弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2016年 05月 08日 ( 2 )

沈まぬ太陽

元日本航空の反会社側組合の労働組合委員長小倉寛太郎氏をモデルとする、山崎豊子氏の「沈まぬ太陽」がドラマ化され、本日午後10時からwowowで放送されるとのことです.
映画は渡辺謙氏(恩地元役)と三浦友和氏(行天四郎役)でしたが、ドラマは上川隆也氏(恩地元役)と渡部篤郎氏(行天四郎役)です.どのように演じるか、興味があります.
ただ、喫煙シーンが多いと興ざめして見られませんし、ドラマ全20話はとても長いので、見るか見ないか悩みます.
ちなみに、小倉寛太郎氏は肺癌で亡くなっています.

谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-05-08 07:54 | 日常

Medical error—the third leading cause of death in the US

AFP「医療ミス、米国で死因3位 研究」(2016年5月5日)は、次のとおり報じました.


「医療ミスが米国における死因の3位になっているとの研究結果が、3日の英医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)に掲載された。

 研究によると、2013年に、回避可能なミスにより死亡した人は少なくとも25万人に上った。この人数は、脳卒中とアルツハイマー病を合わせた死亡者数よりも多く、また、毎年それぞれ約60万人の死亡の原因とされる心臓疾患とがんに続き3番目に多い。

 また、この人数には介護施設や通院患者は含まれておらず、これらを含めると医療ミスによる死亡はさらに多くなるという。

 研究結果をまとめた論文の主著者で米ジョンズホプキンス大学医学部(Johns Hopkins University School of Medicine)のマーティン・マケリー(Martin Makary)教授は「バクテリアや心臓疾患だけが死因ではない。人はコミュニケーションの失敗、医療の細分化、診断ミス、過剰投薬などによっても死亡する」と述べた。

 マケリー教授は「これらを合わせると米国の死因3位になる」と続け、世界の保健問題において報告が実際より最も少ないのが医療ミスだと付け加えた。過去の研究によると、医療ミスによる死亡者は推計で年間25万~44万人に上る。」


Medical error—the third leading cause of death in the US

Medical error is not included on death certificates or in rankings of cause of death. Martin Makary and Michael Daniel assess its contribution to mortality and call for better reporting

The annual list of the most common causes of death in the United States, compiled by the Centers for Disease Control and Prevention (CDC), informs public awareness and national research priorities each year. The list is created using death certificates filled out by physicians, funeral directors, medical examiners, and coroners. However, a major limitation of the death certificate is that it relies on assigning an International Classification of Disease (ICD) code to the cause of death.1 As a result, causes of death not associated with an ICD code, such as human and system factors, are not captured. The science of safety has matured to describe how communication breakdowns, diagnostic errors, poor judgment, and inadequate skill can directly result in patient harm and death. We analyzed the scientific literature on medical error to identify its contribution to US deaths in relation to causes listed by the CDC.2

Death from medical care itself
Medical error has been defined as an unintended act (either of omission or commission) or one that does not achieve its intended outcome,3 the failure of a planned action to be completed as intended (an error of execution), the use of a wrong plan to achieve an aim (an error of planning),4 or a deviation from the process of care that may or may not cause harm to the patient.5 Patient harm from medical error can occur at the individual or system level. The taxonomy of errors is expanding to better categorize preventable factors and events.6 We focus on preventable lethal events to highlight the scale of potential for improvement.

The role of error can be complex. While many errors are non-consequential, an error can end the life of someone with a long life expectancy or accelerate an imminent death. The case in the box shows how error can contribute to death. Moving away from a requirement that only reasons for death with an ICD code can be used on death certificates could better inform healthcare research and awareness priorities.



日本で、医療ミスによる死亡がどれくらいあるのかを調査したら、どのような結果になるのでしょうか.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-05-08 01:19 | 医療事故・医療裁判