弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2018年 01月 18日 ( 2 )

グレン・フライさんの遺族が医療過誤で病院を提訴(報道)

イーグルスのグレン・フライ(Glenn Frey)さんは,2年前の今日(2016年1月18日)に亡くなりました.
医師が潰瘍性結腸炎の適切な治療を行わず,感染症の治療や,治療の副作用についての助言などを行わなわかったとして,シンディ・フライさんが病院を提訴したとのことです.

潰瘍性大腸炎の治療薬は,5-アミノサリチル酸かステロイドです.
ステロイドは炎症を抑えますが,感染症を発症しやすくなります.
ステロイドを使って感染症を発症した事案なのでしょうか.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2018-01-18 08:49 | 医療事故・医療裁判

岡山の歯科医師が不必要な歯を削った傷害容疑で逮捕される(報道)

毎日新聞「<傷害容疑>不必要に患者の歯削り損傷 歯科医師を逮捕」(2017年1月17日)は,次のとおり報じました.

 「患者の歯を不必要に削って損傷させたとして、岡山県警は17日、岡山市北区津島新野1の歯科医師、××××容疑者(53)を傷害の疑いで逮捕した。「患者を傷付ける行為はしていない」と容疑を否認しているという。」

 「県警は昨年5月末ごろ、男性が受診した別の歯科医師から相談を受けて捜査を開始。似たような被害情報が医師や患者から複数寄せられており、関連を調べている。」


NHK「親知らずの治療で関係ない歯削った疑い 歯科医師を逮捕 岡山」(2017年1月17日)は,次のとおり報じました.

「男性は、治療の内容に不審な点を感じて、別の歯科医院で診察を受け直したところ、無関係な歯が削られていることを知らされたということです。


また、男性からの相談を受けて警察が調べた結果、歯を削ったところに雑菌が入るのを防ぐ処置が適切に行われていなかったこともわかったということです。」


報道の件は私が担当したものではありません.現在依頼件数が多い関係で歯科事件は取扱から外しています.
傷害罪の成立には,臨床的に歯を削る必要がなかったことにくわえ,歯を削る必要性のないことを認識していたこと(故意)が必要です.歯科医師が歯を削ったことについて傷害の疑いで逮捕されるのは希有なことです.注目したいと思います.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2018-01-18 08:26 | 医療事故・医療裁判