弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

カテゴリ:オンブズマン( 29 )

福岡のNPO法人患者の権利オンブズマン解散後も,「患者の権利オンブズマン東京」は活動を続けます

b0206085_7135213.jpg

西日本新聞 「患者の権利オンブズ解散 活動18年、福岡市の民間相談団体 メンバー高齢化や資金難で」(2017年2月2日)は, 次のとおり報じました.

 「手術にミスがあったのでは」「説明がなく不安」-。医療や介護への不安を訴える患者や遺族の相談に無料で応じ、医療機関に改善も迫ってきた福岡市のNPO法人患者の権利オンブズマン(久保井摂理事長)が3月末での解散を決めたことが分かった。ボランティア相談員の高齢化と資金難で活動が難しくなった。日本初の医療専門の民間相談機関として18年前に始まった活動は、九州各地や関東にも裾野を広げ、患者へのカルテ開示が進むなどの功績も残した。

 同オンブズマンによると、研修を受けたボランティアが相談を受けたり、医療機関との対話の場に同席したりしてきたが、近年は新たななり手が見つからず、主に60~70代の6人で対応。一時は年間300件近い面接相談に応じてきたが、近年は120件前後になっていた。加えて会費を納める会員数もピーク時の半数の約600人となり、民間からの寄付も減少。理事らが私費を投じるなどしたが、事務局運営や市民講座のやりくりが難しくなった。

 同オンブズマンは、患者取り違えなどが相次ぎ医療不信が高まっていた1999年、薬害エイズ問題に関わった池永満弁護士(2012年死去)の呼び掛けで発足。訴訟によらない問題解決を目指してカルテ開示などに取り組み、弁護士や医師らも無償で助言をしてきた。

 この18年間で計約6600件の相談に対応(電話相談含む)。医療機関側に問題が見られた場合の改善勧告は24件に上る。対話や勧告に法的拘束力はないが、病院が夜勤態勢を見直すなど改善につながった例もあるという。

 福岡での活動を受け、東京や神奈川、大分、熊本などでも市民団体が相談受け付けを開始。厚生労働省も03年にカルテ開示の指針を定め、06年の医療法改正で各都道府県に医療相談窓口の設置が進むなどした。

 久保井理事長は「発足当初は患者のカルテ開示さえ応じない医療機関が多かったが、今は苦情窓口を設ける病院も増え、患者の権利意識も向上した。一定の役割は果たせたと思う」と話している。

 解散の方針は1月15日の理事会で決定。面接相談の予約電話は2月末まで受け付ける。18年間の歩みを振り返る集会を4月23日午後1時半から福岡市・天神の天神ビルで開催する。オンブズマン事務局=092(643)7579。


私は,福岡のNPO法人患者の権利オンブズマンの会員であり,「患者の権利オンブズマン東京」の幹事長です.
福岡のNPO法人患者の権利オンブズマン解散後も,「患者の権利オンブズマン東京」は活動を続けます.
たしかに,活動はボランティアで行っていますので,とくに事務局機能の維持は大変です,
相談は無償で行ない,会員の会費と寄付金で活動経費をまかなっていますので,「患者の権利オンブズマン東京」の財政も決して楽ではありません.
しかし,医療に関する苦情相談のニーズは依然として高く,とくに,院外の第三者機関に相談したいと考える人は少なくありません.
市民と法律家と医療者でつくる民間団体である,「患者の権利オンブズマン東京」が,患者の権利の観点から苦情相談を行うことの意義は高いと考えています.「患者の権利オンブズマン東京」は活動を続けまので,ご支援をお願いします.詳しくはコチラへ
ボランティア希望のかたは,谷直樹(03-5363-2052)までお電話ください.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2017-02-04 06:37 | オンブズマン

11月12日14時から講演会「HPVワクチンーその有効性と必要性への疑問」

講演会「HPVワクチンーその有効性と必要性への疑問」
講師:小松短期大学特任教授(元金沢大学産婦人科講師) 打出 喜義(うちで きよし)氏

日時:2016年11月12日土曜日14時~16時
場所:東京ボランティア・市民活動センター(飯田橋)10階A室
主催:患者の権利オンブズマン東京
参加費無料



谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!

  ↓


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2016-11-11 09:45 | オンブズマン

2015年3月14日、鈴木利廣氏の講演「私の約40年間の弁護士活動からみた日本の医療の課題」

鈴木利廣氏の講演「私の約40年間の弁護士活動からみた日本の医療の課題」
2015年3月14日(土)14:30~16:30,
JR総武線・飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階「東京ボランティア・市民活動センター」A会議室

主催 患者の権利オンブズマン東京

 群馬大学医学部付属病院、東京女子医大病院などにみるように、患者の安全が危険にさらされる事態が報道されています.薬の安全性、医師主導の臨床試験に関する疑惑報道が相次いでいます.生命倫理に関する深刻な問題も現実に起きています.
 患者の権利を中心とした医療基本法の制定を求める声が高まり、医療者もまじえ、法律の制定に向けた動きが活性化しています.
 また、2015年10月には、改正医療法に基づいた医療事故調査制度が発足するため、激しい議論が戦わされています.
 長年にわたって医療と人権の問題に取り組んできた,私が尊敬する弁護士鈴木利廣先生(司法修習28期)から、その40年の活動からみた日本の医療の課題についてご講演いただきます.

【鈴木利廣先生の経歴】
1947(昭和22)年東京都生まれ
1965(昭和40)年法政第一高等学校卒業
1969(昭和44)年中央大学法学部卒業
1974(昭和49)年司法研修所入所
1976(昭和51)年弁護士登録(東京弁護士会)
その後、勤務弁護士(2年)、個人事務所開設(4年)、協同事務所開設(6年)、個人事務所開設(16年)を経て、2004年にすずかけ法律事務所開設に参加。
2004(平成16)年明治大学法科大学院教授(医事法担当)

【鈴木利廣先生の所属】
・医療問題弁護団(代表)
・東京HIV訴訟弁護団(事務局長)
・薬害オンブズパースン会議(代表)
・薬害肝炎全国弁護団(代表)
・日本医事法学会(理事)
・日本生命倫理学会(監事)
・患者の権利オンブズマン全国連絡委員会(共同代表)

【鈴木利廣先生の著書】
「医薬品の安全性と法-薬事法学のすすめ」(共編著・エイデル研究所)
「医療事故の法律相談」(監修/共編/共著・学陽書房)
「人権を考える本(1)医療・消費者と人権」(共著・岩崎書店)
「医者と患者の法律相談」(共著・青林書院)
「人権ガイドブック」(共編/共著・花伝社)
「患者の権利とは何か」(岩波ブックレット)
「判例評釈・医療事故と患者の権利」(共編/共著・エイデル研究所)

 是非、ご参加を!(参加費無料)
 事前申し込みは、きのした法律事務所へTEL:03-5921-2766 / FAX:03-5921-2765


  谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-03-09 01:34 | オンブズマン

患者の権利オンブズマン,ボランティア募集

福岡の「NPO法人患者の権利オンブズマン」のボランティア募集が新聞報道されました.

毎日新聞 「患者の権利オンブズマン:ボランティア募集 18日、東区で説明会 /福岡」(2015年2月15日)は,次のとおり報じました.

「医療機関に対する苦情や相談を受け、第三者の立場で解決に当たるNPO法人「患者の権利オンブズマン」が18日午後2時、東区馬出の事務局で「相談員・事務局ボラティア募集説明会」を開く。
 同NPOは1999年に設立。「医師の説明が分からない」「カルテを開示してもらえない」「話を聞いてもらえなかった」といった医療や福祉サービスについて無料相談に応じている。市民相談員...」


福岡の「NPO法人患者の権利オンブズマン」のボランティア募集については,NPO法人患者の権利オンブズマン事務局(電話 092-643-7579)まで御連絡をください.

なお,「患者の権利オンブズマン東京」では,随時ボランティアに応募できます.東京でボランティア(とくに市民相談員)をしたいと考えている人は,谷直樹(電話03-5363-2052)に御連絡をください.

  谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2015-02-15 21:54 | オンブズマン

患者の権利オンブズマン全国合宿研修と福岡のうまいもの

週末,患者の権利オンブズマン全国の合宿のため,福岡に出張しました.
福岡のNPO法人患者の権利オンブズマンは,池永満先生亡き後も,がんばっていました.

27日は,木下正一郎先生から,厚労省の2013年5月29日付「医療事故に関する調査の仕組み等に関する基本的なあり方」の紹介と解説がありました.
そのあと,池永満氏著「新・患者の権利」の読み合わせを行いました.
各地からの報告,グループ討論も行いました.
28日午前は,同行支援の充実を目指す研修会(ロールプレイ含む)があり,活発な意見交換が行われました.
午後は,田中茂實先生から「社会福祉における権利擁護と地域でのシルテムつくり」の御講演がありました.
合宿講評のなかで,私は,最近は結果を求められるようになってきている傾向があるのではないか,無料の相談,支援に対しても具体的な成果を期待するようになっているのではないか,という趣旨のことを話しました.
そのあと,全国委員会が開かれました.次回の全国合宿研修は2014年2月22日,23日と決まりました.

ところで,私は,福岡に出張すると,だいたい天神あたりのホテルに泊まります.
パルコ地下のパン屋さんには,明太子フランスが普通においてありました.
天神で,冷麺とキーマカレーのセットを見つけました.
福岡には,辛いものが大好きな人がいるのでしょう.

夕食は,岩田屋新館7階の蕎麦屋さんで,アボガドとえびのサラダ蕎麦を食べました.
細く白い蕎麦の上にアボガドとえびとベビートマトほかの野菜がのっており,トマトソースと温玉をかけて食します.繊細な蕎麦が,サラダに調和し,美味でした.

岩田屋本館地下2階の角(地下街からの地下通路の傍)の落ち着いた目立たないお店で,冷たいチョコレートドリンクを飲みました.口あたりがなめらかで絶品でした.

中洲川端でブルックリン・パーラーを見つけ,スープランチを食べました.冷たいトマトスープに鰯のマリネが入っている夏向きの一品でした.新宿のブルックリン・パーラーと同様に,ノリのよい音楽がかかっているのもよかったです.

御土産に,岩田屋の地下で,ぶどう大福(如水庵)を買いました.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-07-29 00:50 | オンブズマン

「池永満先生を偲ぶ会」in東京

東京でも,「池永満先生を偲ぶ会」を2013年6月29日開きました.福岡ほどではありませんが,盛会でした。日弁連副会長の松田幸子先生,日本生協連の日野秀逸先生などもいらっしゃっていました.
鈴木利廣先生が『医療に巣くう病根』編集当時,池永満先生の原稿にコメントをしたなどの昔話を披露していました.
福岡の小林洋二先生,久保井摂先生のお話は,じーんときました.
患者の権利オンブズマン東京の市民相談員多数が池永満先生の思い出を語っていました.
池永早苗さんのご厚意により,「新・患者の権利」が配布されました.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-07-02 09:48 | オンブズマン

「池永満先生を偲ぶ会」in福岡

b0206085_21104477.jpg昨日(2013年6月2日),福岡に行き,「池永満先生を偲ぶ会」に出席しました.

広い会場に多くの人が集まり,みなさん,いろいろ言いながらも,池永満先生のことが大好きなことが分かりました.厚い追悼記念誌には,それぞれの思い出いっぱいが詰まっています.発言の機会を与えられた人は,時間をオーバーしても熱く語っていました.
スライド上映も,唄もあり,満マニアクイズもありの,盛りだくさんの会でした.
東京からも何人も来ていました.

池永満先生の『新・患者の権利』(九州大学出版会,2013年7月3日発行)がもれなく出席者に配布されました.
ホテルで夜を徹して『新・患者の権利』を読みました.
b0206085_21113795.jpg


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-06-03 21:09 | オンブズマン

患者の権利オンブズマン東京総会記念講演

読売新聞「患者の権利オンブズマン東京総会記念講演」(2013年2月28日)は,次のとおり伝えました.

「3月9日午後2時、東京・飯田橋のセントラルプラザ10階。無料。申し込みはメール(kanjakenri@yahoo.co.jp)で。問い合わせは(電)03・5363・2052。」

患者の権利オンブズマン東京のサイトより

1 『患者の権利オンブズマン東京10年のあゆみ-医療に心と人権を-』   

  幹事長 谷直樹
  午後2時~2時20分

人権とは人を人として尊重することです.
世界人権宣言第1条は「すべての人間は、生れながらにして自由であり、かつ、尊厳と権利とについて平等である。人間は、理性と良心とを授けられており、互いに同胞の精神をもって行動しなければならない。」としています.
医療は、人の生命身体にかかわるものであり、人の生き方に影響しますから、医療では人権が保障されねなりません. 医師と患者・家族の双方に心の余裕がないと、関係がギスギスしたものになり、お互いにその言葉の背景を察することができず、お互いを尊重することができません。そのため、むなしい争いが生じることもあります。
こじれた関係を修復できるのは、その当事者以外にありません. 医師と患者・家族の双方がお互いを尊重し、対話を回復するために、患者の権利オンブズマン東京は、今後も活動を続けていきたいと思います.


2 『患者のエンパワメントと患者支援-患者相談のあり方-』

  ペイシェント・アドボケイト/医療コミュニケーション研究者
  岡本左和子 先生の特別講演

患者がどのような感情・思考を経て苦情に至るのか,その時々で必要な支援は何か。このような点を理解しないままでは,良かれと思った支援でも,ある局面では不適当ということがあります。
 適切な患者相談にあたって重要かつ理解してほしいことを,演者の経験と研究に基づいて,ご講演いただきます。また,相談員が元気になるお話も満載です。
 お誘い合わせの上,多数ご参加下さい!!

 岡本左和子先生は,1957年兵庫県生まれ。
 同志社女子大学学芸学部英文学科卒業。
 1995年より約5年間米国ジョンズ・ホプキンス病院国際部にてペイシェント・アドボケイトとして勤務。
 2006年米国メリーランド州立タウソン大学コミュニケーション学修士取得。
毎日新聞に「診察室のワルツ」を連載しています.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-02-28 22:13 | オンブズマン

良心を枉げて易きにつく者は悔いを千載に残す

「良心を枉げて易きにつく者は悔いを千載に残す」
故池永満先生の座右の銘です。
b0206085_2156292.jpg

論説委員大矢雅弘氏が,朝日新聞2013年1月26日夕刊に,故池永満先生のことを書いています.

「彼は,いまの議論を20年前にすでにしていたことになる」(鈴木利廣氏)

「単に先見性を持つ人は多いが,組織力と実行力という三拍子そろった珍しい人だった」(安東毅氏)

「最先端の問題を,こんなふうにやろうと言いだし,闘うための仕掛けをつくっていく。そこが池永さんの真骨頂だ」(東島浩幸氏)

最先端の困難な問題に正面から向かい切り開いてきた故池永満先生に悔いはないでしょう.

なお,最もめざましい成果をあげたのは,患者の権利オンブズマンの活動と評価されています.
患者の権利オンブズマン東京は,2013年3月9日に総会記念講演会を東京・飯田橋で開きます.
事前申込はコチラから.

谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-01-27 22:00 | オンブズマン

3月9日患者のオンブズマン東京総会記念講演会のご案内

私は,市民団体「患者の権利オンブズマン東京」の幹事長をしています.
患者の権利オンブズマン東京は,2002年12月15日の創設ですので,2013年で11年目に入ります.
患者の権利オンブズマン東京は,患者・家族の苦情が,医療施設・医療従事者との誠実な対話を通じて,患者の権利に関する国際的基準に準拠して,迅速・適切に解決されるよう,患者家族の相談を受けてきました.
3月9日に講演を行いますので,是非,来てください.
 
1 『患者の権利オンブズマン東京10年のあゆみ-医療に心と人権を-』   
   患者の権利オンブズマン東京幹事長 谷直樹
   午後2時~2時20分

人権とは人を人として尊重することです.
世界人権宣言第1条は「すべての人間は、生れながらにして自由であり、かつ、尊厳と権利とについて平等である。人間は、理性と良心とを授けられており、互いに同胞の精神をもって行動しなければならない。」としています.
医療は、人の生命身体にかかわるものであり、人の生き方に影響しますから、医療では人権が保障されねなりません. 医師と患者・家族の双方に心の余裕がないと、関係がギスギスしたものになり、お互いにその言葉の背景を察することができず、お互いを尊重することができません。そのため、むなしい争いが生じることもあります。
こじれた関係を修復できるのは、その当事者以外にありません. 医師と患者・家族の双方がお互いを尊重し、対話を回復するために、患者の権利オンブズマン東京は、今後も活動を続けていきたいと思います.


2 『患者のエンパワメントと患者支援-患者相談のあり方-』  
   ペィシェントコーディネーター 岡本左和子 先生の特別講演
   午後2時20分~4時20分
 
 岡本左和子先生は,1957年兵庫県生まれ.
 同志社女子大学学芸学部英文学科卒業.
 1995年より約5年間米国ジョンズ・ホプキンス病院国際部にてペイシェント・アドボケイトとして勤務。
 2006年米国メリーランド州立タウソン大学コミュニケーション学修士取得.
  毎日新聞に「診察室のワルツ」を連載しています.

日時;2013年3月9日(土曜日) 午後1時45分開場
場所;飯田橋の東京市民ボランティアセンター
 
事前申込は患者の権利オンブズマン東京のサイトからメールでお願いします.


谷直樹

ブログランキングに参加しています.クリックをお願いします!
  ↓

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2013-01-16 09:08 | オンブズマン