弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2017年 09月 09日 ( 3 )

朝日新聞社説,無痛分娩安全確保へ基準作りを/京都新聞社説/読売新聞社説/山陽新聞社説

2017年9月9日の朝日新聞社説「無痛分娩 安全確保へ基準作りを」は,「安心して赤ちゃんを産めるよう、医療界は全国の実情を調べるとともに、安全確保のための基準作りを急がねばならない。」と述べています.

「お産が大きな病院に集約されてきている欧米と違い、日本ではおよそ半分を診療所が担う。無痛分娩も半数以上は診療所でおこなわれている。

 麻酔を専門で担当する医師を常駐させることが難しい場合、異常時に備え、産科医や看護師、助産師は日ごろからどのような態勢をとるべきなのか、近くの医療機関とどのように連携するかについても、具体的に検討することが欠かせない。

 医師らが正しい知識と技術を習得できる場を整備するとともに、研修などを受けて技量を備えた者を学会で認定し、それが利用者にもわかるようにしておく仕組みも必要だ。

 出産時の妊婦や新生児の死亡率でみると、日本は最も安全にお産のできる国だ。それでもリスクがなくなることはない。麻酔のメリット、デメリットを含め、医師は正確な情報を伝え、妊婦や家族は疑問があれば納得するまで話を聞く。お産に関してもそんな姿勢が大切だ。」


2017年9月⒌日の京都新聞社説「無痛分娩  安心して臨める体制を」は,「医師は合併症などのリスクを十分に説明し、妊婦側もしっかり理解して選択したい。」と述べています.

「総合病院での出産が主流の欧米と違い、日本では小規模な医院やクリニックでの出産が多い。麻酔の専門医が少ない事情もあり、未熟な医師が、母子の容体急変時の救命体制が不十分なまま、世の中のニーズや営利を優先して施術している可能性がある。
 無痛分娩は一般的に、脊髄に近い「硬膜外腔(がいくう)」に細いチューブで麻酔薬を注入する。注入箇所を誤れば、薬が効き過ぎて妊婦が意識を失ったり、母子ともに障害を負ったりすることがある。
 今年1月と5月に相次ぎ亡くなった女性のケースは、それぞれ大阪、神戸のクリニックでの施術後に意識不明になったという。京都では12年と16年に京田辺市の同じ医院で母子が重い障害を負った例が判明。家族が小規模な産科の安全体制に疑問を投げかけている。
 大阪と、12年の京都のケースはそれぞれ業務上過失致死、同傷害の容疑で捜査中だが、国や医学界も過去の事故を詳しく調べ、改善点を洗い出して再発防止につなげねばならない。研修や訓練による個々のスタッフのレベル向上に加え、産科と麻酔科の連携、大病院と診療所の間の緊急時のサポートなどを強化したい。」


2017年8月25日の読売新聞社説「無痛分娩 事故抑止へ問題を洗い出そう」は,「無痛分娩でもレベルアップを図るべきだ。専門医の学会が中心となり、安全に実施するためのガイドラインを策定する必要がある。研修なども増やしたい。診療所で妊産婦の容体が急変した場合に、即座に対応できるよう、大病院との連携体制を強化することも欠かせない。無痛分娩には一定のリスクが伴う。出産する側も、それを認識することが大切である。疑問点や不安な面があれば、医師から十分に説明を受け、納得した上で、出産の方法を選択したい。」と述べています.

2017年08月26日の山陽新聞社説「無痛分娩 安全に実施できる体制を」は,「研究班は無痛分娩の安全な管理体制や研修のあり方などについて検討し、提言をまとめるという。妊産婦が、より安心して無痛分娩を選べる対策を示してもらいたい。」と述べています.

 「欧米では総合病院での出産が一般的だが、日本では小規模な診療所で出産する人も多い。16年度に国内で実施された無痛分娩のうち、半数以上は診療所で行われている。無痛分娩の大半は安全に実施されているようだが、気になるのは医療体制が十分とはいえない施設でも行われていることである。

 神戸市の産婦人科医院で15年9月に無痛分娩で出産した女性と生まれた子どもが重い障害を負ったケースでは、麻酔薬を注入した後、院長は外来診察に行き、女性が呼吸困難に陥った時にそばにいなかった。事故当時、院内の医師は院長1人だったという。女性は意識が戻らないまま、今年5月に死亡した。

 麻酔は麻酔科医でなくても施すことができ、産科医1人の診療所でも無痛分娩は可能だ。だが、麻酔を使う以上はリスクを伴う。経過を十分に観察すべきなのはもちろん、容体急変に備えて、他の医療機関との連携態勢なども整えておく必要がある。」



無痛分娩事故問題についての方向性(実態調査,ガイドライン作り等)は見えてきたように思います.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2017-09-09 15:03 | 無痛分娩事故

重陽の節句

陽数(奇数)の極数が重なる今日9月9日は,重陽の節句です.
陽の極数が重なるのは,陽の気が強すぎて不吉とされていた時代もあったようですが,今は,健康長寿を願う命の節句です.
菊の節句ですので,光琳菊を賞味し,栗ご飯を食べようと思います.
決まった日に決まった物を食べると落ち着きます.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2017-09-09 09:51 | 日常

高山赤十字病院のCT画像の肝腫瘍見落とし事案で注意義務違反を認めた名高判が確定(報道)

b0206085_112888.jpg
朝日新聞「医師の注意義務違反が確定 名古屋高裁判決」(2017年9月8日)は,次のとおり報じました.

「代理人の弁護士などによると、女性はC型肝炎ウイルスを患って通院。07年10月のCT検査の画像に肝腫瘍が映っていたという。女性は翌年11月に死亡(当時75)。遺族はCT検査時に医師が腫瘍に気づき、切除手術などをしていれば延命できたとして、11年1月に岐阜地裁に提訴した。

 15年4月の地裁判決(武藤真紀子裁判長)、今年2月の名古屋高裁判決(藤山雅行裁判長)とも、CT検査画像で肝臓の病変を発見できたとして、医師の注意義務違反を認定。発見が遅れたことで女性が適切な治療を受けられなかったとして、病院側に慰謝料450万円などの支払いを命じた。病院側は最高裁に上告したが受理されず、高裁判決が確定した。」


上記報道の件は私が担当したものではありません.
長良橋通り法律事務所の横山文夫先生が担当した事件です.

癌の見落とし事件は,発見時点の癌の進行度,癌の種類,実際に亡くなるまでの経過などにより,延命できたであろう年月の認定が異なり,したがって賠償額も異なります.

上記報道の件は,CT検査の画像に映っていたいうのですから,注意義務違反は明らかです.
過失時点が2007年10月で,死亡時点が20008年11月ですから,2007年10月に肝腫瘍に気付き手術した場合いつまで生きられたかの立証が問題になり,裁判所は450万円の賠償を命じたのだと思います.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2017-09-09 02:54 | 医療事故・医療裁判