弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

2018年 01月 31日 ( 2 )

英国医師会雑誌(BMJ)に加熱式非燃焼(HNB)タバコの日本での使用実態に関する論文掲載

権威ある英国医師会雑誌(BMJ)に,田渕貴大先生らのHeat-not-burn tobacco product use in Japan: its prevalence, predictors and perceived symptoms from exposure to secondhand heat-not-burn tobacco aerosolが掲載されました.

日本ではテレビによりIQOS普及が引き起こされ,推計約310万人がIQOSを使用している,との報告です(テレビを見た人が10.3%に対し見ない人が2.7%).間接的なHNBタバコエアロゾル曝露により,ほぼ半数以上の人に急性症状が現れたと報告されています.タバコ規制機関と政府は,加熱式非燃焼(heat not burn:HNB)タバコを厳重に監視し,規制する方法を検討する必要があると結論付けています.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2018-01-31 14:48 | タバコ

厚生労働省, 「望まない受動喫煙」対策の基本的考え方

厚生労働省が1月30日日「『望まない受動喫煙』対策の基本的考え方」を発表しました.はっきり言って後退です.この後退はきわめて残念です.

これをうけて,東京都知事は,「本日発表された考え方では、これまで示された案と比べ、規制対象となる施設区分を3区分から2区分とするなど、根幹となる部分が大きく変更されており、詳細な内容は法案に盛り込むこととされています。」ということから,この新しい国の方針との整合性を図るため「東京都受動喫煙防止条例(仮称)の提案は、平成30年第1回定例会には行わない」と発表しました.東京都も後退なのでしょうか.
「望まない受動喫煙」対策の基本的考え方に関する知事コメント

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村


by medical-law | 2018-01-31 08:12 | タバコ