弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

<   2010年 10月 ( 38 )   > この月の画像一覧

シンポジウム「医療基本法の制定を!」

b0206085_19124826.jpg

シンポジウム「医療基本法の制定を!」をご紹介します.
是非,ご参加をお願いします.

医療と憲法の間を結ぶ「医療基本法」,今その制定を求める動きがはじまっています.たしかな未来につながる医療をはぐくむために,基本法はなぜ必要なのか.患者と医療者が共に志す医療をしかと描いてみませんか. (参加費無料)

【日時】2010年10月30日土14時~17時(13時半開場)
【会場】明治大学駿河台キャンパス リバティタワー1階1012
【内容】  
基調講演「医療基本法はなぜ必要か」
 日野秀逸氏(東北大学名誉教授)

シンポジウム 医療基本法の制定を!
 飯沼雅朗氏(日本医師会前常任理事)
 海辺陽子氏(NPO法人がんと共に生きる会副理事長)
 尾身茂氏(自治医科大学教授)
 嶋森好子氏(東京都看護協会会長)
 田中秀一氏(読売新聞社医療情報部長)
 本田宏氏(済生会栗橋病院副院長)
                 五十音順

主  催 医療基本法制定推進フォーラム
共  催 明治大学医事法センター
連絡先 すずかけ法律事務所(鈴木利廣)
TEL 03(3941)2472 

ブログランキングに参加しています.クリックお願いします.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2010-10-13 19:19 | 医療

裁判例から医師の説明義務を考える(3)

b0206085_8474972.jpg

医師には,患者の自己決定,選択のために必要十分な説明を行う義務がある,とされています.選択肢が複数ある場合,患者の選択権を保障するために.複数の選択肢を説明する義務が医師に認められています.或る方法だけを説明して.それへの同意を求めるというのでは,十分な説明とは言えません.

■ 平成4年の医療法改正

このことは,平成4年の医療法改正で,明確になりました.
平成4年に加えられた医療法第1条の2の1は,次のとおりです.

「医療は、生命の尊重と個人の尊厳の保持を旨とし、医師、歯科医師、薬剤師、看護婦その他の医療の担い手と医療を受ける者との信頼関係に基づき、及び医療を受ける者の心身の状況に応じて行われるとともに、その内容は、単に治療のみならず、疾病の予防のための措置及びリハビリテーションを含む良質かつ適切なものでなければならない。」

■ エホバの証人輸血拒否事件の最高裁判決

エホバの証人の信者は宗教上の理由から輸血を拒んでいるのですが.医師が患者であるエホバの証人の信者に輸血を行う可能性があることを説明しないで輸血を行った事案で,最高裁判所判決は,次のとおり述べました.

「患者が,輸血を受けることは自己の宗教上の信念に反するとして,輸血を伴う医療行為を拒否するとの明確な意思を有している場合,このような意思決定をする権利は,人格権の一内容として尊重されなければならない。そして,Aが,宗教上の信念からいかなる場合にも輸血を受けることは拒否するとの固い意思を有しており,輸血を伴わない手術を受けることができると期待して医科研に入院したことをB医師らが知っていたなど本件の事実関係の下で,B医師らは,手術の際に輸血以外には救命手段がない事態が生ずる可能性を否定し難いと判断した場合には,Aに対し,そのような事態に至ったときには輸血するとの方針を採っていることを説明して,医科研への入院を継続した上,B医師らの下で本件手術を受けるか否かをA自身の意思決定にゆだねるべきであったと解するのが相当である。」「同人の人格権を侵害したものとして,同人がこれによって被った精神的苦痛を慰謝すべき責任を負うものというべきである。」(最高裁平成12年2月29日判決)

このように,人格権は意思決定をする権利(自己決定権)を含むことから,最高裁判所判決は,説明義務違反の根拠を人格権侵害と構成しました.
つまり,上記の場合に輸血を行う可能性があることを説明する義務が,人格権,自己決定権を根拠に認められています.


ブログランキングに参加しています.クリックお願いします.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2010-10-13 08:57 | 説明義務

カメラ目線

b0206085_8381680.jpg

出勤時,玄関先でふと視線を感じてそちらを見ると,お隣の家の前で子猫がこちらをじっと見ていました.

眼がくりっとしていてお行儀が良く,とても可愛らしい子です.
おそらく,この周辺をテリトリーとしている野生の猫のうちの一匹なのでしょう,何度か見かけたことがある子でした.

逃げちゃうかな・・・と思いながらカメラを向けましたが,少し近寄っても微動だにせず,じっとカメラ目線でいてくれたので,このような写真が撮れました.

近所の猫たちがあまりに愛らしく,どうにか写真に収めたいと彼らを追いかけ回しては逃げられ,迷惑そうに一瞥されたり猫パンチされる日々が続いていたので,撮影に協力的なこの子に朝から癒されました.

後から思い返してみると,「逃げちゃダメ・・・」と念じながら必死な形相で写真を撮る私への恐怖で,腰が抜けて動けなかっただけなのかも・・・とも思いましたが,そうではないと信じたいです.

事務局H

ブログランキングに参加しています.クリックお願いします.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2010-10-12 08:40 | 動物

映画『7月24日通りのクリスマス』

b0206085_17124437.jpg

写真は,長崎の眼鏡橋です.

映画『悪人』が評判ですが,吉田修一さんの原作では『7月24日通りのクリスマス』も思い出してほしいです.

小説『7月24日通り』は,簡潔な文章がたまらなくよいです.

主人公は,長崎の地形がリスボンに似ていることを発見し,丸山神社前→ジェロニモ修道院前,水辺の公園→コメルシオ広場,岸壁沿いの県道→7月24日通り,と置換し,楽しんでいます.

映画『7月24日通りのクリスマス』では,中谷美紀さんが主人公を演じています.中谷さんですから,どんな髪型,メガネ,服装でも,地味でさえない女性にはみえないのです.
上野樹里さんが演じる弟(花男の阿部力さん)の恋人も,さえない女性にはみえません.大沢たかおさんも,輝いていた過去を超えられない男性にはみえません.そのため,原作を読んでいないと主題がわかりにくいところがあります.そのかわり,主人公がとらわれていた,さえないvs輝いている,の二元論ではみえにくかったものが描かれています.

Kの「ファースト・クリスマス」が主題歌です.エラ・フィッツジェラルド,ダイアナ・ロスとシュープリームスの懐かしいクリスマスソングも聞けます.眼鏡橋,公会堂前などもでてきます.

ところで,みなさまは,菜月ちゃんとちがい,リスボンがどこにあるかご存じでしょう.
患者の権利に関する世界医師会のリスボン宣言の,あのリスボンです.
http://www.mi-net.org/lisbon/D_Lisbon_j.html



ブログランキングに参加しています.クリックお願いします.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2010-10-11 10:21 | 趣味

裁判例から医師の説明義務を考える(2)

b0206085_10122940.jpg

「検査,入院説得のための説明義務」について述べます.

医師の「療養指導としての説明義務」は,医師の管理下にないところでの患者の自己管理のためですが,「検査,入院説得のための説明義務」は,医師の管理が必要となったときに認められているものです.場面は違いますが,どちらも診療のために必要とされるものです.

患者が検査,入院が必要な病態のとき,医師は,患者に,検査,入院の必要性と検査,入院を怠ったときの危険性を説明する義務があるとされています.
患者は必ずしも自分の病態を理解しているわけではありませんので,医師が単に「検査を勧めます」「入院を勧めます」と言うだけでは.勧奨に従うとは限りません,医師は,具体的に必要性と怠ったときの危険性を患者が理解できるように説明する義務がある,とされています.

大動脈弁狭窄症が悪化していたのに患者が病状について誤解していた事案で,患者が自らの身体状態や必要な治療に対する評価について誤解していると医師が予見し得る場合,医師は患者の誤解を解くために十分な説明をする義務があるとされ,医師の説明義務違反が認められています(東京地裁平成18年10月18日判決).

C型慢性肝炎から肝臓がんに進行して死亡した事案で,医師が.患者に,C型慢性肝炎の予後が重大なものであるため,その治療が必要であると説明し,改めてC型肝炎ウイルス検査を受検するよう説得を試みることをしなかったことから,医師の説明義務違反が認められています(大阪地裁平成19年7月30日判決).

胃がんの見逃しや事案で,医師には本件造影検査の画像読影後速やかに内視鏡検査及び生検を含む精密検査をすべき義務があり,また,医師の医院には内視鏡検査等を行いうる機器がないため内視鏡検査等を自ら行いえないのであれば患者に対し内視鏡検査等を行いうる医療機関を紹介し精密検査を受検するよう指導すべき義務があったとし,義務違反が認められています(名古屋地方裁判所平成19年7月4日判決).

他方,レントゲン写真から肺がんを疑った医師の精査指示に対し,患者がこれを頑なに拒否し,肺がんで死亡した事案で,説得にもかかわらず検査を受けることを拒否したからといって,さらに家族を呼んで説得するまでの義務はない,とされています(大阪地裁平成18年4月7日判決).



ブログランキングに参加しています.クリックお願いします.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2010-10-10 10:15 | 説明義務

法律相談のご案内

b0206085_8434784.jpg
医療事故? 医療過誤?
医療過誤かどうかは,法律的な判断ですので,弁護士にご相談ください.出来る限り懇切丁寧にご説明いたします.ご家族で来られるように,当事務所では土曜日も相談を行っております.小さなお子様もご遠慮なさらず連れていらしてください.

法律相談をご希望の方は,
電話(03-5363-2052)または
メール  medicallawtani @ yahoo.co.jp へ

[お名前]
[お電話番号]
[ご住所]
[emailアドレス]
[ご相談希望日時]
を添えてご連絡下さい.
  

法律相談の費用
相談料:1時間1万500円(消費税含む)です。延長は30分ごとに5250円(消費税含む)です.

住所  〒160-0003 東京都新宿区本塩町7-6四谷ワイズビル1階
アクセス JR四ッ谷駅(四ッ谷・麹町口),営団地下鉄丸の内線・南北線四谷駅下車.徒歩3~4分
http://medicallaw.jp/


ブログランキングに参加しています.クリックお願いします.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2010-10-09 08:45 | 法律相談

日々是勉強

b0206085_843751.jpg

写真は,日比谷公園です.

大学時代は法学部に在籍しておりましたので,民法・憲法等の基本的な法律科目から,犯罪学等の刑事政策,法医学まで広く浅く学びました.

法律を学んだことで,以前よりニュースの内容が分かるようになった等の利点はありましたが,谷事務所に入所し,「曖昧な知識は無知と一緒」ということを痛感しました。

知っているが適用の場面が分からない条文や,明確な定義を知らないで使っていた法律用語が多く,「法律を知っている」ということと,「法律を実際に使う」ということは似ているようで全然違うものなのだと知りました.

また,法律は改正されていきますし,新しい判例も次々に出ます.
さらに,訴訟の各種手続や書類の取り寄せ,内容証明の出し方,応対等,学校で学ばない知識も必要とされますので,
「日々是勉強」と自分に言い聞かせ,業務にあたっております.

事務局H

ブログランキングに参加しています.クリックお願いします.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2010-10-09 08:01 | 事務局

裁判例から医師の説明義務を考える(1)

b0206085_7485680.jpg

一昨日の,「患者の権利オンブズマン東京」の『2010年秋期公開研修講座』は,患者家族,患者団体,市民団体,医療機関,厚労省,議員秘書,弁護士,マスコミ,一般の方などが受講され,大変盛況でした.ありがとうございます.

その講座で,私がお話した「裁判例から医師の説明義務を考える」の一部を記します.

■ 類型(多分類説)

医師の説明義務には,①療養指導のための指示説明義務,②検査,入院説得のための説明義務(説得義務),③自己決定,選択のための説明義務,④身体的侵襲に伴う行為に対する同意を求めるための説明義務,⑤報告義務としての説明義務,⑥転医勧告,転医提示のための説明義務,転医受け入れのための説明義務などがあります.(転医には,治療上必要な転医と自己決定のための転医があります.)
また,⑦治療法が確立していない場合の説明義務,⑧一般的ではない治療法選択にあたっての説明義務などは,特別な考慮が必要とされます.
2分類説,3分類説も有力ですが,多分類説の方が細かく検討できますので,これに従って述べます.

■ 療養指導としての説明義務

まず,医師には,診療の一環としての「療養指導としての説明義務」があります.
そこで,医師の管理下にないところで患者の自己管理が必要とされる場合,医師は,患者の積極的な自己管理の重要性,それを怠ったときの危険などについて説明する義務があるとされています.

糖尿病や高血圧症などの慢性病の治療を考えるとわかりやすいと思いますが,患者自身がその気にならなければ治療は奏功しません.より良い医療は患者参加の医療です.患者参加の医療では,医師の説明はなくてはならないものとされています.「療養指導のための説明義務」は,より良い医療(参加医療)の根幹をなすものと言えるでしょう.

■ 転落後の脳損傷

たとえば,階段から転落し救急診療を受けた患者が,帰宅後急変した事案で,患者ら一般通常人が,脳損傷につき,機序や症状に関する十分な医学的知識を有していないことを勘案すると,少なくとも患者に対して説明を行って経過観察の必要性を覚知させるべき診療契約上の義務があったとして,医師の説明義務違反が認められています(神戸地裁明石支部平成2年10月8日判決).

■ 新生児核黄疸事件

新生児核黄疸事件で,最高裁判所は,黄疸が増強することがありうること及び黄疸が増強して哺乳力の減退などの症状が現れたときは重篤な疾患にいたる危険があることを説明し黄疸症状を含む全身状態の観察に注意を払い黄疸の増強や哺乳力の減退などの症状が現れたときは速やかに医師の診察を受けるよう指導すべき注意義務を負っていたとし,医師の説明義務違反が認められています(最高裁平成7年5月30日判決).

■ 薬剤の副作用説明義務(「何かあればいらっしゃい」では不十分)

多くの副作用を起こす可能性のある薬剤についてその副作用をもれなく説明するのは困難であるとしても,重大な結果を招来する副作用について説明し情報を提供することは重大な結果の回避のために必要であり,服薬上の留意点について具体的に説明する義務があり,「何かあればいらっしゃい」では不十分であるとして,医師の説明義務違反が認められています(高松高等裁判所平成8年2月27日判決).


■ 精管切断後の残留精子による妊娠

精管切断の約3週間後の性交渉の結果,残留精子によって妊娠した事案があります.手術から4週間以内は残留精子により妊娠する可能性がありますが,医師の説明は,1週間の避妊で足りるというものでした.判決は,その医師の説明が不十分であったとして,説明義務違反を認めました(山口地裁平成8年10月31日判決)


■ 小児の頭部外傷

小児の頭蓋骨骨折を見逃して帰宅させた事案で,「事故後に意識が清明であっても,その後硬膜下血腫の発生に至る脳出血の進行が発生することがあること,その典型的な症状は,意識清明後の嘔吐,激しい頭痛,ぼんやりしてその応答がはっきりしなくなる,異常に眠たがる(傾眠),睡眠時にいつもより激しい鼾,流涎がある,呼んでも目覚めない等であることを具体的に説明して当該患者ないしその看護者に,右症状が現れる本件事故少なくとも約6時間以上は慎重な経過観察と,右症状の疑いが生じたことが発見されたときには直ちに医者の診察を受ける必要があること等の教示,指導するべき義務が患者を帰宅させる場合には存するものと判断される。」として,医師の説明義務違反が認められています(東京高裁平成10年4月28日判決).

■ 包帯の巻き方

シリコンボール挿入術後における包帯の巻き方は重要で,医師は,包帯の巻き方が不適切である場合の危険性を告げた上で,適切な包帯の巻き方を患者が十分に理解し,かつ,患者がそのような巻き方を実行できるようになるまで指導,説明する義務があり,症状の悪化する状況を目の当たりにしながら,包帯等を手術部位からずれないように緩く巻くこと以上の特段の指導,説明をしていたとは認められないとして,医師の説明義務違反が認められています(東京地裁平成13年7月5日判決).

■ ミダゾラム投薬後の運転

内視鏡検査の前投薬にミダゾラム(ドルミカム)を投薬した後,眠くなるので運転しにようにという注意を行わなかった事案で,説明義務違反が認められています。(神戸地裁平成14年6月21日判決)

■ ドナーへの説明

同種末梢血幹細胞移植のドナーが1年余り後に急性骨髄性白血病に罹患して死亡した事案で,担当医師の説明内容は,ドナーの安全性確保というフォローアップ制度の趣旨,目的を適切に伝えたものであるとはいえず,ガイドラインを踏まえた説明をしたとは認められないとして,医師の説明義務違反が認められています(大阪地裁平成19年9月19日判決).

■ 脳室周囲白質軟化症(PVL)

児が脳室周囲白質軟化症(PVL)であることを医師が親に説明しなかった事案で,児に在宅で適切な観察・看護を施すためには,児を退院させるまでに,医師は親に説明を尽くし,児が脳室周囲白質軟化症(PVL)であり,脳性麻痺による運動障害を発症する可能性があるという事実を親に認識させる必要があったとして,医師の説明義務違反が認められています(大阪地裁平成19年10月31日判決).


ブログランキングに参加しています.クリックお願いします.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2010-10-08 07:52 | 説明義務

法律事務員就職活動

b0206085_141271.jpg

写真は,日比谷公園です.

わたしは法律系の学部の出身者ではなく,谷事務所に入所する前は月刊誌の編集局に勤めておりましたので,転職の際,法律事務所にするにあたって,弁護士会に履歴書を持っていったりなどの就職活動をしました.

就職に有利といわれている秘書検定もとったのですが,社会人経験者には一般常識的内容で,さほど実用性はなく,実務に即しているという面では,関係する諸団体のものも含め,事務員が1人で経理をすることも多いので,簿記資格を取った方がよかったかな,とも思いました.
他に,事務所によるとも思いますが,英文を翻訳する機会が案外多く,英語力はあると便利で,これから先,身につけていきたい能力だと考えています.

就職活動中には,普段お話しすることのない,様々な分野を取り扱う事務所の弁護士の先生方にじっくりとお話しを聞けて,とても貴重な経験ができました.
募集は,新聞広告に掲載された求人情報や東京弁護士会のホームページに掲載されている求人に応募したりなどしましたが,最終的には第2東京弁護士会においた履歴書からご連絡を下さった谷先生にお世話になることになりました.弁護士会の事務の方などにとても親切に色々教えていただいたことも,今では懐かしい思い出です.

谷事務所に就職を決めた理由は,医療訴訟を中心とした事務所の専門性と壁一面を埋める医学書に惹かれたのですが,実際仕事をはじめてみて,人の病や死を扱う,責任の伴う大変複雑な業務内容に,日々身の引き締まる思いで取り組んでおります.

法律事務所に就職活動をされている方に,御参考までに….

事務局Ⅰ

ブログランキングに参加しています.クリックお願いします.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2010-10-07 14:15 | 事務局

東京パブリック法律事務所が外国人部門を開設!

b0206085_204253.jpg

東京パブリック法律事務所が,11月1日より外国人部門を開設するそうです.

開設記念に,10月31日午後1時から午後4時まで,「外国人のための無料法律相談」を行うとのことです.これは,原則予約制で,予約受付は10月18日開始とのことです.

面接相談で対応可能な言語は,日本語,英語,韓国語,フランス語,スペイン語.ポルトガル語,インドネシア語,ベンガル語,タイ語,中国語,フィリピン語,ベトナム語,ビルマ語(予定)だそうです.

電話相談(03-5979-2900,10月31日のみ)で対応可能な言語は,日英仏西中韓語のみだそうです.(当日以外の問い合わせは,03-5979-2880日英可とのことです.)

東京パブリック法律事務所のホームページ
http://www.t-pblo.jp/slaf/
によると次のとおりです.

Tokyo Public Law Office will host a free consultation session for foreigners on Oct. 31, 2010.
As an opening event for our new section, Tokyo Public Law Office will hold a free consultation session for foreigners on Oct. 31 within our office. At the session, there will be members of our section as well as other lawyers with experience in cases involving foreigners.
Translators will be available for English, French, Spanish,Portuguese,Korean,Mandarin,
Indonesian, Filipino, Bengali, Vietnamese, Burmese and Thai.
Consultations over telephone will also be
offered in Japanese, English, French, Spanish, Korean and Mandarin.

Tokyo Public Law Office is launching a new section specializing in providing legal services to foreigners on Nov. 1. Consultations will be provided on a regular basis (5,250 yen for a 30 minute session).

東京は外国人が多いので,法律事務所にこのような外国人部門ができると本当に助かります.



ブログランキングに参加しています.クリックお願いします.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2010-10-06 08:12 | 司法