弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2016年 11月 25日 ( 4 )

さいたま市立病院,救急搬送患者に適切な処置を行わなかった事案で約1億3985万円支払和解へ(報道)

b0206085_0222927.jpg
埼玉新聞「後遺症の男性、さいたま市立病院を提訴 1・4億円賠償で和解へ」(2016年11月25日)は,次のとおり報じました.

「低酸素脳症を発症して後遺症が残ったのは適切な処置を怠ったためとして、さいたま市立病院(さいたま市緑区三室)を運営する同市を相手取り東京地裁に損害賠償請求訴訟を起こしていた元入院患者との和解案に合意し、市が和解金約1億3985万円を支払う議案を提案することが25日、分かった。30日開会の市議会12月定例会に提案する。

 同病院庶務課によると、原告は2009年8月24日に同病院で低酸素脳症を発症した浦和区の30代男性。男性は20代だった同年8月13日に救急搬送されて同病院に入院した。11日後の24日に低酸素脳症を発症。同課は治療の経過や「後遺症が残った」こと以外を公表していないが、原告側は「病院が適切な処置を取らなかった」と主張し、同市に対し約2億3722万円の損害賠償を求め、14年5月に民事提訴していた。

 市側は争っていたが、同地裁が今年8月に提案した和解条項案に今月7日に合意した。市側は過失の有無についての認識を一切示さず、市立病院は「医療行為中に起きたことで、後遺症が残ったことに対し遺憾に思っている」とコメント。今回の和解について、清水勇人市長は25日の定例会見で「誠に遺憾。今後起こらないよう、しっかり対応していきたい」と述べた。」


この報道の件は,私が担当したものではありません.
約1億4000万円を支払っての和解ですから,過失と因果関係が認められる事案です.市は,直裁に過失を認め謝罪すべきと思います.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-11-25 23:33 | 医療事故・医療裁判

豊橋市民病院,整形外科医が誤って神経を切断した事案で4189万円支払和解へ(報道)

b0206085_0364511.jpg
毎日新聞「医療過誤 豊橋市民病院、男性側と賠償支払いで合意」(2016年11月25日)は,次のとおり報じました.

「愛知県豊橋市民病院は25日、2014年に男性患者(当時47歳)の左膝骨折を治療する手術をした際、誤って神経を切断したことを明らかにした。男性は左足に後遺症が残った。同病院は男性側と損害賠償金4189万円を支払うことで合意、関連議案を28日開会の市議会に提出する。

 同病院によると、男性は13年12月、左膝を骨折し、患部をボルトとプレートで固定する手術を受けた。約1年後にボルトなどを外し、膝が動くようにする手術をした際、20代の整形外科医が誤って神経を切断した。男性は翌日、神経にまひの症状が見られたため、リハビリを続け、1週間後に退院。その後も症状が改善しないため、別の病院で受診し、神経の切断が判明した。

 男性は15年6月に神経の移植手術を受けたが、足首をうまく動かせず、歩行が不自由な状態という。」

 同病院の黒釜直樹事務局長は「医師の手術の修練を重ね、再発防止につなげたい」と話した。【石塚誠】」


この報道の件は,私が担当したものではありません.
手術手技による障害について不可避の合併症のであるという主張がなされることがありますが,整形外科医による神経切断は一般に十分注意すれ回避可能なことが多いでしょう.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-11-25 23:30 | 医療事故・医療裁判

小牧市民病院,救急搬送患者の急性肺血栓塞栓による死亡事案で1700万円支払い和解へ(報道) 

b0206085_0281698.jpg
毎日新聞「医療過誤 小牧市民病院が和解 遺族に賠償金 /愛知」(2016年11月25日)は,次のとおり報じました.


 「小牧市は24日、同市民病院で医療過誤があり、30代男性が急性肺血栓塞栓(そくせん)症で死亡したとして、遺族に1700万円を支払うことで和解したと発表した。

 同市によると、男性は2014年10月24日、意識を失って同病院に救急搬送され、心臓内の右心室の壁に肥大が見られたが、緊急性はないと判断された。」


この報道の件は,私が担当したものではありません.肺塞栓症に特異的な症状はありません.意識消失は肺塞栓症の症状の1つですので,意識消失の原因疾患の1つとして肺塞栓症を疑って検査を行うことが重要です.心エコーの右心室壁の肥大所見があったのですから,肺塞栓症の疑いが高いと判断すべきことになるでしょう.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-11-25 23:29 | 医療事故・医療裁判

名古屋地裁平成26年11月25日判決,中津川市民病院の誤診で9774万円支払いを命じる(報道)

b0206085_0143145.jpg
毎日新聞「誤診でまひ 中津川市民病院側に賠償命令 名古屋地裁」(2016年11月25日)は,次のとおり報じました.

「病院の誤診で下半身にまひが残ったとして、岐阜県恵那市の男性(51)が中津川市民病院を運営する同県中津川市に約2億5000万円の損害賠償を求めた訴訟で、名古屋地裁は25日、市に9774万円の支払いを命じた。朝日貴浩裁判長は、後遺障害の慰謝料や障害がなければ得られたはずの収入などを認めた。」


この報道の件は,私が担当したものではありません.判決ですので,判例雑誌,裁判所サイトなどに載ったら読んでみたいと思います.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-11-25 23:27 | 医療事故・医療裁判