弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2016年 10月 01日 ( 1 )

厚生労働省,医師歯科医師30人を行政処分

毎日新聞「厚労省:タレント女医は医業停止3年 30人を行政処分」(2016年9月30日)は, 次のとおり報じました.

「厚生労働省は30日、医師と歯科医師計30人の行政処分を発表した。免許取り消しは1人で、女性従業員に健康診断を装い、わいせつな行為をした準強制わいせつで有罪判決を受けた×××眼科・歯科(東京都千代田区)の××××医師(69)。また、「タレント女医」として知られ、診療報酬を不正受給した詐欺で有罪判決を受けた××クリニック(東京都目黒区)の×××××医師(37)は、医業停止3年とされた。14日に発効する。【山田泰蔵】

 医業停止1年以上の処分者は次の通り。(当時の所属医療機関の所在地、医療機関名、氏名、年齢、処分理由。敬称・呼称略)

 <免許取り消し>
東京都千代田区、×××眼科・歯科、××××(69)準強制わいせつ

<医業停止3年>
東京都世田谷区、×××××病院など、××××(35)麻薬取締法違反など
▽大阪府吹田市、××大病院、××××(35)麻薬取締法違反
▽東京都目黒区、××クリニックなど、××××(37)詐欺
▽前橋市、××大病院、××××(42)器物損壊など
▽勤務先なし、×××(63)詐欺

<医業停止2年>
札幌市、×××皮膚科クリニック、××××(61)医師法違反
▽岡山市、×××××病院、×××(40)岡山県迷惑行為防止条例違反
▽名古屋市、××××××××××××××病院、××××(42)収賄

<医業停止1年>
札幌市、×××大病院××××、(33)不正アクセス禁止法違反など
▽愛知県豊川市、××歯科医院、××××(46)大麻取締法違反
▽名古屋市、×××歯科、××××(54)同」


詐欺は,診療報酬請求事件です.タレント医師のオフィシャルブログをみると,今はカープ女子のようです.(広島カープの選手はイケメン若手が多いからでしょう).
器物損壊は,元愛人の車に塗装剥離剤をかけた事件です.
医師法違反は,アートメークの関係です.
収賄は,勤務先で担当した透析が必要な患者を他院に転院させ金銭を受け取りバンド活動にあてたものです.医師としては優秀だったと報じられていました.
不正アクセス禁止法違反は,ヤフーメールに女性研修医のIDとパスワードを入力しなりすましメールを男性医師におくり下半身の画像で男性医師の名誉を毀損しようとした事件です.

行政処分を受けるのは,このように刑事処罰が行われた事案に限られています.
刑事処分の多くは,医師としての能力自体とは直接的な関係はありませんが,医業停止以上の処分をみるかぎり,医師としてそのまま仕事を続けさせるのはどうか,という事案と思われます.
他方,民事裁判で医療過誤が認定されたなかに,医師としての能力自体に疑問が示唆されるケースもあるでしょうが,行政処分は行われません.民事の過失は損害の適正な分配のための要件であって,刑事の過失のような非難可能性とは別ですので,刑事で業務上過失致死罪で処罰されない限り,行政処分を検討する必要はないのでしょう.



谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2016-10-01 04:20 | コンプライアンス