弁護士谷直樹/医療事件のみを取り扱う法律事務所のブログ

<   2010年 11月 ( 35 )   > この月の画像一覧

わたし,きれい?

b0206085_1492465.jpg

もう乾燥する季節なのに,何も対策をしていなかったせいで,口の端が切れてしまいました.
かさぶたになっても,笑ったり,食事をする度にまた切れてしまい,なかなか治りません.
そのうえ,風邪をひいてしまい,事務所内で風邪を流行らせてはいけないと思ってマスクをしているのですが,口の端が切れている+マスクという状況は「口裂け女」と同じだと気が付きました.

口裂け女の噂は,1979年の春に広まって夏に終息したそうですが,1990年代に入ると世間で医療ミスが取り上げられるようになり,美容整形に失敗した女性の話として広がっていました.
90年代に小学生だった私は,下校中に遭遇するかもしれないという恐怖心から,一人では下校できませんでした.
先生方は,当時マスクをしているだけで生徒に「口裂け女だ!」と指を差されてしまい,先生方もマスクをしづらい状況だったのかも・・・と今振り返ると申し訳なく思います。
今の子ども達も口裂け女の話を知っているのでしょうか.

なんにせよ早く風邪を治し,保湿もしっかりして「口裂けてない女」に戻りたいと思います.
季節柄,風邪が流行っておりますので,皆さまも体調管理にはお気を付けください.

事務局H
にほんブログ村の弁護士の部に参加しています.クリックお願いします.クリックは1日1回で,10ポイントつきます.7日間の合計で順位が決まります.更新の励みになりますので,よろしかったら押してください.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2010-11-13 14:10 | 日常

裁判例から医師の説明義務を考える(11)

b0206085_121665.jpg

今回は,投薬についての自己決定,選択のための説明について述べます.

患者の自己決定,選択のために,医師は,①投与の目的・効果・必要性,②その薬を投与しない方法がある場合にはその方法,③発現する可能性のある副作用やショック症状の内容や頻度等を説明する義務があるとされています.

先端的治療については,とくに先端的治療であることを含め,具体的かつ詳細な説明が必要とされています.

■ 胃内視鏡検査前のセルシン投与-説明義務違反肯定例

胃内視鏡検査の前に,キシロカイン(塩酸リドカイン)やブスコパン(ブチルスコポラミン臭化物)などを投与することがあります.
胃内視鏡検査の前に鎮静剤のセルシン(ジアゼパム)を投与し,患者がアナフィラキシーショックを起こして死亡した事案があります.

判決は,投与の目的・効果・必要性や,発現する可能性のある副作用やショック症状の内容や頻度等を説明し同意を得ることを要し,セルシンについては,胃内視鏡検査において投与が必要不可欠とはいえないのであるから,投与の目的・効果・必要性だけではなく,これを投与しない検査方法があること,発現する可能性のある副作用やショック症状の内容や頻度等を説明して同意を得る必要があったとして,B医師の説明義務違反を認めました(福岡地裁小倉支判平成15年1月9日判決(判タ1166・198)).
 
■ 排卵誘発剤による卵巣過剰刺激症候群,脳梗塞-説明義務違反肯定例

排卵誘発剤の投与で患者が卵巣過剰刺激症候群(OHSS)を発症し.脳梗塞となった事案があります.

「平成4年当時,OHSSから血液濃縮が起こることは広く一般に認識されており,血液濃縮だ亢進した場合には血栓症又は塞栓症を発症するという事実も一般化していた上OHSSの重症化により血液の濃縮が起こり,凝固亢進や血栓,塞栓形成のおそれがあることを指摘する論文も存在し,これらのうちには死亡例について触れるものや,脳血栓症,脳梗塞症の発症について報告するものもあった。
当時,我が国において,少なくとも,旭川医大(平成4年論文),秋田大(昭和56年翻訳,平成4年研究究報告),東北大(平成2年症例報告),杏林大学(平成3年症例報告),国立西埼玉中央病院(平成4年症例報告),東京女子医大(平成4年症例報告),自治医大(平成2,3年症例報告),岐阜大(平成2年論文)がそのような知見を有していたことになる。
(中略)
平成4年当時,B医師は,OHSSに血栓症又は塞栓症を合併した海外の報告2,3例を英語の文献を読んで知っていたほか,国内の事例1例を知っており,自治医大がOHSSについて凝固系の研究を行っていることも知っていた。」
「とりわけ,患者に重大かつ深刻な結果が生じる危険性が予想される場合、そのような危険性が実現される確率が低い場合であっても不妊治療を受けようとする患者にそのような危険性について説明する義務があるというべきである。そしてこのような説明義務は,患者の自己決定権の尊重のためのものであり,そのような危険性が具体的した場合に適切に対処することまで医師に求めるわけではないから,その危険性が実現される機序や具体的対処法。治療法が不明であってもよく,説明における医療水準に照らし,ある危険性が具体化した場合に生じる結果についてに知見を当該医療機関が有することを期待することが相当と認められれば,説明義務は否定されないというべきである。」として.裁判所は,その医師が,患者に不妊治療を説明する際に,血栓症又や塞栓症発症の可能性や,これを発症した場合の症状について一通りの説明をする必要があったとして,医師の説明義務違反を認めました(仙台高裁秋田支部平成15年8月27日判決(判タ1138・191)).

■ 分娩誘発剤オキシトシンの投与-説明義務違反肯定例

分娩誘発剤オキシトシンの投与により胎児が重症新生児仮死に陥り後遺症が残った事案があります.

裁判所は,医師は患者に対し,分娩誘発を決定するにあたり,分娩誘発の適応,要約,オキシトシンの副作用,誘発方法を具体的に説明すべき義務があったとしました.
そして,本件医師は間接的に分娩誘発を行うこと及びその実施方法を伝えたのみで,その適応,要約,副作用等については説明していないとして,説明義務違反を認めました(福岡高裁平成16年12月1日判決(判時1893・28)).

■ 先端的治療-説明義務違反肯定例

痙性斜頸に,先端的な治療法であるアドリアシン(塩酸ドキソルビシン)注入術が実施された事案があります.

アドリアシン注入術の作用機序,合理性,有効性,危険性,アドリアシン注入術の治療法としての成熟度など,アドリアシン注入術についての具体的かつ詳細な説明が行われなかったことから,裁判所は説明義務違反を認めました(大阪地裁平成20年2月13日判決(判タ1270・344)).

■ 抗がん剤マイトマイシンの投与-説明義務違反否定例

がん手術後に使用した抗がん剤マイトマイシン投与後,患者が肝機能障害を来たし死亡した事案があります.

裁判所は,①一般に医師は患者に対し医学的侵襲行為を行うに当たり,患者の承諾を得る前提として,症状やこれに対する治療法及びその必要性,危険性等について説明をする義務を負っていることを認めました.
ただ,②その説明の程度は,侵襲の危険性の程度により変化するものというべきである,としました.
そして,③本件医師は,患者に対し抗がん剤の投与により骨髄障害,消化器症状が生ずることがあると説明していたことを認定し,医師の説明義務違反を否定しました(静岡地裁平成10年12月24日判決(判タ1027・221)).

■ 新薬カバサール投与-説明義務違反否定例

裁判所は,新薬カバサールの投与を行うにあたり,医師は,投与の意義,下垂体腫瘍には保険適用がないこと及び副作用,投与後に手術を行うこと等について説明しているとして,説明義務違反を否定しました(東京地裁平成14年4月8日判決(判タ1148・250)).

■ 副作用が疑われる場合の継続投与-説明義務違反否定例

中毒性表皮壊死症の副作用がある皮疹治療薬について,副作用が疑われるのに,さらに継続投与した事案があります.

裁判所は,患者が不安を感じ服用を嫌がったことから,不安を解消するために説明をするのが相当であるとしつつも,具合が悪くなったら服用を中止するよう述べて注意していること,インダシン坐薬の投与によって悪化した可能性は極めて低く,ペクアクチンとトランサミンが症状悪化に関与していないこと等から,説明義務違反を否定しました(東京高裁平成14年9月11日判決(判時1811・97)).

「薬剤による中毒性表皮壊死症の発症頻度は人口100万人当り0.4人から1.2人と極めてまれ」ということから説明義務も否定したものと考えられますが,極めてまれでも重大な結果が発生するものについては説明して自己決定権を尊重すべきであり,この高裁判決には疑問が呈されています.


にほんブログ村の弁護士の部に参加しています.クリックお願いします.クリックは1日1回で,10ポイントつきます.7日間の合計で順位が決まります.更新の励みになりますので,よろしかったら押してください.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2010-11-13 12:04 | 説明義務

シンポジウム「医療基本法の制定を!」で分かったこと

b0206085_1352770.jpg


写真は,生口島(いくちじま)の千里眼です.

10月30日,颱風が接近するなか,医療基本法制定推進フォーラム主催のシンポジウム「医療基本法の制定を!」に行ってきました.

「患者の権利法をつくる会」の事務局長の小林洋二さんの開会の挨拶は,「患者の権利擁護を中心とした医療基本法」という視点が明快でした.
患者の権利は医療基本法に不可欠な主軸であることを確認できたシンポジウムでした.
民主,公明,共産,自民,みんな,社民の各政党から出席またはメッセージがあり,盛り上がりを感じました.

以下,各発言の中で印象に残った点を記します.

1 東北大学名誉教授の日野秀逸さん(基調講演)

● 基本法とは,国政の重要な分野について,国の制度,政策,対策に関する基本方針・原告・準則・大綱を示した法律.日本には,教育基本法から肝炎対策基本法まで40ある(改廃含む).そのうち31は平成になってから制定された.
● 医療は,国民生活のうえで,また国政のうえで,極めて重要な業務・課題であり,医療なくして基本的人権の保障はありえない.しかも,医療に対する国民の不安感が高まっているだけに,患者の権利を基底に据えた医療基本法を制定しよう,という声が高まるのは,当然である.
● 患者の権利を政府に体系的に守らせるのが基本法の趣旨
● 専門家と患者の信頼.協力が不可欠である.スウェーデンの「信頼促進委員会」が参考になる.

2 「特定非営利活動法人がんとともに生きる」副理事長海辺陽子さん

● 国の委員になって一般社会で行われていることが行われていない.本気で解決する気があるのか,疑問を感じた.
● 医療基本法は,医療全体の総合的問題解決に役立つ.
● 患者の声協議会が以下のとおり「医療基本法4つの骨子」をまとめた.
①日本国憲法25条の生存権を具体化する,全ての人への質の高い医療の提供.
②医療が公共のものであるとの認識にたった資源の確保と配分.
③EBM(根拠に基づいた医療)にのっとった最適・最善の医療の確保.
④医療政策決定過程への国民(患者,家族,患者支援者など)の参加.

3 埼玉済生会栗原病院副院長本田宏さん

● ガラパゴス化した日本の医療(先進国最低総医療費.先進国最小医療スタッフ,患者優先ではなく国策優先)に対し,世界では,ヘルシンキ宣言,リスボン宣言などで患者の権利が認められている.
● 学会,医師会,勤務医は,国民の命を守るプロとして,今こそ大同団結して行動すべき.


4 前日本医師会常任理事 飯沼雅朗さん

● ハンセン病問題に関する検証会議に基づく再発防止検討会報告書から,医療基本法制定へ.

5 東京都看護協会 嶋森好子さん

● 医療基本法は.国民自らが健康の保持増進のためにどのような責務を果たすか,また,その上で.どのような医療体制の在り方が必要かの検討に参加する義務と権利を保障するものとなる必要がある.

6 自治医科大学教授 尾身茂さん

● ①相応しい医療,介護へのアクセスについての課題,
②医療の質の評価,情報公開及び医療事故に関する課題,
③患者の経済的負担,医療費に関する課題,
④自己決定権・国民の参加意識に関する課題
に直面している.
● 国民的議論を通し,医療人育成及び医療供給体制等に関する緊急及び中・長期対策について合意を形成し,医療基本法を制定することにより,これからあるべき医療・介護の姿に関するグランドデザインの構築,国民の医療へのニースと医師の職業人としての自由に関する哲学の構築を目標とする.
● この1,2年が日本の医療・介護について大変重要.

7 読売新聞医療情報部 田中秀一さん

● 医療基本法を考える視点は,
①患者の権利を保障する(医事紛争・事故の解決手段の確立,患者への情報開示),
②医療供給態勢を保障する(医師不足などの解消)
である.
● 紛争解決手段(医療側と患者側が話し合う仕組み),患者への情報開示・医療事故解明の方法を法令で明示する.これは,医師・患者信頼関係にも資する.モンスターペイショントから医療側を守ることにもつながる.
● 診療科,地域ごとに医師の定員を設け,計画的に医師を配置する.自治体,医師会,大学病院,基幹病院などが参加して,都道府県地域医療対策協議会を母体に医師配置を行う公的機関を設立する.


にほんブログ村の弁護士の部に参加しています.クリックお願いします.クリックは1日1回で,10ポイントつきます.7日間の合計で順位が決まります.更新の励みになりますので,よろしかったら押してください.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2010-11-12 13:05 | 医療

北川八郎さんの作陶展

元の事務局からの情報ですが,今年も北川八郎さんの作陶展を成城で開催するそうです.

北川八郎さんは,阿蘇山中に暮らす陶芸家です.
四季折々の植物・食物たちのいのちの息づかいが感じられる,作品の数々が展示されます.

「四季折々の梅、桜、メロン、キューリの釉薬の器を中心に花器や小品を揃えました。
幸福感が湧くような元気の出る、明るく、やさしい器をお届けします。」
とのことです.

2010年11月18日(木)~11月24日(水)
10:00~18:00(最終日 17:00)
             b0206085_2033404.jpg
緑蔭館ギャラリーB館
〒157-0066
東京都世田谷区成城6-15-13
TEL:03-3483-1126(小田急線 成城学園前駅中央口より徒歩3分)


≪Cafe Opti maison≫

b0206085_18381717.jpg『北川八郎作陶展』とコラボレーションして,元事務局経営のメガネサロンOpti maisonでは,期間限定のカフェをオープンするとのことです.人気の手作りスウィーツとお茶に,もれなく“楽しいおしゃべり”がついてきます.

Opti maisonは,緑蔭館ギャラリーB館ちかくの住宅街のなかにあります.ちょっと背高のっぽの一軒家です.メガネのオブジェが目印です.


にほんブログ村の弁護士の部に参加しています.クリックお願いします.クリックは1日1回で,10ポイントつきます.7日間の合計で順位が決まります.更新の励みになりますので,よろしかったら押してください.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2010-11-11 18:38 | 趣味

医療過誤法専門講座「カンファレンス鑑定の問題点と対策について」

b0206085_12391670.jpg
昨日,医療過誤法専門講座「カンファレンス鑑定の問題点と対策について-産科事故事件の控訴審逆転勝訴判決を素材にして-」を聴いてきました.

講師は,医師の大西忠博先生と弁護士の山嵜進先生です.

原告は,出血している患者に不十分な補液しか行わず,出血性ショックにより死亡した,と主張し,被告は,羊水塞栓症の可能性を主張し,カンファレンス鑑定が実施され事案です.1審では,羊水塞栓症の可能性が否定できない,ということで原告敗訴となり.控訴審で逆転した有名なケースです.

羊水塞栓症の可能性がないと断定することは,医学的にはおよそ不可能です.
出血量の測定は,産科医療では,或る程度おおまかです.
臨床医療の判断,臨床医療に求められるものとかけ離れた議論に入りこみ,羊水塞栓症の可能性を否定できないから原因立証ができていないとする1審判決は,明らかにおかしく,その誤った判決を支えているのがカンファレンス鑑定です.

カンファレンス鑑定は,東京地方裁判所だけが実施している,特殊な鑑定です.都内13大学から順番に3大学を選らび,各大学から推薦された3人の鑑定人が事前に簡単な書面をだし,当日は裁判官の質問に答えていく,その質疑を記録した調書が証拠となる,というものです.
意見の根拠,エビデンスが示されることはほとんどなく,場の雰囲気でなんとなく鑑定人3人が同じ方向の意見に収斂されていく傾向があるように思います.

大西忠博先生からは,カンファレンスはチェアマンが重要で,何のための議論か文脈を明確にしないで質問されると意味がずれてしまう,という趣旨の発言がありました.鑑定人が,医学的に厳密な可能性を問題にして答えていることへの危惧を述べたものと思います.

山嵜先生からは,カンファレンス鑑定対策としては,①カンファレンス鑑定前後に,主張書面をだしておくこと,②鑑定医の選定がきわめて重要であること.等が述べられました.

会場からは,反対尋問が事実上時間的に無理なので,考え方を変えて,有利なところをふくらませるような質問をした方がよい,という発言もありました.
カンファレンス鑑定自体に疑問を呈する意見もあり,なぜカンファレンス鑑定を止めようと言わないのか,という厳しい発言もありました.

旧弊な医師の世界で,医療過誤訴訟に対する過敏な拒否反応,相互の庇い合い,遠慮があるのは残念ながら厳然たる事実です.裁判所鑑定には,制度的に公正さを担保する仕組みが組み込まれていることが不可欠です.現行のカンファレンス鑑定は,鑑定の公正さを担保する仕組みを欠いているように思います.また,裁判所がそのような鑑定に依存して明らかに不合理な判決を書いてしまうのは,実に困ったことです.


にほんブログ村の弁護士の部に参加しています.クリックお願いします.クリックは1日1回で,10ポイントつきます.7日間の合計で順位が決まります.更新の励みになりますので,よろしかったら押してください.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 医療事故・医療訴訟へ
にほんブログ村
by medical-law | 2010-11-10 17:20 | 医療事故・医療裁判

禁煙継続・断念に関する調査

b0206085_13485135.jpg

インターネットリサーチの株式会社マクロミルは,10月のタバコの値上げをきっかけに禁煙を始めた人に,11月1日時点の禁煙の状況について尋ねた調査結果(有効回答数500)を発表しました.

1本も吸わずに禁煙が続いている人は62%,何度か吸ってしまったが続いている人は18%,禁煙を諦めた人は20%,とのことです.

わずか1か月で20%もの人が禁煙を断念していることから,タバコの依存性(やめにくさ)が強固なことが改めて分かります.

男性では4 人に1 人が「禁煙を諦めた(24%)」と回答しており、女性(12%)よりも禁煙を断念した人が多く,また,40 代以上、喫煙歴は比較的長い人、1 日あたりの喫煙本数が多い人に禁煙断念者が多い,とのことです.

「現在のタバコに対する気持ちについて尋ねたところ、禁煙継続者では‘まだ名残惜しい気持ちもあるがとりあえずタバコをやめることができて良かった’という意見が多く見受けられました。一方、禁煙断念者では、‘健康に良くないことはわかっているが、やめられない’という意見が大半を占めました。」とのことです.

日本人の死因の上位4位は,ガン(30.4%),心疾患(16.0%).脳血管疾患(11.8%),肺炎(9.9%)ですが,これらは喫煙が関与しています.喫煙が死亡リスクであることは明らかですが,タバコにはニコチンという依存性薬物が含まれていますので,死亡リスクわかっていてもタバコ喫煙は止めにくいのです.

岡村光樹弁護士は,ニコチンガム,ニコチンパッチ,電子タバコなどがニコチンを含むことから薬事法の規制を受けるのであるから.それ以上に多量のニコチンを含むタバコも,(本来,薬事法以上の規制をすべきであるが)少なくとも薬事法の規制を受けるべきだ,と主張しています(朝日新聞2010年10月8日朝刊「私の視点」).

岡本光樹弁護士は,「薬事法に従って,タバコは厚労省の監督下におき,製造業者に添加物の種類,量などの詳細な報告義務を課したり,副作用(有害作用)について添付文書による消費者への情報開示を実施したり,対面販売を義務付けたりすべきだ.」と述べています.
同感です.


にほんブログ村の弁護士の部に参加しています.クリックお願いします.クリックは1日1回で,10ポイントつきます.7日間の合計で順位が決まります.更新の励みになりますので,よろしかったら押してください.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2010-11-09 12:20 | タバコ

古酒バー「酒茶論」

b0206085_13292432.jpg

先日,品川にある「酒茶論(しゅさろん)」という古酒バーに行ってきました.

そこでは,古酒の飲み比べセットや,平安時代・江戸時代の古酒を復元した古酒セット等があり,様々な種類の古酒を気軽に楽しむことができます.
もちろん,大きいグラスでお好きな古酒を楽しむこともできます.
おつまみはチーズや鴨の薫製等がよく合い,ワインのようだと思いました.

マスターに,家にある日本酒でも,新聞紙にくるみ紫外線を避けて保管すれば,古酒が作れると教えてもらいました.
常温保管だと早く熟成され,冷蔵庫保管だとゆっくりと熟成されていく(マスター曰く,「エレガントな熟成」)とのことなので,小瓶に分けて保存場所を変え,飲み比べるのも楽しそうです.

一番驚いたのが,「味醂」という古酒がメニューに載っていたことでした。
マスターによると,調味料としての味醂は歴史が浅く,昔は糖分を摂るための貴族の飲み物だったそうなのです.
一口いただいてみると,確かに香りは味醂でしたが,濃く甘い味がしました。
クリームを垂らして飲むと,コーヒーゼリーのような味わいで,日本酒にも様々な楽しみ方があるのだと非常に感心しました.

普段あまり日本酒は飲まないのですが,これを期に日本酒にチャレンジしていこうと思います.

事務局H
にほんブログ村の弁護士の部に参加しています.クリックお願いします.クリックは1日1回で,10ポイントつきます.7日間の合計で順位が決まります.更新の励みになりますので,よろしかったら押してください.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2010-11-08 13:30 | 趣味

「NPO・ボランティアグループで活動したい人のためのガイダンス」

b0206085_22574110.jpg

今日の午後,「東京ボランティア・市民活動センター」の「NPO・ボランティアグループで活動したい人のためのガイダンス」に,「患者の権利オンブズマン東京」の幹事長として,重村副幹事長と一緒に出席しました.

今回のガイダンス参加団体は,「患者の権利オンブズマン東京」のほか,タートル,地球市民交流会,響でした.

NPO法人タートル」は.視覚障害者が視力低下によって就労が難しくなりはじめたとき,同じ体験をした者が継続就労について親身になって相談を受けて支援する団体です.視覚障害者の目になり誘導するのは,いかにもボランティアらしい活動です.タートル(亀)は,首をすくめて首切りを避けるということで名付けたそうです.

地球市民交流会」は,通訳ボランティアの団体です.日本で生活している外国人(または日本語を母語としない日本人)の子ども,日本語を母語としないDV被害ならび性被害を受けた女性,その他必要と判断した者を支援するそうです.外資系金融機関などで働いている人,通訳ガイドの人などがボランティアをしているそうですが,たとえば日本語を話せない外国人が病気のことを医師に話そうとするときなど,このような支援があるととても助かるでしょう.

NPO法人響」は,明治神宮の中で,森づくり,稲作,外国人ガイドを行い,日本の自然や文化について学ぶ,という団体です.暑い寒いはあるでしょうが,東京の真ん中で,どんぐりを拾ったり,田圃を作ったりするのは.なかなかできない経験ですので,そういうことが好きな人には向いてそうです.

ここのような団体に混じって,「患者の権利オンブズマン東京」も,次のようにアピールしました.
● 患者の権利の促進と医療の改善を目的とする市民団体です.
● 市民相談員2名と弁護士1名の計3名で相談を行なっています.苦情を整理し,医師-患者のコミュニケーションを回復することで紛争解決ができないか,という視点から具体的なアドバイスをしています.
● 市民相談員として活動するために,研修が用意されています.相談は,水曜昼が多く,土曜にも時々行っています.
● オンブズマン会議が,年に1件程度,第三者として調査し,調査勧告書をだしています.裁判外紛争解決機関(ADR)でもあります.
● カルテ開示の実態,費用等を調査し発表しました.その結果,厚労省が診療情報開示指針を改め,合理的と認められる範囲内の額とすることが明記されました.活動に手応えが感じられます.

「東京ボランティア・市民活動センター」からは,自分にあったボランティア団体の選び方について,スピーチがありました.
1)活動分野で選ぶ,2)活動場所で選ぶ,3)活動時間で選ぶ,4)自分の特性を活かして選ぶ,という視点が述べられました.

こうしてみると,「患者の権利オンブズマン東京」のボランティアは,ちょっと難しいそうという感じをうけるのと,水曜の昼という活動時間が,すこしハードルになるのかもしれません.でも,専門家ではない普通の主婦が研修を受けて市民相談員として相談を担当していますので,水曜昼に時間をつくることができる普通の人には向いているボランティアです.

「患者の権利オンブズマン東京」のボランティアに興味をもった方がいましたら,きのした法律事務所電話03(5921)2766 にご連絡をください,


にほんブログ村の弁護士の部に参加しています.クリックお願いします.クリックは1日1回で,10ポイントつきます.7日間の合計で順位が決まります.更新の励みになりますので,よろしかったら押してください.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2010-11-06 22:59 | オンブズマン

『大阪地裁医事部の審理運営方針』

b0206085_1255061.jpg

大阪地裁第17,19,20部は,平成22年10月,「適正迅速な審理を実現し,医療者と患者の間の紛争を適切に解決するために,これまで蓄積してきたノウハウを『大阪地方裁判所医事部の審理運営方針』として発表することとした」とのことです.
すこし感想を述べます.

「提訴前に,診療経過に関する情報収集と協力医のバックアップを得て,十分な準備をする.」(1頁)

診療経過に関する情報収集と協力医のバックアップがあれば,多くは訴訟にすることなく解決できます.医師に説明を求め,医療機関に説明会実施を求めても,何れも拒否される場合があり.そのような対応をする被告だから訴訟になるわけです.訴訟事案の多くは「診療経過に関する情報収集」が被告に拒まれている事案,診療経過の説明がない事案です.

「可能であれば,協力医から意見書を取得する.意見書取得に至らなくても,提出後の意見書作成及び証人としての出廷の内諾を得ておくことが望ましい.」(3頁)
「協力医の意見書は,当該事案についての具体的な医師の判断の適否を証明するために重要な書証となりうる.」(13頁)
「意見書は遅くとも争点整理手続終結までに提出する」(13頁)


医学知見は本来医学文献で立証すべきもので,或る医師の意見で立証するというものではない筈です.具体的事案へのあてはめも意見書なしで可能な筈です.医師の意見書が必要なのは本来きわめて例外的な場合です.
たしかに意見書が必要な事件もありますが,以前は裁判所鑑定でした.ところが,裁判所鑑定は時間がかかり,出てきた意見書にも問題があることが少なくありませんでした.そのため,患者側代理人は.努力して.科学的根拠に基づく論理的で公正な私的意見書をだすようになりました.そうすると,裁判所は,他の事件でも私的意見書を期待するようになりました.
そして,この「審理運営方針」では原則として協力医師の意見書,さらに協力医師の証人尋問が予定されるという事態になっています.

患者側は協力医に相談していますが,訴訟前の段階で意見書をお願いするのは困難です.
第1には,医療側から説明が拒まれていますので,診療記録から明らかな事実だけしかわかりませんので,暫定的な意見にとどまります.
第2に,裁判所からの依頼なら意見書を書きますが,患者側の依頼で意見書を書くのは勘弁してほしい,と躊躇する医師も少なくありません.
第3に,私的意見書を提出しても,裁判所鑑定になる場合もあり,患者側の負担が過大になります.

なお,大阪弁護士会の石川寛俊先生からは私的意見書を提出するのは裁判所鑑定がおかしなときだけ,と(食事の席ですが)聞いています.

第二東京弁護士会法律相談センターの「医療過誤法律相談ガイドブック2003年」204~205頁にも次のとおり,記載されています.

「原告側としては,訴訟提起前に協力医等から私的鑑定(意見)書を得て,提訴の可否を検討することが望ましいが,適切な協力医を見つけることができるかどうか,依頼者に費用の負担能力があるか等の問題もあるので,私的鑑定(意見)書については,作成することが可能かどうか,どの時点で作成すべきかなどの点を十分に検討・考慮する必要がある。
また,作成・提出時期についても,争点整理の段階で積極的に提出すれば,充実した争点整理が可能とはなるが,前提たる事実関係が確定していなかったり,争点が追加されるなどした場合には,提出した私的鑑定(意見)書が適切で効果的なものとならない場合もある。したがって,私的鑑定(意見)書が作成されるとしても,証人喚問等の立証がある程度なされた段階で,あるいは裁判上の鑑定書に対する反論として作成・提出されることが多い。」

「証人尋問等終了後,特に鑑定終了後に新たな過失,因果関係等の主張をするのは,相当ではなく,これらは場合により時期に後れた攻撃防御方法として却下することがある.」(21頁)

もともと密室の中の事実は,患者には明らかにされていません.
訴訟前に説明会を拒んだ被告は,答弁書,準備書面,医師の陳述書に最小限の事実しか記載しません.
被告は.原告の主張,立証をみて.医師尋問で切り札の事実をだすことができます.医師尋問で,患者側にとっては意外な事実がでてきます.予想していなかった証言に対し.反対尋問が奏功しないこともあります.
その結果,患者側は,医師尋問で認定される事実をもとに,過失,因果関係の主張を組み立て直すことになります.
前提事実が異なりますから,新たな意見書が必要となる場合もあります.
このような経過は,医療訴訟では,普通にあることです.
弁論準備手続きの前に提出できなかった合理的な理由があります.それを却下するのは民訴法違反にあたるでしょう.

創設当初の医療集中部と最近の医療集中部とでは,審理運営の姿勢にだいぶ違いがあるように思います.近年の審理運営は,患者側に対し不合理な負担を求めている感があります.『大阪地方裁判所医事部の審理運営方針』は,その傾向がいっそう顕著と思いました.


にほんブログ村の弁護士の部に参加しています.クリックお願いします.クリックは1日1回で,10ポイントつきます.7日間の合計で順位が決まります.更新の励みになりますので,よろしかったら押してください.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 医療事故・医療訴訟へ
にほんブログ村
by medical-law | 2010-11-06 12:06 | 医療事故・医療裁判

『ウフィツィ美術館 自画像コレクション』

b0206085_14402429.jpg

損保ジャパン東郷青児美術館で行われている『ウフィツィ美術館 自画像コレクション』展のチケットを事務所の先輩にいただきました.

ウフィツィ美術館はイタリアのフィレンチェにあるルネサンス期の作品を中心とした美術館。メディチ家のコレクションを収蔵しています.
日本での大規模な展示が珍しい美術館でもあり,自画像コレクションは現地でも一般公開はされておらず,もちろん日本初公開ですので,とても楽しみです.
展示作品は,レンブラント,アングル,ドニ,シャガール,キリコといった内容です.

『ウフィツィ美術館 自画像コレクション』展は,11月14日(日)まで,月曜日休館です.午前10時~午後6時(金曜日は午後8時)です.

展覧会が行われている,新宿の損保ジャパン東郷青児美術館は,洋画家の東郷青児さんによって寄贈された作品を収蔵したことからはじまったことから,その名前が付けられたそうです.
東郷青児さんは,油彩でデフォルメされた独特の幽玄な女性像を描く昭和期の作家で,常設展では,東郷青児さんの作品も見られます.

余談ですが,京都には,木屋町どおり沿いに,“ソワレ”という名の喫茶店があり,こちらも東郷青児さんの絵やコースターで有名です。珍しい無音の喫茶店で,店内はブルーの照明に,木彫を施されたシックな調度が美しく,メニューもゼリーポンチやソーダ水など,とてもカラフルで幻想的です。コーヒーカップなどもとても凝っていて,京都観光の際にはお勧めのお店です.

事務局Ⅰ
にほんブログ村の弁護士の部に参加しています.クリックお願いします.クリックは1日1回で,10ポイントつきます.7日間の合計で順位が決まります.更新の励みになりますので,よろしかったら押してください.

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
by medical-law | 2010-11-05 14:40 | 趣味