弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2016年 11月 05日 ( 2 )

東京大学医科学研究所,別の教授のES細胞研究の論文にも不正疑惑(報道)

b0206085_110325.jpg
東京大学は,9月20日,6研究室が発表した22本の論文に捏造やデータ改ざんなどの疑惑が指摘された問題で,予備調査の結果,調査委員会による本格的な調査に入ると発表していましたが,今回は,それとは別の教授の論文にも不正疑惑があり,調査委員会を設置すると発表しました.

読売新聞「東大新たに論文不正か…細胞研究、調査委設置へ」(2016年 11月5日)は,次のとおり報じました.

「東京大は4日、同大医科学研究所の男性教授らが執筆した科学論文1本の内容に疑義を示す告発が寄せられたとして、調査委員会の設置を決めた。

 1日には、実験データを示す画像に不自然な加工があることなどを理由に、掲載雑誌が論文の撤回を発表している。東大は学外の有識者を交え、原則150日以内に不正の有無を判断する。

 東大は今年9月、医学・生命科学系の別の教授らによる論文計22本についても調査委の設置を決めており、所属研究者による研究不正の疑いへの対応に追われている。

 関係者によると、医科研の論文は2011年に海外の科学誌に掲載されたES細胞(胚性幹細胞)の性質に関する研究で、今年10月までに2度の告発が東大や文部科学省に寄せられた。東大は告発内容を精査した結果、調査委による関係者の聞き取りや資料・実験データの検証が必要と判断した。」




谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-11-05 18:35 | 医療

11月5日午後1時30分,患者の権利法をつくる会ら共催「みんなで動こう『医療基本法』IIさらなる集い」

シンポジウム「みんなで動こう『医療基本法』IIさらなる集い」
 
11月5日(土)午後1時30分~4時30分
明治大学駿河台キャンパスリバティータワー地下一階1001教室。
患者の声協議会、H−PAC、患者の権利法をつくる会共催

b0206085_107487.jpg




谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-11-05 09:28 | 医療事故・医療裁判