弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2017年 11月 17日 ( 2 )

貴ノ岩関の2つの診断書

11月5日から5日間福岡市内の病院に入院した貴ノ岩側が日本相撲協会と鳥取県警に提出した2の診断書の内容が異なることが報じられています.
日本相撲協会に提出された,入院した病院の11月9日付の診断書は「脳振盪(しんとう),左前頭部裂傷,右外耳道炎,右中頭蓋(ずがい)底骨折,髄液漏の疑い」と記載されているが,鳥取県警に提出された,事件直後に作成された診断書では,けがの程度は軽く,骨折などはなかった,とのことです.

診断書は,医師により,患者の傷病,その治癒の状況や健康状態等の事実を証明する文書です.診察・診断した時期,病院が違えば,検査内容等も異なり,その結果診断書の内容が異なることもあります.とくに,骨折は診断が難しく見逃されることもあります.

【追記】
「♯1脳振盪,♯2左前頭部裂傷,♯3右外耳道炎,♯4右中頭蓋底骨折,髄液漏の疑い」と記載されていて,病院によると,疑いは右中頭蓋底骨折,髄液漏の両方にかかるとのことです.
病院は、「頭蓋底骨折などの疑いで受診したが、診察の結果、骨折や髄液漏などはなかった」と説明し,誤解を生む表現だった点を謝罪したとのことです.
診断結果がでているなら,「右中頭蓋底骨折なし,髄液漏なし」と記載すべきだったことになるでしょう.
全治2週間という診断は,先月26日から今月8日までの2週間という意味だったとのことです.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2017-11-17 12:49 | 医療

11月10日に開催された「第55回 社会保障審議会 医療部会」での議論

11月10日に開催された「第55回 社会保障審議会 医療部会」での議論について,メディ・ウオッチ「地域枠の医師、「理由なき公立病院への派遣」を委員がけん制―社保審・医療部会」(2017年11月17日)が報じています.

○ 地域医療支援センターが調整した医師の派遣先
「厚労省医政局の武田俊彦局長は、機能に着目した場合、公的病院と民間病院は「変わらない」との考えを提示。また厚労省医政局地域医療計画課の佐々木健課長も、病院の果たす役割に応じた派遣が望ましいとの見解を示しました。」

○ 地域偏在対策
「武田局長は、「県の中でもだいぶ温度差があるので、二次医療圏単位で医師不足を考えていった方がよい」との考えを示しましたが、相澤孝夫委員(日本病院会会長)は都道府県単位での検討を支持しました。」

○ 地域医療を担う有床診療所の在り方
「「地域医療を担う有床診療所」については、医療ニーズの減少を見越して【医療モデル】から【医療・介護の併用モデル】へと転換することも選択肢として考えられると指摘しています。」

詳細は,メディ・ウオッチ「地域枠の医師、「理由なき公立病院への派遣」をご覧ください.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

by medical-law | 2017-11-17 07:43