弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

カテゴリ:人権( 60 )

内閣府食品安全委員会,いわゆる「健康食品」についての報告書とメッセージ

b0206085_1303220.jpg


内閣府食品安全委員会では、「健康食品」について、平成27年12月8日の第587回食品安全委員会において報告書とメッセージをとりまとめました

「いわゆる『健康食品』についてのメッセージ」のまとめは,次のとおりです.

「 「健康食品」について安全な選択をするために(まとめ)
● 健康の保持・増進の基本は、健全な食生活、適度な運動、休養一睡眠です。
● 「健康食品」を摂る選択をする前に、今の自分にとって本当に必要か考えてください。その際に、信頼できる(科学的根拠のある)情報を入手するように努めることが、自身の健康を守るために大切です。
● 「健康食品」を購入/摂る場合は、このメッセージで述べられている点に注意して、選択をすることが必要です。
● 増量することは健康被害をもたらすリスクを高めます。たとえ効果が実感できなくても、増量してはいけません。
● 「健康食品」を摂っていて体調が悪くなった場合は、すぐに摂るのをやめてください。」



いわゆる「健康食品」は数が多いので,有効性と有害性の科学的検証が追いつかないためかもしれませんが,日本では,「健康食品」の法規制が整備されていません.
食品とも医薬品とも異なる規制が必要ですが,現状では,消費者の自己判断となるのでしょう.
海外では,いわゆる「健康食品」について特別な法的規制が行われていますので,日本でも規制できないことはないはずですが...


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-12-13 17:22 | 人権

いのっち、夫婦別姓に賛成

b0206085_66172.jpg
結婚に際し別姓を選択できる制度に変えることに何の不都合もないはずですが、安倍晋三総理と日本会議が反対し、法改正が進みません.夫婦としての一体感なるものが根拠のようです.

11月12日の『あさイチ』の「どう思う?夫婦別姓」で、井ノ原快彦さんが「同じでも、一体感がないときもあるからねえ」「他人同士でも一体感は生まれるから」と言い、ゲストの牧瀬里穂さんが「たしかに、おっしゃる通りです」と言ったことが話題になっています.
日本では、タレントが自分の考えを述べないことが一般的ですが、これからは自分の考えを述べるタレントのほうが支持されるのではないでしょうか.

ちなみに、井ノ原快彦さんは、ご存知のとおり瀬戸朝香さん(本名;井ノ原恵美さん)と結婚しています.
牧瀬里穂さんは、これもご存知のとおりNIGOさんと結婚していますので、本名は長尾里穂さんなのでしょう.

女性が男性の姓に変えることが圧倒的に多く、現行の夫婦同姓強制制度は明治時代の家制度の名残のように思います.

12月16日午後3時に最高裁で判決が下されます.
違憲判決が出ることを期待します.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-11-24 01:37 | 人権

夫婦同姓への国際的非難

国連の女子差別撤廃委員会は,2009年,「委員会は,前回の最終見解における勧告にもかかわらず,民法における婚姻適齢,離婚後の女性の再婚禁止期間,及び夫婦の氏の選択に関する差別的な法規定が撤廃されていないことについて懸念を有する。」と勧告しました.

時事通信「夫婦同姓、厳しい国際世論=国連、法改正を勧告」(2015年9月23日)は,日本がこの勧告に従っていないことを報じ,「日本の他に夫婦同姓を採用しているのは、慣習で同姓にしているジャマイカと、宗教や地域で制度が異なるインドのヒンドゥー教徒ぐらいだ。」と伝えました.

日本だけをみていると夫婦同姓をおかしいと感じなくなってしまうのかもしれませんが,法律家には上記は周知の事実です.法律家だけにアンケートをとれば,現行法がおかしいという意見が圧倒的多数でしょう.最高裁判所は,(裁判官の健全な人権感覚が麻痺していなければ)人権侵害の法律を憲法違反と断じることと思います.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-09-24 04:54 | 人権

子どもの悩みごと相談

昨日は,第二東京弁護士会の「子どもの悩みごと相談」の担当でした.
夏休みが終わり新学期が始まるこの時期は,子どもの自殺のピークです.
学校が苦痛でしかない子どもたちから電話がかかってきてほしい,と身構えて待っていましたが,電話は親からの1件だけでした(前回は3件あったのに).
子どもたちに知られていないのか,それとも,弁護士・弁護士会が遠い存在なのか...


≪第二東京弁護士会の「子どもの悩みごと相談」≫

○電話相談
番号:03-3581-1885
火・木・金(祝祭日・年末年始を除く)15:00~17:00
相談料金:無料

○面談相談 
面談予約:03-3581-2257
予約受付:火・木・金(祝祭日・年末年始を除く)15:00~17:00
相談料金:無料
     ※面談でのご相談については、前日17:00までにお電話にてご予約ください。
      弁護士会館9Fにて、ご相談をお受けいたします。 




谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-08-28 19:02 | 人権

全国戦没者追悼式での天皇陛下のおことば

今日の全国戦没者追悼式での天皇陛下のおことばは,以下のとおりです.

「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり,全国戦没者追悼式に臨み,さきの大戦において,かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い,深い悲しみを新たにいたします。

終戦以来既に70年,戦争による荒廃からの復興,発展に向け払われた国民のたゆみない努力と,平和の存続を切望する国民の意識に支えられ,我が国は今日の平和と繁栄を築いてきました。戦後という,この長い期間における国民の尊い歩みに思いを致すとき,感慨は誠に尽きることがありません。

ここに過去を顧み,さきの大戦に対する深い反省と共に,今後,戦争の惨禍が再び繰り返されぬことを切に願い,全国民と共に,戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し,心からなる追悼の意を表し,世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。」

On this Day to Commemorate the War Dead and Pray for Peace, my thoughts are with the people who lost their precious lives in the last war and their bereaved families, as I attend this Memorial Ceremony with a deep and renewed sense of sorrow.

Seventy years have passed since the end of the war, and our country today enjoys peace and prosperity, thanks to the ceaseless efforts made by the people of Japan towards recovery from the devastation of the war and towards development, always backed by their earnest desire for the continuation of peace. When I look back on the arduous and sincere steps taken by the people in the course of this long postwar period, I cannot help but be overcome with deep emotion.

Reflecting on our past and bearing in mind the feelings of deep remorse over the last war, I earnestly hope that the ravages of war will never be repeated. Together with all of our people, I now pay my heartfelt tribute to all those who lost their lives in the war, both on the battlefields and elsewhere, and pray for world peace and for the continuing development of our country.


天皇陛下の「おことば」の法的位置づけについては,憲法学説上,議論のあるところです.
政治的な色合いがないよう配慮されてきた「おことば」ですが,近年,護憲の立場から一歩踏み込むことがふえてきました.改憲論,安保法案への危惧が感じられます.

谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-08-15 21:18 | 人権

日本会議と元最高裁長官と日本医師会会長

昨今何かと話題になる日本会議ですが,最近まで元最高裁長官三好達氏が会長でした.(現在は名誉会長です.)
三好達氏は,愛媛県靖国神社玉串訴訟の最高裁大法廷平成9年4月2日判決で合憲の反対意見を書いたこと等で知られています.海軍兵学校の教育の影響は大きかったものと思われます.
また,日本会議の代表委員の一人に,日本医師会会長の横倉義武氏がいます.神社本庁はじめ宗教団体のかたが多い代表委員のなかで一際めだちます.
日本会議の動向はあなどれません.


 谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 」  
by medical-law | 2015-08-14 01:18 | 人権

アムネスティ・インターナショナルが性産業の全面完全合法化をサポートする方針を採択

死刑廃止等で知られるアムネスティ・インターナショナル(Amnesty International)は,2015年8月11日の総会で、性産業の労働者の人権を保護するために合意に基づく性産業の全ての側面における完全合法化をサポートする方針を採択しました.

Global movement votes to adopt policy to protect human rights of sex workers

The resolution recommends that Amnesty International develop a policy that supports the full decriminalization of all aspects of consensual sex work. The policy will also call on states to ensure that sex workers enjoy full and equal legal protection from exploitation, trafficking and violence.


しかし,性産業の労働者が完全で平等な法的保護を享受すること(Sex workers' rights=人権)は,性産業の完全合法化を必要としそれによって達成されるものなのでしょうか.

最近は,「人権」が語られるとき,それが本当に正当な用法・局面なのか,人権を根拠とする主張が本当に適切ななのか,疑問なことがあります.たとえば,タバコ産業の表現の自由,喫煙者の喫煙の自由が主張されるときなど.
人権の名の下に主張されることに,私が賛同できないケースもふえてきました.


 谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村 」  
by medical-law | 2015-08-12 18:58 | 人権

神戸地裁平成27年7月30日,東大大学院医学系研究科講師のセクハラパワハラを認定し賠償命令(報道)

毎日新聞「<セクハラ>東大医師に1126万円賠償命令 神戸地裁」(2015年7月31日)は次のとおり報じました.

「東京大大学院医学系研究科講師の男性医師(48)から性的・身体的暴力を伴うセクハラやパワハラを受けたとして、関西の私大で勤務する30代の女性研究者が男性医師に損害賠償を求めた訴訟の判決が30日、神戸地裁であった。寺西和史裁判官はセクハラなど女性側の主張を認め、男性医師に慰謝料など約1126万円の支払いを命じた。

 判決によると、男性医師は医学教育の分野で多数の書籍を手がけ、複数の学会理事も務めている。女性とは2009年に学会を通じて知り合い、共同研究していた。原告側は「医師は医学教育の分野での圧倒的な社会的地位や権力などを利用し、セクハラを継続した。パワハラもあり、心的外傷後ストレス障害(PTSD)になった」と主張。被告側は「指導の立場にない。好意があって性的関係を持った」と反論していた。

 判決は、男性医師が10年から2年間、「研究打ち合わせ」名目で宿泊先ホテルの部屋に押しかけ、繰り返し性的行為を強要したり暴言を浴びせたりしたと認定。女性のPTSDも認め、「論文のため、逆らいにくい関係であることは明らか」と指摘した。【神足俊輔】」


神戸新聞「東大大学院講師に賠償命令 セクハラなどで1100万円」(2015年7月31日)は次のとおり報じました.

「兵庫県内の大学に勤務する女性講師が、指導役だった東京大学大学院講師の40代男性からセクハラやパワハラを受けたとして、慰謝料など約1200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が30日、神戸地裁であった。寺西和史裁判官は「公私を問わず女性の存在を否定し人格を踏みにじった」などとハラスメントを認定し、約1100万円の賠償を命じた。

 判決によると2012年まで約2年にわたり、首を絞めるなどの暴力やセクハラ行為を度々繰り返し、女性に心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症させた。また、出張先で宿泊代や食事代を女性に支払わせ、気に入らないことがあれば未明まで女性を罵倒し続けるなどした。

 提訴前、女性の代理人弁護士がハラスメントを指摘すると、自身が理事を務める学会から女性を一方的に解任したこともあったという。

 寺西裁判官は「女性は学位取得のため論文完成が必要で、実績があり共同研究者の男性には逆らいにくい関係にあった」とした。」



 当事務所では,医療過誤事件に専念するため,セクハラ,パワハラ事件は取り扱いませんので,これも当事務所が受けたものではありません.
 報道された認定事実からは,単に民事の賠償ですむようなものではなく,犯罪として刑事処罰を与えるのが相当なように思います.
 医学部のセクハラ,パワハラは耳にすることが結構多いので,そのような土壌が一部にあるのかもしれません.優秀な若い研究者,医師がハラスメントでつぶされてしまうことのないようにしていただきたいものです.


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-07-31 12:48 | 人権

“Bomb The World”

マイケル・フランティ(Michael Franti)氏は,“Bomb The World”で,
we can bomb the world to pieces
but we can't bomb it into peace
と歌いました.

政府は,もともと9条の改憲をめざしていたのに,それが困難とわかると96条のハードルを低くする改憲を言い,それも困難とわかると,解釈によって実質改憲を達成しようとして,安全保障関連法案を提出し,衆議院で可決しました.
この法案は憲法改正後に提案すべき内容ですので,法律家が違憲の法案に反対するのは当然です.
この法案により戦争の危険が増大することはあっても,減少することはないことは明白と思いますし,国民の多数が支持しない法案を可決すべきではないと思います.(この法案の是非を争点とする総選挙は実施されていません.)


谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-07-19 09:19 | 人権

最高裁、ハンセン病患者の特設法廷問題で有識者委員会設置

時事通信「有識者委を設置=ハンセン病「特別法廷」-最高裁」(2015年7月2日)は、次のとおり報じました.

「ハンセン病患者の裁判を裁判所ではなく療養所などの「特別法廷」で行った問題で、正当性を調査している最高裁は2日、内部調査だけでは不十分という指摘を踏まえ、調査内容について第三者から意見を聴く有識者委員会の設置を決めた。
 最高裁によると、委員は、井上英夫・金沢大名誉教授(福祉政策論)▽石田法子・弁護士▽小西秀宣・弁護士▽川出敏裕・東京大大学院法学政治学研究科教授▽大塚浩之・読売新聞論説副委員長の計5人。遅くとも9月には初会合を開くという。 
 委員会は非公開。意見を踏まえ、最高裁は調査結果を公表する。特別法廷は1948~72年の間に95件指定された。
 最高裁は、患者団体からの要請を受け、2014年5月に内部に調査委員会を設置。国立ハンセン病療養所「菊池恵楓園」(熊本県)の入所者などから聞き取り調査を行った。」


井上英夫氏は、福祉政策論が専門で、厚労省ハンセン病問題検討会委員会のメンバーで、日弁連法務研究財団のハンセン病事実検証調査事業の検証委員会委員長でした. 日本社会保障法学会理事で、銚子市県営住宅母子無理心中事件の調査団の団長でもあります.

石田法子氏は、元大阪弁護士会会長(平成26年)です.平成9年に大阪弁護士会の人権擁護委員会の委員長、平成20年、21年に日弁連の人権擁護委員会の委員長にそれぞれ就き、活躍しました.なお、ブログ「いしだのりこの 海苔弁当」を書いています.

小西秀宣氏は、元裁判官(東京高裁部総括で定年退官)の弁護士(広島弁護士会所属)です.人権擁護局長に任じられたことがあります.

川出敏裕氏は、刑事訴訟法・刑事政策の研究者で、日本刑法学会と日本被害者学会の理事です.

大塚浩之氏は、日弁連法務研究財団のハンセン病事実検証調査事業の検証委員でした.

調査報告に期待したいと思います.

【追記】

朝日新聞「ハンセン病検証「療養所訪れて」 元患者団体など要望」(2015年8月17日)は次のとおり報じました.

「ハンセン病患者を対象にした過去の「特別法廷」を最高裁が検証している問題で、元患者団体らが17日、最高裁を訪れ、検証のあり方について要望した。最高裁が設置を決めた有識者委員会のメンバーに、療養所に残る「監禁室」を訪れることなどを求めた。「一人ひとりが当時の具体的なイメージを持って議論してほしい」と訴えた。

 かつて特別法廷は非公開で開かれ、患者の差別などを助長し、人権を侵害したと指摘されている。有識者委員会は、最高裁が「内部調査の参考にする」として設置。大学教授や弁護士らを委員に選任した。元患者らでつくる「全国ハンセン病療養所入所者協議会(全療協)」などは、委員会の議論を公開とすることも求めたが、最高裁は「プライバシーに関わる」として非公開にすると説明した。

 要望後、記者会見した全療協の藤崎陸安(みちやす)事務局長は「(非公開の特別法廷が)憲法違反だという結論が出ることを願っている。一部(の委員)はなじみがなく、ハンセン病のことをどこまで知っているのか疑問だ。現地で見聞きする努力はしてほしい」と話した。」



谷直樹


ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-07-06 02:44 | 人権