弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2017年 03月 02日 ( 1 )

美容外科クリニックで豊胸手術を受けて死亡した女性の死因,司法解剖で特定できず(報道)

b0206085_9114436.jpg

メーテレ「美容外科手術で女性死亡 医師「手術に問題なかった」(2017年3月1日)は,次のとおり報じました.

「名古屋市中村区の美容外科医院で手術を受けていて死亡した女性について、担当した医師は警察に対し「手術に問題はなかった」という趣旨の説明をしていることがわかりました。

警察によりますと、先月27日、中村区名駅の「東海美容外科クリニック」で、32歳の女性が豊胸手術を受けていたところ意識を失い、その後死亡しました。手術を担当した男性医師は警察に対し「手術自体に問題はなかった」という趣旨の説明をしているということです。警察は遺体の司法解剖をしましたが、死因は特定できませんでした。今後病理検査を行い、アレルギー症状があったかなどについても調べる方針です。」


報道の件は私が担当したものではありません.
司法解剖を行っても死因は除外できても特定できないことがあります.
出血死でないとすると,麻酔薬による呼吸停止等が疑われ,術中のバイタルがどのようなものだったかが問題になるでしょう.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2017-03-02 08:48 | 医療事故・医療裁判