弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

カテゴリ:出版( 4 )

『看護業務をめぐる法律相談』

b0206085_10253771.jpg新日本法規の『看護業務をめぐる法律相談』を共同執筆しました.
看護職の役割・裁量の拡大により増大する法的リスクを回避するために,看護職の権限や業務範囲,労務管理上の問題など看護職が現場において直面する法律問題を網羅的に取り上げ,Q&A形式でわかりやすく解説した加除式の本です.

【編集代表】 荒井俊行(弁護士)
【編集委員】 平林明美(株式会社日本看護協会出版会 損害保険部部長)
【執筆者】(五十音順)/荒井俊行(編集代表),井上智子(東京医科歯科大学大学院 保健衛生学研究科教授),岩井郁子(聖路加看護大学名誉教授),奥村佳生(弁護士),川合政恵(島根県看護協会副会長),小池良輔(弁護士),高瀬浩造(東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科教授),谷直樹(弁護士),坂野維子(弁護士),平林明美(編集委員),山田雅子(聖路加看護大学教授)

すでに類書がありますが,正確さ等に問題を感じていましたので,執筆を引き受けました.看護職の方に実際に活用していただけるものをめざして,実際にどのような事案で裁判所がどのように判断しているのか,を中立的な立場から客観的に,かつできるだけ平易に書きました.ただ,正確に書こうとすると,(法律家にはともかく)看護職の方には分かりにくいものになりますので,苦労しました.
古い判例の中には,現時点の医学水準,看護水準に照らしてそのまま通用しないものもありますので,その場合は,コメントをしてあります.新しい問題については,裁判例がなくても取りあげ,事故報告,ガイドライン等を参考に,注意義務についてご理解いただけるように記載しました.法規制自体が動きつつあるところについては,今後加除式の利点を活かし,補充していきたいと思います.

なお,私が担当したのは,「第4章 看護事故と法的責任」の一部で,以下の項目です.

第4章 看護事故と法的責任
第1 看護職の注意義務と責任
1 事故による責任の区分
○民事裁判の流れと対応は

3 紛争解決・保険等
○訴訟以外の紛争解決方法は

第2 看護事故事例(ケーススタディ)
1 療養上の世話
○散歩時に患者が転倒したときの責任は

2 診療の補助
○注射による神経損傷事故、与薬による事故の責任は
○静脈注射による事故の責任は
○薬剤の取り違え事故の責任は
○医師の指示なく看護師が准看護師に輸液実施を指示して事故が起こった場合の責任は
○透析による事故の責任は
○輸血(血液製剤)取扱いによる事故の責任は
○麻酔薬による事故の責任は
○尿道カテーテル交換時の事故の責任は
○浣腸時の事故の責任は
○ナースコールへの対応の遅れによる事故の責任は
○機器類の誤操作の責任は
○チューブ類の外れ・閉塞の責任は
○ケーブルの接続ミス等の責任は
○手術による事故の責任は
○分娩による事故の責任は
○患者取り違えによる事故の責任は
○間違った医師の指示に看護職が従って事故が起こった場合の責任は
○不明瞭な指示書の読み間違いによる事故の責任は

3 観察・説明等
○術後の経過観察が不十分なために発生した事故の責任は
○病状等の経過観察が不十分なために発生した事故の責任は
○誤嚥等が予見される患者の観察が不十分なために発生した事故の責任は
○適切なモニター監視を怠ったことによる事故の責任は
○患者観察が不十分なために他殺、自殺を防止できなった場合の責任は
○情報の記録・医師への連絡に関するエラーの責任は
○看護記録を書き換えた場合の刑事責任は
○患者や家族への不適切な説明・対応の責任は
○患者に自己管理を指導したが、患者が処置を誤り事故が起こった場合の責任は

4 訪問看護
○訪問看護における点滴(輸液療法)による事故の責任は
○ヘルパーにたん吸引を指導後に事故が起こった場合の責任は

更新の励みになりますので下記バナーのクリックをお願いします.弁護士ブログ163サイトの順位のページに移動します.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

谷直樹
by medical-law | 2011-03-08 10:28 | 出版

『患者のための医療法律相談』70の質問

b0206085_8432864.jpg

写真は,北海道庁の池です.

本書の内容は一言では言えないのですが,
『患者のための医療法律相談』の第1部は,「患者の力で医療を良くする」という誌上講演です.
第2部は,よりよい医療を実現するための70の質問と回答,それに10のコラムです.

70の質問は,以下のとおりです.

《診療のはじまり》
 Q1 「患者の権利」とは何か
 Q2 治療を続けているのに病気が治らない
 Q3 医師の診療拒否は許されるか
 Q4 診断書を書いてもらいたい
 Q5 救急車を呼ぶか迷うときには
 Q6よい病院、よい医師を探すには

《診療科》
 Q7 診療科を迷うときには
 Q8 セカンドオピニオンとは
 Q9 複数の病気がある

《診療の内容》
 Q10 医師によって説明内容が違うがどうしたらいいか
 Q11 診断ミスはなぜ起こるのか
 Q12 人体実験への同意
 Q13 臨床試験への参加を検討している
 Q14 臓器移植とは
 Q15 不妊治療とは
 Q16 がん医療における緩和医療とは
 Q17 延命治療の中止を勧められたら
 Q18 リヴィングウィルとは

《費用》
 Q19 保険診療、自費診療、混合診療とは
 Q20 差額ベッド代、シーツ洗濯代は払わなければならないか
 Q21 領収証、明細書をもらいたい
 Q22 医療費の援助を受けたい
 Q23 診療費を払わないと

《説明》
 Q24 説明を受けるには
 Q25 同意書にはどのような意味があるか
 Q26 病気のことを正しく知りたい

《入退院》
 Q27 強制的に入院させられてしまった
 Q28 病院から退院を求められた

《医療者との対応》
 Q29 主治医を変えてもらいたい
 Q30 病院の職員は秘密を守ってくれるか
 Q31 看護師にできることは
 Q32 母が職員に虐待されているかもしれない
 Q33 感染症のために差別されている
 Q34 ドクター・ハラスメントとは
 Q35 病院にクレームを言いたい

《真実を知りたい》
 Q36 カルテのコピーがほしい
 Q37 カルテが読めない、簡単すぎる、事実と違う
 Q38 解剖を勧められたら
 Q39 事故調査委員会とは

《賠償》
 Q40 損害賠償を受けられない(一)─ 過失
 Q41 損害賠償を受けられない(二)─ 因果関係
 Q42 合併症と医療過誤はどう違うか
 Q43 損害賠償額の相場は

《解決方法》
 Q44 弁護士は何をしてくれるか
 Q45 医療機関での不安や不満はどこに相談したらいいか
 Q46 医療ADRでは、何ができるか
 Q47 医療裁判とは
 Q48 「医療崩壊」の原因は
 Q49 患者会とは

《医療過誤》
 Q50 医療過誤にあわないためには
 Q51 頭部外傷の医療過誤
 Q52 腹痛の医療過誤
 Q53 背部痛の医療過誤
 Q54 のどの痛み(咽頭痛)の医療過誤
 Q55 発熱の医療過誤
 Q56 麻酔の医療過誤
 Q57 看護の医療過誤
 Q58 精神科の医療過誤
 Q59 脳神経外科の医療過誤
 Q60 循環器科の医療過誤
 Q61 小児科の医療過誤
 Q62 助産院の医療過誤
 Q63 産科医療補償制度とは
 Q64 歯科の医療過誤
 Q65 美容の医療過誤
 Q66 包茎手術にまつわるトラブル
 Q67 レーシックにはどんな医療過誤があるか

《薬》
 Q68 薬について知りたい
 Q69 薬の副作用被害は補償されるか
 Q70 がん対策基本法で何が変わるか



ブログランキングに参加しています.クリックお願いします.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2010-09-22 08:49 | 出版

『患者のための医療法律相談』の反響

b0206085_6584453.jpg

『患者のための医療法律相談』(法学書院)について,多くの人からお褒めの言葉をいただきました.ありがとうございます.

本書は,私以外に,12人の弁護士が執筆しています.

福岡の久保井摂先生,小林洋二先生,
大阪の岩本朗先生,
名古屋の堀康司先生,
横浜の鈴木野枝先生,
札幌の田端綾子先生,
東京の,石川順子先生,後藤真紀子先生,三枝恵真先生,田井野美穂先生,高梨滋雄先生,岡村香里先生
です.

本書の成果は,12人の先生方のお力によるものであることを,改めて申し上げます.
(一番多く書いたのは私ですけど.)

東京の医療過誤研究会の先生が.同様の本を企画しているとのことで,真剣に読まれていました.
患者と医師とのコミニュケーションがスムーズなものとなり,患者の権利の実現が図られ,安全で納得のいく医療が受けられる手助けとなるための本が増えることは歓迎です.
ただ,著作権がありますからね.



ブログランキングに参加しています.クリックお願いします.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2010-09-22 07:08 | 出版

患者のための医療法律相談

b0206085_20362540.jpg


『患者のための医療法律相談』(法学書院)が,ついにできあがりました.
共同編集の石川順子弁護士と話し合い,患者が疑問を感じる,大小様々な問題について,解決の方法,方向を示唆する本を目指しました.患者側の立場で,苦情相談・法律相談,医療事故調査,医療安全に対する政策提言,その他患者の権利の向上のために活動している全国各地の弁護士に執筆をお頼いしました.
患者と医師とのコミニュケーションがスムーズなものとなり,患者の権利の実現が図られ,安全で納得のいく医療が受けられる手助けとなれば,大変嬉しいです.


ブログランキングに参加しています.クリックお願いします.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2010-08-28 22:54 | 出版