弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2016年 10月 22日 ( 1 )

医療問題弁護団10月20日の解決事件報告会

10月20日に,医療問題弁護団の解決事件報告会で,私と馬場望先生で担当した事件の判決について話をさせていただきました。その要点は,以下のとおりです.

私は,控訴審から相談を受けたので,調査の時間がなかったのですが,記録を一読して,受任しました.
医療事件に不慣れな弁護士が原審を担当したので,やり残したことが多くありました.
医学文献の記載には根拠があり,根拠となった調査に直接あたることが重要で,その調査が古い場合でも,それ以降の調査がないときは,立証に使える証拠となります。この件でも,調査報告の文献は,有力な証拠でした.
多くの医師から示唆に富む意見をいただいたことは,大変有益でした.
医療側の代理人が辣腕弁護士で,また担当裁判官の心証が厳しい状況が続いていましたが,最後まで粘り強く立証活動を続けたことが,勝訴の原因と思います.



谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-10-22 11:10 | 医療事故・医療裁判