センチ、幅3センチのガーゼが取り出されました。命に別状はないということです。

 千葉県がんセンターは、腸閉塞とガーゼの因果関係はわからないとしていますが、体内に残ったガーゼで炎症反応が起きていたことがわかりました。ガーゼは腎臓の周りを見やすくするために入れたもので、担当医が1枚取り除くのを忘れたということです。

 千葉県がんセンターをめぐっては、腹腔鏡を使った手術を受けた患者が11人死亡したり、検査結果を取り間違えて、直ちに手術の必要がない乳がん患者の乳房を切除したりするなど、問題が相次いでいます。(06日16:28)」


腸閉塞とガーゼ残置との因果関係は不明としていますが,ガーゼ1枚でも腸閉塞になり得ます.
腸閉塞についての責任を認めるべきではないでしょうか.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-04-06 21:52 | 医療事故・医療裁判