弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

カテゴリ:医療事故・医療裁判( 1079 )

宇都宮地裁平成29年3月24日判決,インスリン投与中止を指示した自称龍神の殺意を認定

b0206085_4122052.jpg下野新聞「糖尿病男児衰弱死、被告に懲役14年6月 宇都宮地裁判決」(2017年3月25日)は,次のとおり報じました.
 
「2015年4月、1型糖尿病だった宇都宮市東原町、小学2年今井駿(いまいしゅん)君=当時(7)=の両親に命じてインスリン投与をさせずに駿君を衰弱死させたとして、殺人罪に問われた下野市小金井1丁目、自称「龍神(りゅうじん)」の建設業A被告(62)の裁判員裁判判決公判が24日、宇都宮地裁で開かれた。佐藤基(さとうもとい)裁判長は「(駿君が)死亡する危険性を知りながら、投与しないよう指示した」として殺人の関与と殺意を認定し、懲役14年6月(求刑懲役15年)を言い渡した。

 A被告による投与中止の指示が殺人の実行行為に当たるかどうか、殺意の有無などが争われていた。

 佐藤裁判長は、被告が駿君の母親に対して「インスリンは毒だ」などとメールを送っていたと指摘。「被告の指示により、死亡の危険性がある投与中止が実行された」と、殺人の実行行為を認定した。

 殺意について、2014年末に両親と契約した当初から、投与がなければ駿君が死亡する危険性を認識していたことを判示。駿君の容体悪化を知りながら放置し死亡を認容したとして、「未必の故意」を認めた。

 被告は、証言台のいすに浅く腰掛けて判決を聞いた。納得いかないような態度で首をかしげたり、ため息をつくなどして不満をあらわにした。判決後、控訴の具体的方法について、自ら裁判長に尋ねた。」


時事通信「自称祈祷師に懲役14年6月=薬不投与で糖尿病男児死亡-宇都宮地裁」(2017年3月24日)は,次のとおり報じました.

「2015年4月、宇都宮市の糖尿病の男児=当時(7)=の治療に不可欠なインスリンの投与中断を両親に指示し、死亡させたとして、殺人罪に問われた自称祈祷(きとう)師の建設業A被告(62)の裁判員裁判の判決が24日、宇都宮地裁であった。佐藤基裁判長は「被告は主導的立場にあり、犯行態様は残酷」などとして、懲役14年6月(求刑懲役15年)を言い渡した。
 佐藤裁判長は「被告には男児を殺害する積極的意図は認められない」としつつも、男児の母親らへ送ったメールの内容などから「治療契約当時から、インスリンを投与しなければ死亡する危険性を認識していた」と未必の故意を認定。「殺意はなかった」とする被告側の無罪主張を退けた。
 その上で「犯行動機は自身の権威を守り金銭を得るためで、理解しがたい身勝手さ。非難の程度は高い」と指摘した。」


NHK「糖尿病男児死亡 男に懲役14年6か月の判決」(2017年3月24日)は,次のとおり報じました.

「検察は懲役15年を求刑し、弁護側は「インスリンを打たない選択をしたのは両親だ」として無罪を主張していました。

24日の判決で、宇都宮地方裁判所の佐藤基裁判長は「被告は男の子が死ぬ危険性があると認識しながら『インスリンは毒だ』として両親に投与をやめさせた」と指摘しました。

そのうえで、「両親の前で男の子を衰弱させ、死亡させた犯行は残酷で、難病を治療できるとする自分の権威を守ろうとした身勝手なものだ」と述べ、懲役14年6か月の判決を言い渡しました。」

これは私が担当した事件ではありません.
被告は,自分は祈祷師でも龍神でもないと主張し,弁護側は「インスリンを打たない選択をしたのは両親だ」として無罪を主張していましたが,そのような主張は認められませんでした.
祈祷師,権威を装った偽医師などが医療行為について発言した場合,医師ではないから責任を負わないとは言えません.これらの者の発言は,単なる助言以上の影響力を及ぼす場合があり,未必の故意が認められる場合があります.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2017-03-27 04:12 | 医療事故・医療裁判

北村山公立病院,結紮した血管の糸が外れ術後出血を起こし死亡した医療事故で賠償金支払い(報道)

b0206085_23571141.jpg
朝日新聞「子宮筋腫手術で女性死亡 山形・北村山公立病院」(2017年3月25日)は,次のとおり報じました.

「山形県北村山公立病院(東根市)は23日、昨年3月に東根市内の50代女性が子宮筋腫の手術後、容体が急変して3日後に死亡する医療事故があったと公表した。北村山の4市町でつくる病院組合議会の定例会で報告され、遺族への賠償金4247万円を含む補正予算が可決された。

 病院によると、女性は昨年3月16日に子宮を全摘する手術を受けた。その約1時間後に顔面が真っ青になり、内出血が判明。3時間後に再び開腹して止血したが好転せず、同19日に転送先の山形市内の病院で多臓器不全で亡くなった。

 北村山公立病院は遺族の同意を得て、医療法に基づく事故調査委員会を設置して手術した医師や看護師を聴取。血管を縛った糸がはずれ、出血を起こした可能性があるとわかった。再度開腹まで時間がかかったことも容体の悪化につながったとした。」


北村山公立病院のサイトには,以下のとおり記載されています。

「1 事故の概要
(1) 事故の発生年月日 平成28年3月16日
(2) 場 所 北村山公立病院
(3) 患 者 50代女性
(4) 状 況 ・子宮筋腫の診断にて、3月16日子宮全摘手術及び両側附属器切除を実施した。同日午後3時35分に病室に帰室し、1時間後の午後4時35分に顔面蒼白、嘔気を訴えた。腹腔内出血を認め、午後7時40分に再開腹し止血を行った。
・翌3月17日、DICの集中治療が必要となり、山形市内の病院に転送した。
・3月19日、多臓器不全の診断にて死亡した。
(5) 原 因 ・術後腹腔内出血
・術後管理
2 改善策
(1) 術後管理に関して、主治医は麻酔科医及び他科医師との連携と意思の疎通を十分に図り、より早期に適切な治療方針決定がなされる体制を整える。
(2) 術後出血が予測される症例に対しては、ドレーンを留置する取り扱いを徹底する。」


これは,私が担当したものではありません.
事故調査によって,術後腹腔内出血の原因が解明されたこと,術後管理に不備があったことが明らかになったことが,本件医事紛争の解決につながったようです.
術後腹腔内出血による死亡事案は,少なくありませんので,本件の解決は参考になります.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2017-03-25 23:44 | 医療事故・医療裁判

名古屋地裁平成29年3月17日判決,てんかん治療薬投与の適応を認め,説明義務版を認める(報道)

b0206085_573174.jpg中日新聞「てんかん薬後遺症、病院側に賠償命令 名古屋地裁「説明不十分」」 (2017年3月17日)は,次のとおり報じました.

「めまいの治療に依存性の高いてんかん治療薬を使用され、重い後遺症に苦しんだなどとして、名古屋市緑区の会社員多田雅史さん(59)が、国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)に約1億6千万円の賠償を求めた訴訟の判決で、名古屋地裁は17日、副作用のリスクなどの「説明義務違反があった」として約117万円を支払うよう命じた。

 判決理由で朝日貴浩裁判長は「投薬の有効性や長期服用による依存の可能性を十分に説明したとはいえない」と指摘。てんかん治療薬の投与については「医学的に相応の合理性があった」として、センター側の注意義務違反を認めなかった。

 判決によると、多田さんは2004年、めまいを訴え同センターを受診。てんかん治療薬の服用を1年以上続けたが、めまいは完全にはなくならず、別の病院で薬物依存症と診断された。

 多田さんは「投与についてセンターの責任を認めなかった不当な判決」と述べ、控訴する方針。同センターは「主張が一部認められず遺憾。判決内容を検討し、今後の方針を決めたい」とコメントした。」


これは,私が担当した事件ではありません.

適応義務違反は,一般に,裁判所がなかなか認めない,ハードルの高い過失ですが,控訴審裁判所(名古屋高裁)の判断に注目したいと思います.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2017-03-20 04:59 | 医療事故・医療裁判

中津市民病院,首の腫瘍を取り除く手術の際肩の神経の一部を切断し後遺症が残った事案で560万円賠償

b0206085_4272046.jpg大分放送「中津市民病院の患者に損害賠償支払いへ」(2017年3月17日)は,次のとおり報じました.

「中津市は市民病院で医療ミスがあったとして、患者に560万円の損害賠償を支払う追加議案を17日市議会に提出しました。中津市によりますと、2015年9月中津市民病院で患者の首の腫瘍を取り除く手術を行った際、肩の神経の一部を切断しました。病院側は、事前に手術の影響でしびれや痛みなどが起きる可能性を説明しましたが、腕に想定以上の機能障害が発生しました。患者はリハビリ後も左肩にしびれなどの後遺症が残ったままということです。市は「患者に肉体的精神的苦痛を与えた」として、560万円の損害賠償を支払う方針を示し、17日の市議会で追加議案を上程しました。」

報道の件は,私が担当したものではありません.

手術により痛み,しびれが起きること自体は回避できませんので,「合併症」という言い方がされることがあります.具体的な痛み,しびれの部位,程度によっては,それが回避できない合併症の範疇に入るか否かは検討の余地があります.



谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2017-03-20 04:28 | 医療事故・医療裁判

東京慈恵会医科大学附属病院が画像診断書を確認せず患者が死亡した件で遺族らが再発防止を要望

b0206085_3532194.jpg日本経済新聞「画像診断見落とし患者死亡、国に再発防止を要請 遺族ら」(2017年3月17日)は,次のとおり報じました.

「東京慈恵会医大病院で肺がんの疑いがあると指摘された男性(2月に死亡)の画像診断書が約1年間放置された問題で、医療事故の遺族らでつくる市民団体「患者の視点で医療安全を考える連絡協議会」が17日、厚生労働省に再発防止に取り組むよう要請した。

 男性は2015年10月に受けたコンピューター断層撮影装置(CT)検査で肺がんの疑いがあるとされた。だが、主治医は画像診断書を十分に確認せず肺がんの疑いがある事実を見落とした。昨年10月の再入院で肺がんと判明するまで治療がなされず、男性は2月に亡くなった。同病院もミスを認めている。

 要請後に記者会見した連絡協議会の宮脇正和さん(67)は「医療従事者は、見落としなどのケアレスミスが重大事故につながるということを肝に銘じ、医療安全に対する意識を高めて共有してほしい」と強調した。

 男性の長男(30)も会見に同席し、「遺族を社会的に支援する枠組みも必要」と主張。男性は05年に別の病院で点滴用カテーテルの誤挿入後に妻を亡くしており、長男は「両親の犠牲を無駄にしないためにも、単純な医療ミスをなくすための取り組みを強化してもらいたい」と語った。」


報道の件は,被害者は知人ですが,私が担当しているものではありません.

がんの疑いがあるという画像診断はそれほど多いものではありません.
そのような画像診断があった場合,自動的に患者に要精密検査の通知が送られるようにする,直接主治医に伝えるようにするなどの対策が必要でしょう.
がんの疑いがあるという画像診断とがんの疑いがないという画像診断が同じ扱いであるのは誤っていると思います.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2017-03-20 03:57 | 医療事故・医療裁判

日本大学医学部附属板橋病院,鎮静剤プレセデックスなどの投与ミス4件(報道)

b0206085_03419.jpg

朝日新聞「日大板橋病院で投与ミス4件 一時、心肺停止の患者も」(2017年3月16日)は次のとおり報じました.

日本大学板橋病院(東京都、平山篤志院長)で2015~16年、患者3人に対し鎮静剤プレセデックスなどの投与ミスが4件相次いで起きたことが同大学への取材でわかった。このうち1件では患者が一時心肺停止になった。

 同病院は現在、プレセデックスの使用を停止し、薬の知識不足が背景にあるとして、医師や研修医に危険薬の使用方法を記した冊子の携帯を義務づけるなどの対策をとったという。厚生労働省が関係者から事情を聴いている。

 日大によると、誤投与が起きたのはいずれも救命救急センター。15年7月、入院中の70代男性に対し、看護師が医師の指示を受けずにプレセデックスの急速投与を実施し、一時心肺停止になった。プレセデックスの添付文書では、緩やかな持続投与が厳守とされている。男性は16年9月に口腔(こうくう)底がんで死亡したが、「薬が死亡の原因ではない」としている。

 16年5月には、救急搬送された80代男性に対し、研修医がプレセデックスの急速投与を指示し、看護師が実施。さらに16年12月にも入院していた当時2歳の女児に対し、看護師が点滴の設定を誤り通常の10倍のプレセデックスを投与し、別の看護師がミスに気づいて投与を中止。約10日後には、研修医の誤った指示で解熱剤アセリオが過量投与された。この3件について「健康被害はなかった」としている。


報道の件は,私が担当しているものではありません.
大学病院,特定機能病院でも,看護師による単純な投薬ミスがおきています.
添付文書を無視した投薬方法は危険です.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2017-03-17 23:49 | 医療事故・医療裁判

東京地裁,ノバルティスファーマの降圧剤ディオバンを巡る研究論文データ改ざん事件で無罪判決(報道)

b0206085_22174265.jpgNHK「論文データ改ざん事件 製薬会社と元社員に無罪判決 東京地裁」(2017年3月16日)は,次のとおり報じました.

「16日の判決で、東京地方裁判所の辻川靖夫裁判長は「元社員が臨床研究の数値を水増しし、意図的に改ざんしたデータを研究チームに提供したことは認められる」と指摘しました。そのうえで、「研究チームが発表し、雑誌に掲載された論文は一般の学術論文と異なるところがなく、薬事法で規制された治療薬の購入意欲を高めるための広告にはあたらない」として、ノバルティスファーマと元社員にいずれも無罪を言い渡しました。」

報道の件は,私が担当したものではありません.

降圧剤ディオバンを巡る研究論文データ改ざん事件で薬事法違反の刑事責任を問うことについての疑問は,以前,ブログにも書きました.

旧薬事法時代の「薬事法における医薬品等の広告の該当性について(平成10年9月29日医薬監第148号都道府県衛生主管部(局)長あて厚生省医薬安全局監視指導課長通知)」で,顧客を誘引する(顧客の購入意欲を昂進させる)意図が明確であること,特定医薬品等の商品名が明らかにされていること,一般人が認知できる状態であることが「広告」の要件とされています.
そこで,東京地裁判決は,科学的論文の体裁をとっている本件について,顧客を誘引する(顧客の購入意欲を昂進させる)意図が明確である広告ではない,と判断したのでしょう.
東京地裁判決は,科学的論文は「広告」ではないというだけで無罪とすることもできた筈なのですが,(上級審での審理も考えたのかもしれませんが)データを改竄した事実を認定しています.刑事弁護人は,このような傍論を苦々しく思うかもしれません.

起訴については疑問も大きいのですが,たしかにもし検察が捜査,起訴しなければ,データ改竄に関する事実の解明は十分できなかった可能性もあります.厚労省の告発を受けて検察がある程度の無理を承知で勝負に出たのは,そのへんのことがあったのかもしれません.その意味では,ノバルティスファーマは, 「試合(裁判)に勝って勝負に負けた」と言えるかもしれません.

「坂の上の雲」で知られる秋山真之大日本帝国海軍中将は,「敗くるも目的を達することあり。 勝つも目的を達せざることあり。 真正の勝利は目的の達不達に存す。」(『天剣漫録』)と言っています.

データ偽造を現行薬事法で処罰できないとなれば,薬事法改正が課題になるでしょう.

【追記】

産経新聞「ノバルティス社無罪判決 検察幹部「不可思議としか言いようがない」」(2017年3月16日)は,次のとおり報じました.
 
「ノバルティスファーマの降圧剤ディオバンの臨床研究データ改竄事件で、薬事法違反の罪に問われた会社と元社員に無罪を言い渡した東京地裁判決。元社員がデータを意図的に改竄したと認定しながら、同法で規制された治療薬の購入意欲を高めるための広告には当たらないとした司法判断に、検察内では「不可思議としか言いようがない」「地検、高検、最高検の誰もが驚いている」と戸惑う声が相次いだ。東京地検は控訴も視野に、慎重に検討するもようだ。

 「データが意図的に改竄されていても、学術論文の形態を取っていれば、それで良いというのか」。検察幹部の一人はこう憤る。

 判決は、同法が規制した「誇大広告」ではないと判断したが、ある検察幹部は「元社員が改竄データを研究者に提供した目的は一つ。論文に掲載させ、薬の販売を促進するためだった。起訴自体に問題はない」と強調。別の幹部も「主務官庁の厚生労働省も薬事法で告発している。あまりに意外な判決。これから同様のケースを野放しにしてよいというのか」と語った。

 一方、厚労省は「個々の判決については差し控えたいが、臨床研究に対する国民の信頼を回復することが大切と考える。厚労省としては、臨床研究と製薬企業の活動の透明性確保のため臨床研究法案を国会に提出しており、臨床研究と製薬企業の活動の適正性確保に努めたい」としている。」




谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2017-03-16 22:09 | 医療事故・医療裁判

京都府立医科大学附属病院と虚偽診断書作成罪の成否~BKウイルス腎炎の併発の事実の有無~

b0206085_742783.jpg
京都新聞「収監逃れ、疑惑解明遠く 京都府立医大強制捜査1ヵ月」(2017年03月14日)は,次のとおり報じました.


「指定暴力団A組系B一家(大津市)のC受刑者(60)は2014年7月当時は公判中で、腎臓疾患で人工透析を受け、保釈されていた。府立医大付属病院によると、同月に生体腎移植を受けた。D院長や講師はC受刑者の病状について、判決確定後の15年8月、検察庁からの照会に対し、腎疾患で「拘禁に耐えられない」と病院長名で回答書を作成し、提出した。


 京都新聞社が入手したこの回答書によると、検察側は、病名や治療状況、入院の必要性など13項目について質問している。病院側は病名を「移植腎拒絶反応」とし、拘禁に耐えられない理由に「BKウイルス腎炎の併発で、免疫抑制療法の厳重な調整を継続する必要があり、改善に2年を要する」などと記載。治療に必要なものとして、免疫抑制剤の血中濃度の測定装置や、血中・尿中ウイルスの定量検査などを挙げている。


 法務省は、C受刑者が収監された大阪刑務所など、全国の刑務所など矯正施設のうち約10カ所で人工透析治療装置を設置。腎疾患患者も収監しており、「病態によるが、移植患者だから収監できない、ということはない」としている。

 D院長は会見で、C受刑者が移植後約1年で入院した際、血中クレアチニン(アミノ酸の一種)の値が100ミリリットル当たり1・06ミリグラムから1・17ミリグラムに上昇したとのデータを示し、感染症の危険性を指摘。「テレビなどで想像し、衛生状態の不確かな刑事施設では感染症にかかる可能性が高いと考えた」と説明した。院長の代理人弁護士によると、収容施設の設備環境や診察態勢の詳細な説明は検察側からはなかったという。」



報道の件は,私が担当している案件ではありません.


結核の集団感染は,学校でも事業所でもときどき起きていましたが,2015年3月1日に,NHKが「札幌刑務所などで結核の集団感染」を報じていました.そのようなテレビを見て刑事施設では感染症にかかる可能性が高いと考えたのかもしれません.
ただ,免疫抑制薬の使用量が多い移植後3ヶ月以内がとくに感染症に注意を要する時期です,
それ以降は,一生,血中・尿中ウイルスの定量検査を行い,血中濃度を測定してカルシニューリン阻害剤を必要最小限に調整していきます.それは,刑務所に収容してもできることではないでしょうか.(そうでないと,移植を受けた人を刑務所に収容することができなくなります.)


2年とした理由は,報道からすると,「BKウイルス腎炎の併発」のようです.
BKウイルス自体は多くの人がもっており,免疫抑制薬の使用により活性化することがあり,BKウイルス腎炎を発症すると治療は困難です.
もし,BKウイルス腎炎併発が真実であれば,虚偽診断書作成罪は成立しないでしょう.
もし,BKウイルス腎炎併発が虚偽であれば,虚偽診断書作成罪の成立が問われ得るでしょう.


血中クレアチニン値の基準値の成人男性0.66~1.13 mg/dlなどとされており,本件の1.17 mg/dlはそれを越えていますが,軽度です.血中クレアチニン値は,筋肉量などによって個人差があり,食事によっても左右されます.1.06 mg/dlが1.17 mg/dlに上昇したことだけでは腎炎の疑いをもつことはできてもBKウイルス腎炎と診断はできないでしょう.
そもそも,BKウイルスの量は,診断当時どれくらいで推移していたのでしょうか.
診断から2年たたない2017年2月14日に大阪刑務所に収容されたそうですが,BKウイルス腎炎治療はどのように行われ,BKウイルスの量は,診断当時からどのように変化し,BKウイルス腎炎はどうなっていたのでしょうか.病態が改善し収容可能となった可能性も考えられます.医学的に厳正な調査が必要でしょう.


なお,学長が学長室でC総長と会い先斗町と祇園で接待を受けていたことが診断書の記載に影響した可能性も疑われますが、診断書の内容が虚偽でなければ、虚偽診断書作成罪は成立しません.


指定暴力団A組系B一家のC総長は、京都市に本部を置く指定暴力団E会の四代目組長の長男で大学を卒業し民族系金融機関に就職しB一家を起こした人で,その影響力が大きなことが推測できますが、犯罪構成要件は厳正に判断されねばなりません.

【追記】

時事通信「民間病院医師ら3人逮捕=組長虚偽診断事件-うその文書作成容疑・京都府警」(2017年3月28日)は次のとおり報じました.

 「暴力団組長の病状をめぐり、京都府立医科大付属病院(京都市)などがうその文書を作り検察庁に提出したとされる事件で、府警捜査2課は27日、虚偽診断書作成・同行使容疑で、民間病院「康生会・武田病院」(同)の韓国籍の男性医師F容疑者(61)=京都市左京区吉田河原町=ら3人を逮捕した。武田病院は、医師の派遣などで府立医大病院と協力関係にある医療機関。
 同課によると、組長は指定暴力団A組B一家総長のC受刑者(60)。事件当時、恐喝罪などで懲役8年の実刑判決が確定しており、同課は刑務所への収容を逃れさせるためだったとみて捜査するとともに、府立医大病院をめぐる疑惑についても調べを進める。
 他に逮捕されたのは、武田病院の元職員G(45)=大津市観音寺=、指定暴力団E会系組員H(48)=京都府宇治市六地蔵=両容疑者。同課は3人の認否を明らかにしていない。
 逮捕容疑は2016年1月27日~同年2月5日ごろ、C受刑者について「不整脈はかなり重篤」「今後、不整脈が頻発し、症状が重くなることが予測できる」などとした虚偽の診断書を作成し、同月8日、大阪高検に提出した疑い。 
 同課によると、C受刑者は12年ごろから心臓疾患のため武田病院に通院していた。判決確定後の15年7月、同受刑者側から病気を理由に刑の執行停止の申し立てがあり、大阪高検は病状について府立医大病院と武田病院に照会。腎臓や心臓の病気で収容は難しいとの回答があったため、16年2月に執行停止が決定した。」



谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2017-03-15 06:59 | 医療事故・医療裁判

鹿児島地判平成29年3月14日,数日前から症状があった急性肺血栓塞栓症で霧島記念病院に賠償命令

b0206085_3571141.jpg

産経新聞 「「治療怠る」患者死亡で病院に賠償命令 鹿児島地裁」(2017年31月14日)は,つぎのとおり報じました.
 
「医療法人健康会が開設する霧島記念病院(鹿児島県霧島市)が、肺に血栓が詰まる肺塞栓の検査や治療を怠ったとして、死亡した男性患者=当時(76)=の遺族が計約4270万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、鹿児島地裁(鎌野真敬裁判長)は14日、病院側に計約2470万円の支払いを命じた。平成24年11月13日、脳内出血で同病院に搬送されて入院、翌月に急性肺血栓塞栓症で死亡した。

 鎌野裁判長は判決で「遅くとも死亡の数日前までには症状が認められたのに、必要な検査と治療を怠る過失があった」と指摘した。」



これは私が担当したものではありません.
肺血栓塞栓症についてはこのように治療の不作為について責任が認められるケースがあります.
発症確率が低くても,警戒すべき疾患についてその兆候を見逃した場合,注意義務違反が問われると考えるべきでしょう.また,予防,治療の付実施との因果関係についても高度の蓋然性が認められるケースが増えているように思います.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2017-03-15 03:57 | 医療事故・医療裁判

宮崎地裁平成29年3月10日判決,宮崎大病院に誤って皮内注射し壊死が生じた件で10万円支払を命じる

b0206085_22463864.jpg
宮崎地裁(藤田光代裁判長)は,2017年3月10日,医師が鎮静目的で左太ももに筋肉注射を打つ際,誤って皮内に注射し1センチ大の壊死が生じたことを認定し,宮崎大医学部付属病院に慰謝料10万円の支払いを命じました

毎日新聞「宮崎大付属病院に10万円支払い命令 地裁判決」(2017年3月11日)参照

この件は私が担当したものではありません
注射の角度を小さくしてしまったために皮下注射になってしまった事案のように思います.

注射には,皮内注射,皮下注射,筋肉注射があります.
筋肉注射は,血流にのって早く全身にいきわたります .
高濃度の薬液が皮内注射,皮下にたまったりすると,局所痛・局所障害をもたらすことがあります.
とくに,酸性度が高い薬液は,筋肉注射とされています.
添付文書に,筋肉注射と指示されているものを皮内注射,皮下注射すると,上記報道のように薬液により壊死が生じることがあります.

麻酔における刺激が原因で,気管支閉塞となることがあります.加圧呼吸で対処することが多いのですが,裁判所は,気管チューブを挿入しても空気が行き渡らないと予見するのは困難だった,として,低酸素脳症については,請求を認めませんでした.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2017-03-12 22:37 | 医療事故・医療裁判