弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2017年 09月 20日 ( 2 )

アルチンボルド展 さあ謎解きの世界へ

b0206085_17135026.jpg
国立西洋美術館でアルチンボルド展を見てきました.
平日の午後でしたので,混雑することなく,鑑賞できました

果物で構成された肖像画,花で構成された肖像画などが有名です.
静物画と肖像画の二重構造で,静物画の先駆的作品となっています.
悪意の塊のような作品もあるのですが.いずれも細部まで静物として正確に描かれています.
「四季」の《春》《夏》《秋》《冬》と「四大元素」の《大気》《火》《大地》《水》がすべて展示されています.

ジュゼッペ・アルチンボルドは1526年に生まれ1593年に亡くなったイタリアの画家です.
徳川家康の父松平広忠が生まれた年に生まれ,豊臣秀吉の子豊臣秀頼が生まれた年に亡くなったわけです.
宮廷画家としてまっとうな肖像画も描いています.
レオナルド・ダ・ヴィンチの作品,同時代の作品,追随者の作品も展示されていて,アルチンボルドが変人奇人であったわけではなく,諧謔を愉しむこの時期の傾向であったことがわかります.

アルチンボルド展は9月24日(日曜日)までです.
東京だけの展覧会です.
この機会をお見逃しなく.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2017-09-20 16:47 | 趣味

『京都西陣なごみ植物店』

b0206085_9134826.jpg
昨日は出張でした.
新幹線の中で,仲町六絵さんの 『京都西陣なごみ植物店』(PHP文芸文庫,2017年04月28日発行)を読みました.

西陣にあるなごみ植物店の店員にして店長の妹であるの和久井実菜さんは,「植物の探偵」です.植物に関する謎を解いていきます.探偵料は,なごみ植物店で買い物をすること.
京都府立植物園広報課の新人神苗健さんは,探偵助手見習です.

第1話 逆さまのチューリップ
第2話 信長公のスイーツ
第3話 さそり座の星
第4話 紫式部の白いバラ
第5話 蛍の集まる草
第6話 桜に秘める
の6話です.
 
逆さまのチューリップを見たという子どもの心を傷付けないために,探偵はどう言ったと思いますか.
織田信長ゆかりのスイーツを調べに,探偵はどこに行くのでしょうか.
赤い花だったのに「白い花見てあなたを想う」と詠んだ心は.
源氏物語のバラを調べていると,危険な人物が出現しますが,それはなぜ.
老人が孫に出した謎かけの意味は.
茜色に染めた大原の桜に秘めた思いは何だったのでしょうか.

仲町さんは,本作で,あやかし,ダークな世界から一変し,新境地を開拓したようです.
イヤミスの真逆で,なごみます.スキミスです.(好きなミステリーの略です.)
続編も期待します.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2017-09-20 08:44 | 趣味