弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

カテゴリ:医療事故・医療裁判( 1124 )

大垣市民病院,腰椎麻酔による神経損傷,116万円で平成23年5月30日和解成立報道

b0206085_1751159.jpg

◆ 事案

患者は,大垣市民病院外科で,平成21年10月7日,急性虫垂炎と診断され、虫垂切除手術を受けました.
その際.腰椎麻酔がうまくできず,全身麻酔に切り替えて実施されました.
患者は,術後に,右ふともものしびれや腰の痛み、右ひざの脱力感を訴えました.
症状は軽く,同月13日に退院しました.
患者は,同月22日に職場で右足の力が抜けたようになって倒れ,翌23日に再入院し,11月6日に再退院しました.
現在は,腰の痛みはなくなったが,しびれは残っているとのことです.

病院側は「原因は特定できないが,腰椎麻酔を行った際に麻酔針か麻酔薬が脊髄の神経に触れた可能性がある」としている,とのことです.

◆ 和解

大垣市は,平成23年5月30日,116万円を支払うことで,患者と和解が成立しました.

毎日新聞「大垣市民病院:医療過誤認め和解 手術後に後遺症、116万円損害賠償 /岐阜」ご参照

◆ 感想

虫垂切除手術は,外科医にとっては,さほど難しくない基本的な手術です.経験の浅い医師も担当します.腰椎麻酔で行いますが,麻酔科ではなく,外科で対応することも結構あるようです.本件の腰椎麻酔は誰が担当したかは報道されていませんので分かりませんが.

腰椎麻酔針による物理的な神経損傷,薬剤による神経損傷などが起きることがあります.
判決では,原因の特定が求められますので,審理が長引くこともあります.
私が担当した裁判では,これより被害が大きく,或る程度の額の裁判上の和解ができましたが,かなり長くかかりました.

本件は,和解により解決ができてよかったと思います.

谷直樹
下記バナーをクリックしてください.弁護士ブログ168サイト中の順位がわかります.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-05-31 17:51 | 医療事故・医療裁判

医療事故調査のための第三者機関の創設を願って

b0206085_9235259.jpg

シンポジウム「医療事故調査のための第三者機関の創設を願って」が、今日、名古屋で開かれます。


■日時
 平成23年5月28日(土) 午後1時より(開場12時30分)

■場所
 ウインクあいち 1001会議室(10階)
 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38
 アクセス:JR・地下鉄・名鉄・近鉄 名古屋駅より徒歩2分

■プログラム■

13:00 開会のご挨拶
 
(第1部)
13:05
●基調報告
  堀康司(弁護士・医療事故情報センター常任理事)
13:15
●モデル事業の視点
  山口徹医師(虎の門病院院長・日本医療安全調査機構監事)
13:30
●病理の視点
  黒田誠医師
   (藤田保健衛生大学病院病理診断科教授・日本病理学会理事、同死因究明委員長)
13:45
●院内事故調査の視点
  長尾能雅医師(名古屋大学医学部附属病院 医療の質・安全管理部教授)
14:00
●臨床現場の医師の視点
  本田宏医師(埼玉県済生会栗橋病院副院長)
14:15
 ●患者・被害者の視点
  永井裕之さん(医療の良心を守る市民の会代表)
14:30
 ●厚生労働省の視点
  渡辺真俊さん(厚生労働省医政局総務課医療安全推進室長)

14:45 休憩

(第2部)
15:00
 ●パネルディスカッション
 ●会場質問
 16:25
 ●総括  
  柴田義朗(弁護士・医療事故情報センター理事長)

16:30
 閉会のご挨拶 増田聖子(弁護士・医療事故情報センター副理事長)


■事前申込不要 ■参加費無料 ■定員150名

■主催(お問い合わせ先)
 医療事故情報センター
 愛知県名古屋市東区泉1-1-35ハイエスト久屋6F
 TEL 052-951-1731 FAX 052-951-1732

【5月29日追記】
毎日新聞「医療事故調査:第三者機関設立めぐりシンポ 医師や遺族ら90人参加--中村 /愛知」は以下のとおり報じました.

 「医療事故調査のための第三者機関設立を目指す弁護士らのネットワーク「医療事故情報センター」(柴田義朗理事長)のシンポジウムが28日、名古屋市中村区のウインクあいちで開かれ、医師や医療事故被害者の遺族、厚生労働省の担当者ら約90人が参加した。

 パネリストは、モデル事業に取り組む東京・虎の門病院の山口徹院長ら医師4人、「医療の良心を守る市民の会」の永井裕之代表、厚労省医療安全推進室の渡辺真俊室長で、同センター常任理事の堀康司弁護士が司会を務めた。

 第三者機関が設立されていない現状について、渡辺室長は「いろんな意見があり、集約することは難しい」と説明した。山口院長はモデル事業などの実績をふまえ、「(調査をきちんとするには)評価する人をトレーニングして育てないといけない」と指摘した。妻を医療事故で亡くした永井さんは「これまでも、解剖されることなく、真相が明らかにならずに亡くなった被害者がいるのではないか。第三者機関の早期設立は緊急の課題」と訴えた。

 同センターは名古屋市東区に事務所があり、90年から患者や遺族を支援する活動を続け、厚労省は05年からモデル事業を実施している。」

谷直樹
下記バナーをクリックしてください.弁護士ブログ168サイト中の順位がわかります.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-05-28 07:16 | 医療事故・医療裁判

中津川市民病院,感染による敗血症181万3600円で和解報道

b0206085_189916.jpg

◆ 事案 

患者は,中津川市民病院で,平成19年10月19日,腰椎脊柱管狭窄症のために医師から椎体固定術を受け,11月9日に退院しました.
患者は,同月15日,腰痛を訴えて外来受診しました.
腰痛は改善せず,同月19日に再入院しました.
その後,手術後に感染による敗血症にかかっていたが外来診療で見落とす医療ミスがあったと分かりました.
女性は平成20年3月に退院しました.
患者は,3級の身体障害となり,現在も通院しています.

◆ 和解

中津川市は,平成23年5月26日,市民病院での医療ミスで.損害賠償金181万3600円を支払うことで和解が成立したと発表しました.

毎日新聞「中津川市民病院の医療ミスで181万円支払い和解 /岐阜」ご参照

◆ 感想

おそらく,平成19年10月19日の椎体固定術の際,感染し,11月15日,腰痛を訴えて外来受診した際,医師の見落としがあったのでしょう.

この賠償金額は,裁判における3級の一般的な基準よりかなり低いのですが,和解ですので,諸般の事情を勘案してのことだと思います.

谷直樹
下記バナーをクリックしてください.弁護士ブログ168サイト中の順位がわかります.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-05-27 18:09 | 医療事故・医療裁判

堺市立堺病院,子宮摘出手術事故600万円で示談報道

b0206085_1345794.jpg

平成19年3月,堺市立堺病院で,子宮内膜症による子宮摘出手術の際,医師が,患者の体内に一時的に残すガーゼについて、残す場所を誤り,そのため,人工肛門を一時的に付けたり、別の手術を行いました.
患者は,平成22年6月,病院に損害賠償を請求しました.
平成23年4月,示談が成立し,600万円の賠償金が支払われました.

このような明らかなミスも,患者から請求しないと支払われないわけです.
自治体病院のため議会への報告を機にたまたま報道されましたが,手術ミスは,この病院に限ったことではないでしょうし,報道されない示談も多いと思います.

毎日新聞「手術ミス:子宮摘出手術で 堺市、45歳患者に600万円賠償 /大阪

谷直樹
下記バナーをクリックしてください.弁護士ブログ168サイト中の順位がわかります.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-05-27 01:35 | 医療事故・医療裁判

横浜地裁で証拠調べ

b0206085_9281183.jpg

昨日は,横浜地裁で終日証拠調べ(尋問)でした.
民事裁判は,このように関係者の尋問を一日でまとめて行うのが普通で.医療事件でも変わりません.

前日23時38分に追加の医師陳述書(3)がファクシミリで送られてきて,準備がちょっと大変でした.こちらも月曜の朝に原告本人の追加陳述書を届けていますので,文句は言えませんが.
この医師尋問は成果があったと思います.医師尋問は,やりがいがあります.

お昼に,横浜地裁の向かいの「リナス・サンドウィッチ・カフェ」で,海老とアボガドのサンドウィッチを食べました.美味しかったです.パンがとても美味しかったので,他の具材もいけると思います.
今は,店内はもちろんテラスも禁煙になっていて.テラスで気持ちよく食事ができました.

谷直樹
下記バナーをクリックしてください.弁護士ブログ168サイト中の順位がわかります.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-05-26 09:26 | 医療事故・医療裁判

堺市立堺病院、出産事故7000万円で調停成立報道

b0206085_8432522.jpg

平成23年5月25日のスポニチ「帝王切開遅れで7千万賠償「早く切開するべき」」は,以下のとおり報道しています.

 「堺市立堺病院で2007年、帝王切開が遅れ、生まれた女児が脳に重度の障害を負ったとして女児の母親らが損害賠償を求めていた訴訟で、市は25日、母親側に7千万円を支払うことで調停が成立したと明らかにした。支払いは4月28日付。

 病院によると、07年3月30日午前、母親(36)は診察のため来院。胎児心拍監視装置を装着し、経過観察していたが、来院から約5時間後、胎児の心拍が低下したため、午後3時半ごろ帝王切開した。女児は低酸素脳症と診断された。

 病院によると、他の医療機関にデータを見てもらったところ、「もっと早く帝王切開するべきだ」と指摘されたため、賠償を決定。帝王切開の時間と後遺症の因果関係は分からないという。」


提訴後,調停に付され,そこで調停が成立したということなのでしょう.
朝日新聞によると,病院の調査で意見を聞いた外部の産婦人科医10人全員が「監視装置をつけた時点で帝王切開すべきだった」と指摘した,とのことです.

10人も聞かなければ責任を認めないことに疑問も感じますが,本件の帝王切開の遅れが容易に認定できる事案であることは明らかです.
帝王切開の遅れは,医師の注意義務違反(過失)となります,
科学的に厳密な因果関係が完全に立証されなくても,「帝王切開の遅れ」・「低酸素脳症」・「重度の障害」が立証されれば,法的には因果関係があるものとして賠償責任を認めるのが通常で,適切です.本件は,因果関係の程度を考慮し,7000万になったものと考えられます.

谷直樹
下記バナーをクリックしてください.弁護士ブログ168サイト中の順位がわかります.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-05-25 23:57 | 医療事故・医療裁判

小田原市民病院、5720万円で和解(肺血栓塞栓死亡事故)報道

b0206085_8391099.jpg

平成22年8月に,小田原市民病院で子宮全部摘出手術を受けた40代の女性患者が,術後肺血栓塞栓症を発症し,当直医が適切な措置を講じることが遅れたため死亡しました.
この医療事故について,小田原市は,責任を認め,遺族に対して5720万円を支払うことで和解し,6月補正予算案に計上しました.

手術後の肺血栓塞栓症は当然警戒しなければならないもので,適切な措置が遅れたことは医師の注意義務違反になります.
事故から比較的早期に適切な解決に至ったことは,評価できます.早期に適切な解決をすることは,病院側,患者側双方にとって,良いことです.

なお,「和解」と報道されていますが,「裁判上の和解」ではなく,裁判外の「示談」かもしれません.

神奈川新聞「術後の合併症で女性患者死亡、市立病院の医療事故で和解/小田原市」ご参照

【追記】
毎日新聞「医療事故:遺族に慰謝料払い和解 小田原市が5720万円 /神奈川」によれば,

 「手術後に酸素飽和度の低下などの症状が見られ、酸素投与などをしながら経過観察していたが、翌朝に心肺停止となり、死亡した。死因は下肢の静脈などで生じた血栓が心臓を経由、肺の血管をふさぐ「肺血栓塞栓(そくせん)症」と分かった。
 病院側は「血栓予防の措置はしていた。手術が長かったことも一要因とみられるが、死因を予見することは不可能だった」と医療ミスではないとしながら、「結果的に十分な対応ができず、亡くなった責任の一端はあり、和解することにした」と話している。」

とのことです.

読売新聞「手術後死亡5720万円で和解…小田原市立病院  40代女性の遺族と 肺血栓と気づかず」によれば,

 「女性は子宮腺筋症で、手術は昨年8月中旬に行われた。午後2時15分に手術が終わり、女性は病室に戻ったが、深夜に「息苦しい」と訴え、血液中の酸素の濃度が低下する症状がみられた。酸素を投与しながら経過観察したが、翌午前8時30分頃、容体が急変し、2時間後に死亡した。
 病理解剖の結果、死因は肺血栓塞栓症とわかった。
 記者会見した安野憲一副院長は「痛みなどは術後にみられる症状と判断し、肺血栓塞栓症に思い至らなかったようだ」と説明。「深夜の段階では、血栓が出ていたとしても小さいもので、急変した時に大きい血栓が肺に飛んだと考えられる」と述べた。
 中島麓院長は「十分な対応が取れず、重大な結果となり、心からおわびする」としたうえで、「医療ミスではない」と強調した。肺血栓塞栓症は、突然発症して短時間で重大な結果になることがあるためという。」

とのことです.

つまり,医師・患者の感覚は,法的な責任要件を充たした場合にだけ損害賠償すればよい,というものではありません.昨今の裁判所の厳格な判断は,当事者の感覚(社会常識)から乖離しているように思います.

谷直樹
下記バナーをクリックしてください.弁護士ブログ168サイト中の順位がわかります.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-05-25 23:31 | 医療事故・医療裁判

裁判所調査,平成22年の患者側勝訴率は20.6%(速報値)

b0206085_2236211.jpg

最高裁のホームページに,平成22年のデータが掲載されました.
平成22年の患者側勝訴率は20.6%(速報値)です.
ピークの平成15年44.3%に比べると隔世の感があります.

通常事件の原告側勝訴率がほとんど変わらない(平成22年は87.6%)のに対し,医事関係事件だけは平成15年をピークに原告側(患者側)勝訴率が減少傾向にあります.
患者側の勝訴率は,44.3%(平成15年),39.5%(平成16年),37.6%(平成17年),35.1%(平成18年),37.8%(平成19年),26.7%(平成20年),25.3%(平成21年),20.6%(平成22年)と年々低下しています.

通常事件は90%にちかい勝訴率なのに,医療関係事件だけは今やほぼ20%の勝訴率というのは,近時の判決が医療側に著しく偏った内容になっていることを示すものと言えるでしょう.

患者側弁護士には,このような医療裁判の変化に適切に対応することが求められていると思います.

当法律事務所は,医療ADRなど裁判前・裁判外の解決制度を活用しi迅速適正な解決をめざしています.提訴する場合は,迅速性を多少犠牲にしても,「過失」「因果関係」「損害額」についての充分な立証を準備した上で,提訴するようにしています.

谷直樹
下記バナーをクリックしてください.弁護士ブログ168サイト中の順位がわかります.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-05-24 22:37 | 医療事故・医療裁判

『医療裁判から医療ADRへ』

b0206085_17352982.jpg『医療裁判から医療ADRへ』(ぎょうせい)が,ようやく出版されました.

私も,第4章1節「患者サイドから見た医療ADRへの期待と意見」を書かせていただきました.

医療裁判より,使い勝手がよい医療ADRは,全国に普及しはじめています.
医事紛争の適正迅速な解決のために有用なものとなるよう,患者側から意見を書かせていただきました.
原稿を書いてからだいぶ年月がたっていますが,私の基本的な考えは今でも変わりません.

編著者の植木哲先生は,いわゆる千葉モデルの医療ADRを中心になって推進してきた先生です.

私以外の執筆者(本書執筆順※肩書き当時)は以下のとおりです.(敬称略)

植木哲(千葉大学名誉教授,朝日大学法学部教授)
西口元(前橋地方裁判所判事)
久保真一(福岡大学医学部法医学教室)
平井愛山(千葉県立東金病院院長)
田尻泰之(流通経済大学法学部准教授)
土居良雄(土居内科医院院長)
松村有子(東京大学医科研先端医療社会連帯研究部門所属)
北山裕子(千葉大学大学院人文社会科学研究科所属)
山下洋一郎(松本・山下法律事務所,弁護士)
石田瞳(千葉大学大学院人文社会科学研究科所属)
亀田信介(亀田総合病院院長)
太田幸夫(駿河台大学法学部教授)
小沢忠彦(茨城県医師会所属・小沢病院院長)

医療ADRをめぐりそれぞれの立場から多様な意見があることがわかります.

谷直樹
下記バナーをクリックしてください.弁護士ブログ168サイト中の順位がわかります.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-05-23 17:27 | 医療事故・医療裁判

岡山地裁平成23年5月18日判決(左右間違えて開頭手術)

b0206085_19333789.jpg

◆ 事案

倉敷中央病院で,平成13年11月,左目の視力低下のため「前頭側頭開頭術」を実施しましたが,本来左側頭部を手術しなければならないのに右側頭部を開頭し,ミスに気付いて左側頭部を開頭手術し直し,視力低下が回復した事案です.

◆ 岡山地裁平成23年5月18日判決

岡山地裁は,「必要のない手術を行った注意義務違反があることは否定できず,精神的肉体的苦痛を与えた」と指摘し,330万円の損害賠償を命じました.

なお,手術後に口が開きにくくなったとする原告の主張については「因果関係は認められない」と退けました.

◆ 感想

本判決は,不要な開頭手術の損害額評価について,参考になります.

大垣市民病院でも,平成20年6月に左右間違えての開頭手術がありました.
また,左右を間違えた神の手福島孝徳医師は,死亡と因果関係がない,として争っていますが,この岡山地裁の裁判例からすると,仮に死亡と因果関係がなくても,慰謝料等330万円は支払わねばならない,ということになります.

日刊スポーツ「開頭手術で左右間違え…病院に賠償命令」ご参照

谷直樹
下記バナーをクリックしてください.弁護士ブログ168サイト中の順位がわかります.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2011-05-21 19:33 | 医療事故・医療裁判